Um6c3yhzxg92tynrtrl0

目元

CATEGORY | 目元

花粉に効く目薬はどれ?おすすめの商品&正しい選び方をご紹介!

2018.05.14

花粉症の辛い季節、コンタクトや目のかゆみや充血に悩まされる方は多いのでは? 市販である、おすすめの花粉対策目薬やコンタクト用のおすすめ商品を紹介! 今回は、花粉症のおすすめ目薬の種類や選び方について解説します。ランキングに惑わされたらいけませんよ。

目次

  1. 処方箋と市販薬の比較 ~花粉に効く目薬~
  2. 処方薬の特徴   ~花粉に効く目薬~
  3. 市販薬の特徴 ~花粉に効く目薬~
  4. 花粉症の目薬の種類 ~花粉に効く目薬~
  5. 花粉症に効く目薬の選び方 ~花粉に効く目薬~
  6. 花粉症に効く市販の目薬 ~花粉に効く目薬~
  7. ロート製薬 / ロート アルガード クールEX(医薬品)  ~花粉に効く目薬~
  8. ロート アルガード コンタクトa ~花粉に効く目薬~
  9. ロートアルガードクリアブロックEXa ~花粉に効く目薬~
  10. ザジテンAL点眼薬 ~花粉に効く目薬~
  11. まとめ
Cf2ribdhmswskdf6hiqs
引用: http://kakadora.com/sihantosyohouyaku-chigai/

目の症状に使用する目薬は、病院にて処方箋をもらう方法と、市販で購入する方法があります。
処方薬と市販薬では、種類の異なるものがあります。同じ成分が使用・配合されている目薬もありますので、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握して選択することが大事になります。

Lcjz2ricc5ogiqz6lnah
Kzfcjapy7xypdfdehklf
引用: https://medistor.net/hay-fever-ophthalmic-solution/

処方薬のメリットは、医師が症状に合った目薬を処方してくれるため、安心感が高いことにあります。
処方薬のみで用いられている成分の目薬もあります。よって、選択肢が広がるのも特徴です。
健康保険の適用により、価格も抑えること可能で、処方箋には防腐剤が含まれておりません。
市販薬のほとんどの点眼薬には防腐剤が含まれており、防腐剤は、お薬の菌の繁殖をおさえるために配合されています。しかし、花粉症の場合長期間使用するケースの多さから、眼にはよくないと言われています。
その点、処方薬では防腐剤が含まれていない目薬も多い反面、処方薬のデメリットとして、やはり通院が必要な点にあります。

A0fx94j5blgxjtuzxolz
Nivz638gcfr6lx80skm8
引用: https://karakuchi-info.net/life/medical/polmedrank/

市販薬のメリットとして、やはり通院は不要という点にあります。
ドラッグストアや通販での購入の場合、いつでも簡単に入手が可能なので、薬がきれてしまう心配は軽減されます。市販薬のデメリットとしては、防腐剤なしの目薬は手に入らないこと、薬の特徴を把握してから、症状に合った目薬を選ぶ必要があることです。目薬の成分自体が眼に合ってないようなケースは、かゆみの症状が強くなり、まぶたが腫れたりなどの症状が発生する場合もあります。また、値段も高くなりますが、今はセルフメディケーション税制という制度も適用可能ですので、時間がどうしても取れないような場合、薬の特徴をきちんと把握し、市販の薬を使用する方法を選びましょう。目の症状の悪化が長期間続くような場合は、やはり病院にて処方してもらう方法をおすすめします。ランキングで目薬を選ばないことが大切です。

P3f6wyst6kefytynpoo8
Vveemuxdkp9ebwv8wvqk
引用: https://medistor.net/hay-fever-ophthalmic-solution/

花粉症の症状をおさえる目薬の種類には主に3種類の、「抗ヒスタミン薬」「抗アレルギー薬」「ステロイド薬」があります。「ステロイド薬」は症状が重い場合、病院で処方されるもので、市販での販売はされておりません。花粉症は体内に侵入した花粉などのアレルギー物質が原因となり、ヒスタミンという化学物質が脳から分泌され、かゆみや赤みなど花粉症の症状を引き起こすとされています。
すばやい効果が特徴の抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑制し、発症したアレルギー症状を抑える働きがあります。即効性の効果が期待できますが、効果はあまり長く持続しないのが特徴です。
かゆみや充血の予防としての抗アレルギー薬は、ヒスタミンが体内に放出されるのを予防します。症状の予防として花粉症の時期の前の時期から使用することをおすすめされます。
すでに出ている症状にも即効性はあります。しかし、花粉飛散開始1~2週間前、または飛散初期の症状の軽い時期からの点眼がおすすめです。アトピー性皮膚炎や気管支喘息を持っている小児・幼児は、使用後の症状の変化に気を配り注意しましょう。ランキングで目薬を選ばないようにしましょう。

1 / 3