2018年02月22日 UPDATE

マットリップって使い方が難しい…初心者さん向け!使い方のポイント

マットリップはメイクに取り入れるだけで、旬顔になれる素敵なアイテムです。この記事ではマットリップの基本的な使い方、おすすめのマットリップ、マットリップを使うときのポイントをご紹介します。マットリップは何だか使いづらいと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. マットリップとは
  2. マットリップの使い方【リキッド編】
  3. マットリップの使い方【スティック編】
  4. マットリップを使うときのポイント①乾燥対策をする
  5. マットリップを使うときのポイント②下地を塗る
  6. マットリップを使うときのポイント③ティッシュオフする
  7. マットリップを使うときのポイント④パウダーを使う
  8. マットリップを使うときのポイント⑤もとの唇の色を消す
  9. マットリップを使うときのポイント⑥全体のバランスを考える
  10. まとめ

マットリップとは

Q3ti8efnbr9qufle3l9n
「マットリップ」は使うだけで旬顔になれる素敵なアイテムです。発色が良いため顔全体が明るく見え、大人っぽくかっこいい顔つきに仕上がります。しかし、マットリップは他のリップと比べてツヤが少ないため、使いづらいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では基本的なマットリップの使い方とおすすめのマットリップ、使うときのポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

マットリップの使い方【リキッド編】

Bxsgqxtd0oe52gop55ud
マットリップにはリキッドタイプとスティックタイプの2種類があります。リキッドタイプは唇の輪郭がとりやすいため、唇の存在感が増し、色気のある顔つきに仕上げることができます。大人っぽいメイクをしたい方におすすめです。
Hsylzkxmglekwdy0akyo
リキッドタイプのマットリップの使い方をご紹介します。まず、コンシーラーなどで、もとの唇の色を消します。次に、もとの下唇の輪郭より少しはみ出しながら下唇の輪郭を描き、内側を塗りつぶします。上唇はもとの輪郭に沿って描き、内側を塗りつぶします。上唇の山をしっかり描くと、より色気のある顔つきに仕上がります。軽くティッシュオフしてから、全体をムラがないように塗って完成です。

レブロン ウルトラ HD マット リップカラー

マットな質感に仕上げることができるリキッドルージュです。発色が良いため、顔全体の印象を明るくすることができます。ビロードのようなチップで、ムラなくきれいに塗れることもポイントです。

M・A・C レトロマット リップカラー

一度塗るだけで、スウェードな仕上がりになるリップカラーです。唇によくフィットし、鮮やかに発色します。マットな質感ながらも、しっとりとした伸びで塗り心地が良いです。保湿成分にアボカドオイルが配合してあり、乾燥から唇を守ってくれます。

バーバリー リキッド リップベルベット

マットな質感に仕上がるリキッドタイプのリップです。なめらかさがあり、しっかりとリップが唇に密着します。空気のようなつけ心地で、一度塗るだけで美しく発色し、マットな質感が8時間持続します。コットンシードオイル成分により、唇に潤いを与え、乾燥を防ぎます。

マットリップの使い方【スティック編】

Kup1rsuygrtdmui6dwwl
スティックタイプを直接塗る場合は、はっきりとした輪郭を描かないため、リキッドタイプより柔らかい印象に仕上げることができます。一度に塗れる幅が大きいため、短時間でさっと塗れるのも嬉しいですね。唇の存在感を控え目にして、バランスのよいメイクをしたい方におすすめです。
Hcmeedimbdmb5upcbe8a
スティックタイプのマットリップは特に決まった塗り方がないため、いつもの塗り方で大丈夫です。塗りにくい、ムラになりやすいと感じる方は、指にリップをとってぽんぽんと叩くように塗る方法がおすすめです。リップがはみ出すことなく、ムラにもなりにくいので簡単にきれいに塗ることができます。色づきやマットさも控え目なので、唇の存在感が強くなるのを避けたい方にもおすすめです。

NARS オーデイシャスリップスティック

発色が良く、程よくマットさのある唇に仕上げることができます。超微粒の保湿成分が含まれているため、ぷっくりとした潤いのある印象の唇になります。ボリューム感、みずみずしさ、なめらかさをこれ1本で手に入れることができる魅力的なアイテムです。

