Phiif6uryozaambwxseo

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

化粧水のエタノールが肌に悪い?かぶれたり赤くなる症状が起きる原因とは?

2018.05.13

エタノール入りの化粧水は、肌がかぶれたりしみるし赤くなるって言いますよね。では、なぜ配合した化粧水が市場に出回っているのか?もしかしたら、かぶれたりしみる赤くなるのは他に原因があるのかも。悪者として扱われるエタノールの効果や正体を、この機会に見直そう!

目次

  1. エタノールってそもそもなに?
  2. 化粧水にエタノールが配合されている理由
  3. エタノールが肌に与えるメリット
  4. デメリットもしっかりと把握しよう
  5. 肌が赤くなるのなぜ?
  6. 化粧水を変える!?赤くなったらやるべき対処法
  7. エタノール不使用!おすすめ化粧水
  8. エタノールってやっぱり不要?
  9. 化粧水とエタノールに関するQ&A
  10. まとめ
Lff67l3jwhvhq9ghmmlf

鼻にツーンとくる臭いが特徴のエタノールは、科学の実験などで扱ったことのある人も多いのではないでしょうか?でも、実際なに?と聞かれると、火をつける時に使ったくらいしか答えられない人がほとんどでしょう。

アルコールの一種

Jncq0vhokadfziahyrif

エタノールは別名「酒精」と呼ばれる通り、お酒に含まれる成分です。日本酒の約20%、ビールの5%はエタノールなんですよ。デンプンや糖蜜をアルコール発酵させたり、エチレン(炭化水素)から科学合成して作られます。正式名称はエチルアルコールです。消毒やインフルエンザ対策などで、手を綺麗に除菌する消毒薬として使われています。注射の前に肌を綺麗に拭き取る際にも使われているのがエタノールです。また、家電製品などを掃除するための洗剤等にも含まれています。

Io60vxapimtkhiaanu5j

アルコールの一種であるエタノールが、なぜ直接肌に染み込ませる化粧水に配合されているのでしょうか?入っているからには、何か理由があるはずです。しかも、無くてはならない大切な役割を成しているのは間違いありません。そこで、エタノールと化粧水の関係について調べを進めてみました。

防腐剤としての役割

Oynquluiuyosofuu7n1q

化粧水の中身は、水分が80%ほどを占めています。そのため、放置していると水自体が腐ってしまうのです。そこで、より長く良い状態で化粧水を保つ役割として、エタノールは配合されています。エタノールには、防腐を高める作用があるからです。エタノール同様に、アルコールも同じ目的で配合されている化粧水も多いです。もし、エタノールやアルコールが配合されていない場合、使用期間や保存方法が細かく指定されるため、使える期間がより短くなってしまいます。

油分と水分を仲介

By169cugue1mn11t4ku1

化粧水に含まれるのは水分だけではありません。精油も含まれています。精油とは、エッセンシャルオイルとも呼ばれている成分で、植物から抽出した100%天然の有効成分です。植物により効果は異なりますが、香りを楽しむための精油や収れん効果が期待できる精油、保湿を促す精油など、種類は豊富に存在します。オレンジ油やカモミール、ローズマリーなどが代表的な精油です。しかし、精油は水と混ざり合うことができません。そこで、水分と油を混ぜる乳化作用のあるエタノールが一緒に配合されるのです。

1/5

続きを読む