2018年04月18日 UPDATE

売れてるベースメイク♡おすすめのファンデーション・下地を紹介!

ファンデーションや下地は正しく選べていますか?肌をより綺麗に仕上げる為には、肌質に合った物を使う事が大切です。さらにマット肌やツヤ肌等理想の仕上がりになるファンデーションや下地を選ぶ事も重要ですよね。今回はタイプ別に人気のベースメイクアイテムをご紹介します。

目次

  1. ファンデーション下地とは
  2. 売れてるおすすめ下地①ポール&ジョーボーテ【ツヤ肌】
  3. 売れてるおすすめ下地②SKⅡ【ツヤ肌】
  4. 売れてるおすすめ下地③オルビス【マット肌】
  5. 売れてるおすすめ下地④イヴ・サンローラン・ボーテ【ツヤ肌&マット肌】
  6. ファンデーションの種類
  7. 売れてるおすすめファンデーション①エスティローダ【マット肌】
  8. 売れてるおすすめファンデーション②シャネル【ツヤ肌】
  9. 売れてるおすすめファンデーション③ナーズ【ツヤ肌】
  10. 下地の使い方は?正しいベースメイクの順番
  11. 下地やファンデーションにこだわって理想の肌を叶えましょう

ファンデーション下地とは

今や一言で下地と言ってもBBクリームやCCクリーム等のオールインワンタイプから、下地も備えたファンデーション等種類も様々です。自分の肌との相性はもちろん、使用するファンデーションとの相性も重要で、意外とこだわって下地を選ぼうと思うとなかなかお気に入りの物が見つからないと言う方も多いのではないでしょうか?そんなベースメイクメイクの鍵を握る下地ですが、そもそもファンデーション下地とはどのような物なのでしょうか?
化粧下地とは一般的にファンデーションの前に使用する物で、使用する事でファンデーションやアイシャドウ、チークと言ったその他のアイテムを綺麗に付けることができ、保ちも良くなります。また、毛穴やシミ、そばかす等の肌の悩みを隠す効果もあります。
さらに、美容成分が含まれて肌に負担の少ない物も多いので、最初に肌に塗る事でその他のメイクアイテムが直接肌に触れる事を防いで化粧品から守る働きもしてくれます。

売れてるおすすめ下地①ポール&ジョーボーテ【ツヤ肌】

Tlnc0nyqnfmi6fwzegm4
引用: https://fortune-girl.com/makecosme/articles/u5mK9
こちらはポール&ジョーボーテのモイスチュアライジングファンデーションプライマーS。トリートメント効果のある美容成分配合でみずみずしく透明感のある肌へ仕上げます。計8種類の天然植物成分とヒアルロン酸で肌の隅々までしっかりと潤してくれるので乾燥が気になる方にもおすすめです。保湿力が高いので少量のファンデーションでもピターッと馴染みナチュラルで自然なツヤ肌にしてくれます。

売れてるおすすめ下地②SKⅡ【ツヤ肌】

Xnxvy3akwkbwxvnqvfuv
引用: https://www.sk-ii.jp/ja/product-detail.aspx?name=atmosphere-cc-cream
こちらはSKⅡのアトモスフィアCCクリームです。潤いで肌のキメを整え、その状態にトリートメントをするような働きをしてくれるので使う度にスキンケアが出来てしまう優秀な下地です。さらにCCクリームタイプの下地なので日焼け止め効果や肌色補正効果も備わっています。
歳を重ねるに連れてくすみがちになってくる肌トーンも微細な2種類のパールによって透明感のあるツヤ肌へと仕上げて一回り若く見せてくれます。

売れてるおすすめ下地③オルビス【マット肌】

Ihmeoggnoas4myrwyrrx
マットな質感の肌がお好きな方におすすめなのは、オルビスのスムースマットベースです。クリーム状の下地ですが肌になじませるとサラサラのパウダーに変化しなめらかなマット肌を演出します。無香料無鉱物油、アルコールフリー、界面活性剤不使用ち肌に優しい処方なので肌のデリケートな方でも安心して使用できます。

売れてるおすすめ下地④イヴ・サンローラン・ボーテ【ツヤ肌&マット肌】

Ybdfn19bjpalcs8rwxks
イヴ・サンローランのラディアントタッチブラープライマーはマットな質感なのにツヤも演出してくれる欲張りな優れものです。ジェルテクスチャーでベタつきなく伸びて軽いつけ心地ですが、カバー力もしっかりとあり毛穴レスで綺麗なマット肌へ仕上げます。

ファンデーションの種類

ファンデーションは、クリームファンデーション、パウダーファンデーション、クッションファンデーション、リキッドファンデーションと主に4つの種類があります。それぞれの特徴抑え自分に合ったファンデーションを選びましょう。

パウダーファンデーション

最もメジャーな粉状のパウダーファンデーションはマットな質感に仕上がるのが特徴で、混合肌や脂性肌の方におすすめです。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは水分が多くうるおいがあり、保湿力に優れています。また肌への密着力も高く伸びも良いのでカバー力があり、乾燥による化粧崩れが気になる方等におすすめです。仕上がりはツヤ感のある自然な肌になりますがルースパウダー等を使う事でマットな質感も出すことが出来ます。

