Qk0skzxtzkjw1hptmfjo

美容

CATEGORY | 美容

甘酒の美容効果がすごい!美肌のための飲み方&アレンジレシビ

2018.03.12

飲む点滴と言われる甘酒は、日本の飲むヨーグルトとして海外の女性の注目とされ、アンチエイジング効果のある栄養分が、含まれ米麹の甘酒は、美を追求する人たちに人気を集めています。甘酒の美容効果について詳しく見てみたいと思います。

目次

  1. 甘酒について
  2. 甘酒の歴史
  3. 甘酒で美肌になる理由
  4. 甘酒の美肌・美容効果
  5. 甘酒と美肌について
  6. 甘酒は美容に良い?
  7. 甘酒の栄養成分の美容効果
  8. 甘酒の美肌のための飲み方
  9. 甘酒の美容のためのアレンジレシピ
  10. まとめ

甘酒には二種類の製法があります。お米を発酵させ麹菌によりつくられる「米麹」と、酒粕を原料に作る甘酒の酒麹」があります。酒粕を原料に作る甘酒は砂糖が大量に加えられ販売されています。ですから、ダイエットを狙うのであれば、米麹の甘酒を飲むことが大切です。お米を発酵させるので、美肌はもちろん数え切れない健康効果と美容効果があります。

酒麹はお米と水を発酵させできたのが醪(もろみ)と言い、醪を絞って作ったのが原酒で、その搾り粕が酒粕です。この酒粕には、清酒酵母と言う睡眠の質を高める効果の得られる酵母が含まれていたり、米麹にはない栄養成分も含まれたり、しているので近年見直されてきています。

Img1b7e04f4c8035865b36e7
引用: http://www.ku-gai.com/uploads/img1b7e04f4c8035865b36e7.jpg

甘酒は古来奈良時代の日本書紀に醸造されていて、万葉集にも詠まれ平安時代には6月から7月に醴(あまざけ)を造っていて、江戸時代には夏場の栄養補給として庶民の夏バテを防ぐために飲なれています。それらは俳句の季語となっています。

甘酒は日本古来の甘味料で、神事のお供え物として作られ、コメ農家のお正月に前年までのコメの収穫を感謝し、年の初めその一年の豊作を祈って甘酒を造り神様にお供えしている風習がありました。

甘酒は古く奈良時代から今日に続いて飲まれていますが、近年では「飲む点滴」「ジャパニーズ・ヨーグルト」と言われ美容や健康に機能性が見直され、商品も数々の種類が出てきています。

Yhaizk8gsefgquzw0ei1

麹菌だけが持つ酵素のプロテアーゼは、たんぱく質がアミノ酸を分解し、アミラーゼはデンプンをブドウ糖に分解します。甘酒の三大消化酵素を取り入れて、体内の代謝酵素が増えるため新陳代謝が活発になり、美しい美肌効果が期待できます。

甘酒に含まれるオリゴ糖は腸内環境を整えてくれる、腸の中の善玉菌の餌となる栄養素です。腸内環境が整って快弁効果に繋がり、活性酸素の発生が腸で押さえられると、アンチエイジングや美容効果にも役立つ可能性があります。

甘酒の美肌効果

Dc1ofesc2da6nochemxg

甘酒には麹酸が成分にありますが、この、麹酸は美白効果があって美白化粧品などにも配合されています。糖を発酵させると麹酸が作られ、甘酒の麹には麹酸が豊富に含まれています。杜氏(トウジ)の手が白いのを見たことがある方も、おられるのではないでしょうか?杜氏の手が白くなることから、美白効果があると言われているのです。

ビタミンB2には潤いを保つ効果があり、フェルラ酸やビタミンB2が肌の新陳代謝を活発にすることで、肌がいつも甦っているので美肌が保たれるのです。

1 / 4