2018年05月12日 UPDATE

化粧水いらないって本当?意外と乾燥しにくく肌の調子が良くなる美容法とは?

化粧水がいらない美容法があるとは驚きですね。肌には自然治癒させる力が元々備わっているため、必要以上に手をかけるのは逆効果になるようです。しかし、肌にとって適度な美容は必修です。そこで今回は、化粧水がいらない理由や乾燥にも対応するおすすめ美容法を大公開します。

目次

  1. 化粧水の役割とは?
  2. 本当に化粧水はいらない?
  3. 化粧水がいらないケアはツイッターでも話題に!
  4. いらない派が主張する化粧水のデメリット
  5. 化粧水に含まれる合成界面活性剤が肌に与える影響
  6. 化粧水がいらな肌ケアとは?
  7. テレビで話題となった化粧水がいらない「ガッテン式」
  8. 化粧水はいらない!ガッテン式おすすめ美容アイテム
  9. IKKOさんも使っている馬油おすすめアイテム
  10. 化粧水のいらない美容法Q&A
  11. まとめ

化粧水の役割とは?

Tgc21c4f5wxd0uwgnru0
化粧水はどんな目的で使っていますか?洗顔後の肌のつっぱりが気になるから、美容に良さそう、つけるのが当たり前だからなどなど、何となく使っている人が多いと思います。まずは化粧水の持つ本来の役割について考えていきましょう。

水分を与える

Lgjh3jexd4qhmjini3iy
化粧水は、含まれている成分の約80%ほどが水分でできています。手に取ると指の間から漏れてしまうほど水に近いテクスチャーなのは、そのためです。その他の20%ほどが、美容に有効な保湿や炎症を抑える成分となります。と言うことは、化粧水は肌に水分を与えることが一番の役割となる化粧品なんです。肌は30%ほどが水分でできているため、外側からもしっかり与えてあげることを目的として作られています。

美容成分をより浸透させる

Qtqiuynugt6lkbi9e3ta
化粧水は肌に水分を与えることが最大の役割ですが、それには理由があります。肌は何層にもなる角質層で形成されています。肌の奥の奥にまで美容を助ける成分を浸透させなくてはなりません。もし、カラカラの状態で美容成分をつけたらどうなるでしょうか?内部まで浸透する前に乾燥してなくなってしまいますね。肌が潤っていれば、乾燥することなく肌内部まで届けることができるのです。化粧水には、美容液を内部まで浸透させるためにも必要な化粧品となります。

本当に化粧水はいらない?

Qozzw4baeg8kdn7utmql
化粧水の役割がわかると、乾燥しちゃうんじゃないの?美容成分は?と思ってしまいますよね。しかし、化粧水がいらない美容法は、スキンケアを専門にしている美容業界の人たちの間でも話題となっています。いらない理由は、肌本来の持つ力のようです。

水分を保持する力が備わっているためいらない

Lvsh6ox5tddb8tbl1h1k
肌は「皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質」などの働きによって、必要な水分を体内で補う力が備わっています。また、水分が逃げないようにしっかりと蓋をする力も皮脂が成してくれているのです。しかし、化粧水をつけることにより肌本来が持つ自然に生まれる力が必要なくなってしまうため、肌機能が低下、それに伴いバリア機能も弱ってしまいます。化粧水で肌を甘やかす必要はないということなんですね。

化粧水がいらないケアはツイッターでも話題に!

Ovttathuibmd8zgrusyx
情報交換の場でもあるツイッターでも、化粧水などの過度なケアはいらないと言うことが話題となっています。人間の持つ自然な力のパワーって、すごいんですね。喜びの声をまとめました。
シンプルなケアが一番大切と言うことなんですね。肌への負担もないし、肌の弱い人も化粧水に含まれるアルコール成分などで荒れる心配もありません。ぜひ、実践したいと思うコメントです。

いらない派が主張する化粧水のデメリット

Sxrxnrijfwlsgnbiufsa
化粧水は肌の持つ自然な力を弱めてしまうためつけないケア方法も良いことがわかりましたが、その他にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?自信を持ってつけない美容方を実践するために、もう少しだけ、化粧水が与える肌への影響を見ていきましょう。

