Dpa8gbkwsxdpsiqwtjvb

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | カテゴリー

ハイライトをセルフで入れよう!市販ヘアカラーで簡単なコツを紹介

2018.05.29

最近、注目を集めているおしゃれヘアー「ハイライト」。実は、人気のハイライトは市販のヘアカラー剤を使って、簡単にセルフで入れることができるんです!この記事では、ハイライトの基本や、セルフのハイライトの簡単な入れ方・コツをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. セルフでハイライトを入れよう!
  2. ハイライトの意味
  3. ハイライトの魅力
  4. ハイライトのカラー
  5. ハイライトが似合う髪型
  6. 【セルフ】ハイライトの入れ方①準備を行う
  7. 【セルフ】ハイライトの入れ方②アルミホイルを敷く
  8. 【セルフ】ハイライトの入れ方③ブリーチ剤を塗る
  9. 【セルフ】ハイライトの入れ方④洗い流す
  10. まとめ

ゴールド系

Img 5411
引用: http://www.alive-hair.com/wp-content/uploads/2017/12/img_5411.jpg

ゴールド系のカラーは、どんな髪型・髪色にも合う万能なカラーです。色落ちによるカラーの変化も少なさそうですね。また、透明感やツヤ感をプラスすることもできます。ハイライトのカラーに悩んでいる方は、ゴールド系のカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

Dej4yxmobjukjthbsrsz

ハイライトは基本的にどんな髪型にも似合いますが、特にハイライトが映えるおすすめの髪型があります。ハイライトと一緒に、髪型も合わせてみてはいかがでしょうか。

ゆるふわロング

3664
引用: http://risel-hair.com/wp-content/uploads/2016/02/3664.jpg

柔らかい印象があって女性らしい「ゆるふわロングヘアー」は、ハイライトにぴったりの髪型です。ゆるく巻くことで髪全体に動きが出ていますが、ハイライトを入れることでさらに立体感を出すことができます。ベージュ系・ゴールド系のハイライトでは、より可愛らしい女性に。アッシュ系のハイライトでは、より大人っぽい女性らしさを演出してくれます。

ショート・ミディアムボブ

Xxdi8a6pqwoskqr76tqs
引用: https://cdn.fortune-girl.com/medium/d08869d7-b01b-49cb-9bb0-e17537f56614.jpg?1513046879

「ショートボブ」や「ミディアムボブ」は、ゆるふわロング同様にハイライトとの相性が抜群です。毛先に少し動きを持たせることで、ハイライトがより映えるヘアスタイルになります。ボブヘアーの場合は、特にアッシュ系のハイライトが人気があるようです。

1032 2
引用: https://dietplus.jp/public/ui/contents/100/article/2016/0304/1032_2.jpg

人気のハイライトをセルフで入れてみましょう。美しいハイライトを入れるためには、丁寧にやること・しっかりコツを押さえることが大切です。まずは、ハイライトを入れる準備から始めましょう。

用意するものは、市販のブリーチ剤・輪ゴム・アルミホイル・カラー用のコームの4つです。必要に応じて新聞紙やタオルを用意しておくと便利かもしれませんね。また、カラーリングを行うときは、汚れてもいい服を着用しましょう。

セルフで失敗しないコツ

E387245h l
引用: https://photo.kenko.com/E387245H_L.jpg

市販でハイライトをきれいに入れるには、ブリーチで脱色するのが簡単でおすすめです。カラー剤でもハイライトを入れることはできますが、あまりきれいに発色しません。ハイライトの存在感を強く出したい方はブリーチ剤、控えめにハイライトを入れたい方はカラー剤を使用しましょう。

Retina pixta 11975933 s
引用: https://tguchi.s3.amazonaws.com/uploads/topic/image/2515/retina_pixta_11975933_S.jpg

必要な物をすべて用意できたら、カラーリングを始めましょう。まずは、カラーする髪の毛を1束ずつ、分かりやすいように輪ゴムで留めていきます。次に、束ねた髪の下にアルミホイルを敷きましょう。これは、他の髪の毛にブリーチ剤が付かないようにするのはもちろん、アルミホイルでブリーチ剤を温めて、よりブリーチ剤の効果を発揮させるために行います。

2 / 3