L3emnuatkj9zysnfdcg7

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

開いた毛穴やクレーターを改善したい!セルフでできる治療法

2018.10.10

ニキビがなかなか治らずに凸凹したクレーターが出来てしまった。最近、毛穴の開きが気になる。そんなお悩みございませんか?今回は、クレーターの種類、開いた毛穴、クレーターの原因、セルフケアでの治し方、おすすめの化粧品についてご紹介します!

目次

  1. クレーターとは?
  2. 開いた毛穴、クレーターの種類
  3. 開いた毛穴とクレーターの原因
  4. 開いた毛穴とクレーターのセルフケアでの治し方
  5. 開いた毛穴とクレーターのセルフケアでの治し方
  6. 開いた毛穴とクレーターのセルフケアでの治し方
  7. 開いた毛穴とクレーターのセルフケアでの治し方
  8. 開いた毛穴とクレーターにおすすめの化粧品
  9. 開いた毛穴とクレーターにおすすめの化粧品【プチプラ】
  10. まとめ
M8i8quw1h2up8ivaqw2m

お肌にできた凹凸の跡のことをクレーターといいます。クレーターはニキビ跡が真皮層や皮下組織にまで達してしまい、治らないことが原因でできることが一般的とされています。

Uhhvikco2zjw3w2z5sxm
Ctxcfpnlm9qslqjdcp4h

開いた毛穴、クレーターには3種類あります。それぞれの違いについて説明します。

アイスピックタイプ

アイスピックタイプとは、アイスピックで刺したように真皮まで深くあいたクレーターのことをいいます。幅は2㎜以下で真皮まで深く傷ついてしまっていることが多いです。見た目が毛穴と似ている為、毛穴と勘違いしている人もいます。

ローリングタイプ

ローリングタイプは、クレーターの幅が4〜5㎜の幅でへこんでいて、へこんでいる面積が広いのが特徴としてあります。丸く緩やかにへこんでいるため、目立ちにくいです。

ボックスカータイプ

ボックスカータイプは、クレーターの代表的な形で、クレーターの幅が4〜5㎜で四角くへこんでいるのが特徴です。

クレーターができる原因として、ニキビ跡、乾燥、毛穴の開きが原因と言われています。

ニキビ跡

ニキビがなかなか治らずに炎症が真皮層まで達してしまい、皮膚の組織が壊れてしまった場合にできます。

乾燥

お肌の古い角質が肌表面に溜まり、肌のターンオーバーが遅れてしまったことによりできます。

毛穴の開き

皮脂の分泌量が多く、そのことによって毛穴が開いた状態となります。遺伝により皮脂線が大きい場合と皮脂量が増えるような食生活、不規則な生活環境などが影響してクレーター肌になる場合があります。

クレーターができてしまったら、簡単に直すことは難しいです。ただ、比較的浅いクレーターの場合、数週間で治る場合もありますので、セルフケアを毎日続けましょう。専門のクリニックで治療を行う場合にも、合わせてセルフケアを毎日続けることでクレーター肌の改善に繋がっていきます。セルフケアでは、保湿することを徹底していきましょう。クレーター肌にとって乾燥は大敵です。お肌を保湿して肌のターンオーバーを正常化していきましょう。

洗顔、クレンジング

Svfpwcudwgqsalgestkk

洗顔により肌の汚れを落としましょう。お肌をなるべく乾燥させないようにヒアルロン酸やコラーゲン等の保湿成分が入っている洗顔料、クレンジング料を使いましょう。洗顔料やクレンジング料に配合してある保湿成分が肌の角質層や真皮層に直接浸透することは難しいですが、肌の乾燥を防ぐのに効果的です。

1 / 5