メイベリン カラーセンセーショナル リップスティック C

軽いつけ心地で、するすると塗ることができるマットリップです。ジェルタイプのベースの中に、マットパウダーをバランスよく配合しています。発色の良いピグメントを配合することで、一度塗るだけできれいに発色し、美しい唇を長時間持続することができます。

エチュードハウス ディア マイブルーミング リップトーク

リップの色そのままの発色が出る、マットな質感のリップです。カラーバリエーションが豊富で、自分の好みの色を見つけることができます。保湿成分に、キイチゴエキス、ザクロエキスを配合することで、しっとりとした潤いを持続させます。

マットリップを使うときのポイント①乾燥対策をする

Uksaaqexwgny8infottq
マットリップにはツヤがないので、他のリップと比べて唇のかさつきが目立ちやすいです。リップクリームやバームなどで、唇をよく保湿してからマットリップを使うと、唇の乾燥を抑えることができます。注意点として、保湿をしてからすぐにマットリップを塗るのは控えましょう。すぐに塗ってしまうと、保湿によるツヤでマットな質感を出すことができません。リップクリームやバームが唇に馴染むのを待つか、ティッシュオフすることをおすすめします。

マットリップを使うときのポイント②下地を塗る

Rpomozk563cnnm3zc6i0
唇にベースの下地リップを塗ると、発色が良くなったり、リップが馴染みやすくなります。保湿効果もあり、何も塗っていないときと比べて、とてもきれいに仕上がります。リップクリームでも保湿をすることはできますが、唇専用の下地の方が発色やノリも良くなるのでおすすめです。

マットリップを使うときのポイント③ティッシュオフする

Qdbvei3gfadhwabfkqma
マットリップを塗った後は、ティッシュオフするように心がけましょう。ティッシュオフすることで、余分なリップを取ることができます。また、ティッシュで唇をおさえることによって、リップが定着し、よりマットな唇に仕上げることができます。

マットリップを使うときのポイント④パウダーを使う

Rmgjuztvullklzivfxfx
ティッシュオフが終わった後にパウダーをのせると、リップの油分が吸収されて、さらに色が定着します。使用するパウダーは、ベビーパウダーやルースパウダー、パウダーファンデーションなどです。よりマットさが欲しいときに、試してみてください。

マットリップを使うときのポイント⑤もとの唇の色を消す

Iwpe7ibgfj3n9dbjppkt
こちらは好みによりますが、もとの唇の色を消してからマットリップを塗ることで、より発色が良くなります。唇の輪郭を自分の好きなように描くこともできるので、外国人のようなぷっくりとした唇にすることも可能です。唇の色を消してから赤やピンクなどの濃い色を使うと、よりマットさが引き立ち、魅力的な唇になります。

マットリップを使うときのポイント⑥全体のバランスを考える

Ostaa8v2mmk0abtnffzm
リップにマットな質感を取り入れたとき、ファンデーションやアイシャドウの質感をどうしようと悩む方も多いのではないでしょうか。リップがマットだからといって、他のメイクにもマットさを取り入れる必要はありません。自分の好きなようにメイクをしましょう。全体のバランスを見ながら、シーンやイメージに合わせて他のメイクの質感を選ぶと、バランスのよいメイクに仕上がります。

まとめ

Tjyttbdwqewfsaxlhrqn
マットリップを使用すると大人っぽい魅力的な唇を手に入れることができます。ツヤがないため、自然で洗練されたような印象の顔つきになり、オフィスメイクにもおすすめです。
Mt2y4vgvchczqo9hvxez
マットリップは、リキッドタイプとスティックタイプで基本の塗り方違うので、メイクのイメージや塗りやすさで自分好みのマットリップを見つけてみてください。初めてマットリップを使用する方は、スティックタイプを指でとり、唇にぽんぽんと叩くように塗る方法がおすすめです。
Mrr8fo45hdorafdbtknq
また、マットリップをきれいに仕上げるには、唇用の下地などを塗って乾燥から唇を守ったり、ティッシュオフなどで色を定着させることが大事です。塗る前の準備と、塗った後のケアを行うことで、より魅力的な唇に仕上げることができるので、ぜひ試してみてください。