クリームファンデーション

クリームファンデーションはリキッドファンデーションよりも水分量が少なく硬めのテクスチャーのファンデーションです。テクスチャーが硬く、肌への密着度が増し、カバー力が強い為シミやそばかす等お肌の悩みをしっかりと隠したい方や一日中化粧直しをしない方におすすめです。

クッションファンデーション

クッションファンデーションはスポンジにファンデーションを染み込ませてあるファンデーションで、パウダーファンデーションの手軽さとリキッドファンデーションの特徴を持ち合わせた新しいファンデーションです。乾燥肌や混合肌の方におすすめです。

売れてるおすすめファンデーション①エスティローダ【マット肌】

Jg5hxepxjilqhh3q1wr2
引用: https://www.luxplus.se/produkt/estee-lauder-double-wear-foundation-2c4-ivory-rose-30-ml
こちらはエスティローダのダブルウェアステイインプレイスメークアップです。肌にピタッとフィットしてセミマットな質感の肌に仕上げるリキッドタイプのファンデーションで多くの口コミサイトでも常に上位ランクインしている人気のアイテムです。汗をかいても落ちにくいと評判で紫外線カット効果もあるので汗ばむ季節にもぴったりです。

売れてるおすすめファンデーション②シャネル【ツヤ肌】

Qcktxbszn3bqij7fkqyd
引用: https://www.wxwenku.com/d/101007124
シャネルのルブランコンパクトラディアンスはパウダーファンデーションなのにツヤのある仕上がりで人気です。ツヤ感の出るパウダーファンデーションは少ないので、ツヤ肌派の方でも化粧直し用に手軽に持ち歩けるのは便利です。気候の変化による肌への不快感を解消していつでもパーフェクトな状態へと整えます。SPF25、PA + + +と紫外線もバッチリカットしてくれます。

売れてるおすすめファンデーション③ナーズ【ツヤ肌】

Mkjn7cjdlh2vpfegkelg
引用: http://www.narscosmetics.jp/aquatic-glow-cushion-compact-refill-spf23-refill-6800/0607845068006.html
クッションファンデーションで人気の高いアイテムは、ナーズのアクアティックグロークッションコンパクトです。みずみずしいつけ心地とクッションの効果で重さを伴わない保湿感を与え自然なツヤ肌へと仕上げます。ナーズ独自のトリプルフォースプロテクションコンプレックスとSPF23、PA + +で空気中のチリやほこり等の微粒子から紫外線まであらゆるダメージから肌を守ります。
日本人の肌にもなじみの良いアジア限定色等計8色のカラーバリエーションでどんな肌色の方にもきっと綺麗に馴染む色が見つかります。

下地の使い方は?正しいベースメイクの順番

今回は下地とファンデーションのご紹介ですが、ベースメイクを仕上げるには美容液や日焼け止め、コンシーラー等多くのメイクアイテムを使います。沢山あると曖昧になってしまいがちな正しいベースメイク法をきちんとおさらいしましょう。

①スキンケア

まずはじめにきちんとスキンケアをした状態からメイクを始めましょう。乾燥した肌には綺麗に化粧品が馴染まず、皮脂等が残っている上からメイクを始めても直ぐに皮脂崩れ等を起こして持ちが悪くなってしまいます。洗顔をして化粧水や美容液等で肌の状態を整えてください。

②日焼け止め

下地と言う名の通り化粧下地を一番最初に塗っている人も比較的多いようですが日焼け止めを使う場合は下地の前に日焼け止めを使います。下地やファンデーションに日焼け止め効果もある物を使用する場合は日焼け止めは使用しなくても良いでしょう。

③下地

ここでようやく下地の登場です。下地と言っても様々で、CCクリームのようなオールインワン下地はそのまま全体に塗って完了ですがコントロールカラーやコンシーラーを使う場合は下地→コントロールカラーを重ねます。

④ファンデーションのタイプ別にテクスチャーの緩いものから

ここはベースメイクの1番抑えておきたいポイントになります。基本的にベースメイクとは水分量の多い物から塗っていくので、パウダーファンデーションを使う場合はコンシーラーを重ねてファンデーションを塗ります。
一方でリキッドファンデーション等を使う場合はコンシーラーよりもファンデーションの方が水分量が多くテクスチャーの緩いものが多いのでファンデーション後にコンシーラーを重ねます。コンシーラーを馴染ませたらルースパウダー等で仕上げてベースメイクの完成です。
迷ってしまったら緩いものから使うように覚えておいてください。

下地やファンデーションにこだわって理想の肌を叶えましょう

自分の悩みや理想の仕上がりに合ったアイテムはありましたか?みんなが使ってる人気のアイテムはきっと納得のいく効果が期待できるはずですよ。もう一度下地やファンデーションの選び方を見直して理想の肌を作りましょう。