Rhsbpoubizgzk3t5hjq3

暮らし

CATEGORY | 暮らし

【オーガニック洗剤のすすめ】毎日使うものこそ肌に優しく!オススメまとめ

2018.10.15

オーガニック洗剤で身の回りの物を綺麗に。毎日使うものだから自分自身にも環境にも優しいものを使っていきたい。そんな人にオススメするオーガニック洗剤の基本的なことから「オーガニック石鹸とは」という注目してほしいお話をあわせてご紹介。

目次

  1. オーガニックとは
  2. オーガニック石鹸とは
  3. オーガニック洗剤とは
  4. オススメ!オーガニック洗剤その1:sonett<ソネット>
  5. オススメ!オーガニック洗剤その2:folia<フォーリア>
  6. オススメ!オーガニック洗剤その3:ジョンマスターオーガニック「アルモニベルツ」
  7. オススメ!オーガニック洗剤その4:Sodasan<ソーダサン>
  8. オススメ!オーガニック洗剤その5:Green Shield Organic <グリーンシールドオーガニック>
  9. オーガニック素材のものはオーガニック洗剤で洗いましょう!
  10. まとめ
C4fyorstp87fe1gdfvty

オーガニックとは化学肥料や農薬を使わない有機栽培によって作られたものをいいます。つまり、オーガニックの特徴としてこれらがあげられます。

環境に配慮されつくられた未来のことを考えた商品

化学肥料などで育てられていないから安心

化学肥料などからの刺激を回避できるぶん、敏感肌の人に優しいですね(逆に天然成分が刺激となることも多いので注意)。オーガニック商品が作られるさい、その商品に合った天然成分が配合されるわけですが、オーガニックの特徴を総じてみるとこういえるでしょう。

Jmooltie90azvpwjynpj

環境に人に配慮したものがオーガニック商品

毎日使うものだからこそ、自分自身や大切な人は勿論、環境のことを考えて使っていきたい。そんな人にぴったりなのがオーガニック商品です。しかしながら現在日本ではオーガニックとは名前だけの商品が沢山あります。本来オーガニックとはオーガニック認証機関を通らなければ「オーガニック」と名乗れません。認証機関とは厳しい規定や検査がある消費者を守る機関です。少し見てみましょう。

コスモス認証

ヨーロッパではオーガニックの規格が統一されてコスモス認証というものが出来ました。こちらは商品の長期保存のため石油系の合成成分を一部許可していますが、その種類や量も規定されていますし、なによりオーガニックと名乗れるための基準がとても細かいんです。数あるオーガニック商品から本物を探すさい、とてもいい目安になりますよ。

Bvbysqjugygvvc0py3at

オーガニック商品の中から洗浄に注目した商品を探してみると、石鹸と洗剤がでてきます。オーガニック石鹸とは?オーガニック洗剤とは?1つずつお話していきますね。

Si72grewxuyjuqr27apm

オーガニック石鹸とは有機栽培された植物を用いて作られた石鹸のことです。肌の汚れをおとすものですが、肌に直接使用することもあって植物性のオイルが配合が多く配合されています。洗濯物の汚れを落とすのにも使えますが、石鹸がついたまま洗濯機を使い続けると石鹸カスが洗濯機に溜まっていく懸念があります。アルカリ性で洗浄成分は強いですが、どちらかというと肌の汚れをおとすのをオススメ。

V3mxfurqnnupcj1u3cmj

オーガニック洗剤とは化学肥料や農薬を含まない自然素材の洗剤です。衣類や食器など掃除によく使われる洗剤は使用後の排水が気になるところ。オーガニック洗剤は使うときの効果だけでなく、その後の環境にも配慮されているので排水に有害な成分が残らないように工夫がされています。石鹸カスも残りにくいものが多いです。

1 / 2