乾燥が進むためいらない

Afw0glyjlnkggcendhbg
紙に水を垂らすと、時間が経つと同時に紙は変形、ガサガサしますね。理由は、水が蒸発していくと同時に紙の乾燥が進むため、表面が乱れて形が変わってしまったのです。紙が肌だとしたらどうでしょうか?肌に蓄えられている水分まで一緒に奪われてしまいます。よって、水分を与えすぎるとより乾燥を進める原因となってしまうのです。水分を与えたのに、奪われてしまったら意味がありません。いらない派は、この乾燥を進める原理をしっているからこそ、化粧水要らずな美容法を取り入れています。

肌は水分を必要以上に貯水できない

Dbmaabwjhur7gcfrrdmw
バリア機能として肌を守る角質層はサランラップ程度の厚さしかないため、顔の肌が必要としている水分量はなんと水滴2~3滴ほどと言われています。量を目の当たりにすると、そこまで多くの水分をバシャバシャと顔に与える必要がないことがわかります。また、サランラップ程度の厚さしかない角質層は、水分を必要以上に蓄えるスペースもない上繊細なので、刺激を与え過ぎるのは良くありません。必要最低限の美容で肌を守ることこそ大切だと言う考えにより、化粧水がいらない美容法が推奨されているのです。

化粧水に含まれる合成界面活性剤が肌に与える影響

Mmlwkfqglavvwa3ougla
化粧水がいらない理由のひとつとして、含まれる成分も原因となっているようです。問題の成分は界面活性剤です。中でも、人工的に作られた合成界面活性剤は、肌へ負担をかける成分として避けるべきと言われています。

界面活性剤とは?

界面活性剤は化粧水やシャンプー、洗剤などの身の回りにある様々な製品に含まれている成分です。通常混ざることのない「水」と「油」を混ぜ合わせる作用があります。化粧品の中でも、化粧水は皮脂と水分を馴染ませる目的として配合されている商品が多いです。ラウリル硫酸やPPG、パレス-3硫酸、スルホン酸などが代表成分なため、覚えておきましょう。

化粧水がいらな肌ケアとは?

Wccxz0zuzmkfkmhs72xx
化粧水がいらない肌ケアとは、その名の通り化粧水を使わないケアです。使わないのにケアするってどうゆうこと?と思った人に向けて、いらない肌ケアについて一緒に勉強していきましょう。はじめに紹介するのは「肌断食」です。

肌断食とは?

ダイエットで有名な断食と同じ原理を利用した肌ケアが「肌断食」です。肌に与える全てのスキンケア用品を数日間使わないことで、肌を休ませてあげるケア方法なんですよ。効果がある成分であっても、肌にない成分を外側から与えていることに変わりはないため、負荷がかかっています。肌の持つ自然の力を有効活用できるように、肌を元気な状態へ戻してあげる目的で行います。数日間は洗顔のみ行い、化粧水や美容液などは一切使いません。

肌断食成功者の口コミ

肌に負担もなく、手間もお金もかからないケアが肌断食の魅力です。もちろん、肌が綺麗になったとの喜びのコメントを寄せている人も多いですよ。嬉しい報告のコメントを少し見てみましょう。
かぶれも治っちゃうほど、人間の持つ肌の回復力は強いんですね。肌断食で皮膚が強くなったことも影響してるようです。
肌断食中は、できればメイクも避けるべきですが石鹸で落とせるような軽めのメイクなら効果も持続するようです。参考になるコメントです。

テレビで話題となった化粧水がいらない「ガッテン式」

Exgwhxayprjt3pzusioi
化粧水がいらない肌ケアは、「肌断食」だけではありません。ためしてガッテンで紹介された、その名も「ガッテン式」も話題となっています。肌断食と何が違うのか、ガッテン式のやり方や魅力について探りました。

「ガッテン式」ケアとは?

B8np5jklmb845fg9bmsw
肌断食が化粧水はもちろん美容液など一切使わない肌ケアに対して、ガッテン式は化粧水は使用せず洗顔後に保湿に効果のある成分を塗る方法です。何も与えないことにより乾燥や肌トラブルが起こる場合もあることから、肌断食でトラブルがあった人におすすめなケア方法なんですよ。肌断食をいきなりトライすることに抵抗のある人が、まずはガッテン式で肌を慣らしてから試してみるためのワンステップとして取り入れる人も多い美容法です。

化粧水はいらない!ガッテン式おすすめ美容アイテム

Nocs1phuxc9ocs05sdbm
ガッテン式で取り入れる美容アイテムは、油分などを含む保湿に特化した肌への負担が少ないアイテムを選ぶことがポイントです。また、浸透の高いアイテムでないと、肌表面を一時的に保護するだけしか効果が得られません。それでは、おすすめしたい4種類のアイテムを紹介します。

油分を含む4アイテム

ポイントは油分が豊富なことです。保湿をしっかりするために活用するアイテムは「ワセリン」「馬油」「スクラワンオイル」「ニベアクリーム」がおすすめですよ。中でも、馬油とワセリンは保湿力が抜群なので迷った人は使ってみましょう。肌トラブルに効果を発揮するのは馬油です。しかし、ベタつきやヌルつきを感じるため、サラッとしたタイプが好みであればスクラワンオイルかニベアクリームの方が使い心地が良いかもしれません。

IKKOさんも使っている馬油おすすめアイテム

Chtu2p4xw8flbnhuqryb
やけどや切り傷などにも使える万能クリームが馬油です。美容効果も優れていますが、万能薬として昔から愛用されているロングセラーアイテムなんですよ。それでは、馬油の中でもおすすめアイテムを紹介します。

馬油の元祖『薬師堂ソンバーユ」

Wfjkfbpgt2p0kfzyue0t
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1526049455/wfjkfbpgt2p0kfzyue0t.jpg
ひとつ目のアイテムは、馬油の名付け親でもある老店舗「薬師堂」が販売しているロングセラー商品がソンバーユです。純度100%で赤ちゃんからお年寄りまで家族みんなで使えるため重宝する商品ですよ。人の皮下脂肪に近い成分(油)が使われているため、浸透力の高さが魅力です。さらに、毛細血管を刺激して血流を促す作用もあるため、肌荒れも素早く改善してくれます。全身に使えるマルチアイテムです。

ベタつきの少ない「馬油100」

馬油100(バーユ100%)
価格 ¥ 1,274
馬油
馬油100%で精製されているアイテムの割に、ベタつきが少ないアイテムです。手に取るとトロトロしてますが、肌につけるとスッと伸びるのが特徴となります。馬油ならではな肌触りが苦手な人には、使いやすい馬油でしょう。価格も安いため、初めて馬油を使う人でも安心です。アトピーにも対応しているため、たくさん使いたい人にもおすすめできる商品です。

化粧水のいらない美容法Q&A

Iqddhvy254uipstwelpl
肌への効果が高い化粧水要らずな美容法でも、肌は敏感なゾーンなので心配は尽きませんよね。そこで、美容法を試す上で湧き上がる疑問について回答していきます。一人で考え込むことのないよう、ぜひ参考にしてください。

肌トラブル中でも化粧水はいらないの?

肌が荒れている時こそ、肌本来の力を回復させる時間や状態が必要となります。肌に良いイメージが強い化粧水やその他の美容アイテムを付けすぎると、逆に悪化させる場合があるため、ぜひ化粧水等使わない美肌法を試してみましょう。しかし、全ての肌トラブルに対して良い効果を与えるとは限りません。肌状態が気になる場合は、専門医に相談の上どのような肌ケアが良いか決めると安心ですよ。

化粧水をつけないと老けるって本当?

答えはNOです。化粧水をつけなかったから老けると言う根拠はありません。老けは誰にでも現れる自然現象です。しかし、正しいケアや、肌本来の持つ強い力が正常に働いていれば老いを防ぐ(遅らせる)ことは期待できます。そのためにも、肌断食やガッテン式を取り入れて肌を強化させていきましょう。

まとめ

Gvunqqqcsxpii6eue4l8
化粧水は肌に水分を与えると言う重要な役割があります。また、何層にも重なりあっている皮膚組織を通って美容成分を内部までしっかり届けるためにも、潤いを与える重要な役割も成しています。しかし、本来の肌にはそれらの役割を自ら行う力が備わっています。化粧水などを必要以上に与えてしまうと、本来の力が弱ってバリア機能まで狂わせる場合もあるのです。そのため、化粧水や美容液などを与えない美容法で肌を健康に戻してあげることが最も重要となる美容法なのです。
今回紹介した「肌断食」や「ガッテン式」の方法を繰り返し続けることにより肌状態を正常に切り替えることができるので、ぜひ実践してみましょう。しかし、場合によってはダメージを悪化させてしまうため、肌トラブルに応じて試すタイミングを見極める必要があります。また、肌に負担をかけずに行うためにも、馬油やワセリンを活用しながら綺麗な肌が維持できるようにリセットしていきましょう。