2018年07月05日 UPDATE

ピンクメイクがしたい!春にぴったりの韓国風のやり方を紹介します!

ピンクメイクがしたいと韓国で人気の春にぴったりなピンクメイクに憧れている人は多いですよね。ピンクメイクは女の子らしい可愛らしさを持った華やかなメイクなので、やり方が気になるという人が多いのも納得です。今回はそんなピンクメイクのやり方を紹介していきます!

目次

  1. 韓国で人気のピンクメイク
  2. 韓国女子はピンクメイクで可愛くなっている
  3. 日本でも徐々に注目されているピンクメイク
  4. ピンクメイクで透明感・抜け感を出そう
  5. ピンクメイクのやり方:ベースメイク編
  6. ピンクメイクのやり方:アイメイク編
  7. ピンクメイクのやり方:アイブロウ編
  8. ピンクメイクのやり方:チーク&リップ編
  9. ピンクメイクのやり方を解説している動画のおすすめ
  10. まとめ

韓国で人気のピンクメイク

韓国で数年前からブームになっているピンクメイク。韓国のカリスマ的存在、オルチャン達もピンクメイクをしている人が多く、ここ最近日本でもピンクメイクは注目されていますよね。ピンクメイクはピンクをベースにしたメイクになっていて、春にやれば春に咲く花のように華やかになれますし、春ではなくとも一年を通してやれば、ピンクのように可愛くなることが出来ます。
Photo 1500917293891 ef795e70e1f6?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1500917293891-ef795e70e1f6?ixlib=rb-0.3.5&s=6bd030db1a486be4de315b512996a111&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
こんな感じで、ピンクをポイントに置いたのがピンクメイク、または桃メイクと呼ばれていて、優しく可愛らしい印象になれるのが特徴にメイクですね!
Photo 1521941977972 1f3123f3f2d4?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1521941977972-1f3123f3f2d4?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=a90e23d1149589e1b62489d550b65560&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
唇も目元も淡く可愛らしいピンクが出ているので、まさに春にはぴったりのメイク。韓国のメイクは色使いのやり方が本当に上手く、綺麗に色を活かしていることが多いだけあって、ピンクメイクが人気になっているというのも納得です。

韓国女子はピンクメイクで可愛くなっている

Photo 1468488718849 422a2a5efc03?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1468488718849-422a2a5efc03?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=fff4a71018d6b9fdefa376ff8df9d4cd&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
韓国ではピンクメイクでみんな可愛くなっていて、インスタグラムなどでは数々の可愛いピンクメイクを見ることが出来ますね。ピンクメイクは桃メイクと呼ばれているのもあり、単なるピンクを基調にしたメイクというよりかは、桃のようなジューシーさもプラスされている、みずみずしさが感じられるメイクなのです。
Photo 1515734674582 29010bb37906?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1515734674582-29010bb37906?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=7eb49730bae055c86ee9c8a87e3ae2a9&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
桃メイクと呼ばれていることもあり、こうしてみてみるとたしかに桃のような淡く優しいピンク色と、食べた時のジューシーさが感じられるようなメイクになっていますよね。優しい色合いながらもしっかりとピンクが肌に乗っているので、ピンクメイクにありがちな腫れぼったさが一切感じられず、可愛らしさが全面に出ています。

日本でも徐々に注目されているピンクメイク

Photo 1512087321902 02867cabd81a?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1512087321902-02867cabd81a?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=2f835fbb4e8c022b470d9bc5eff7e62b&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
日本でもここ最近でピンクメイクはどんどん人気になってきています。春が近くなる冬の終わり頃になると春に流行りそうなメイクの情報が少しずつ出てくるものですが、日本人のおしゃれさんやメイク好きさんは韓国メイクを参考にしていることも多く、可愛く華やかなピンクメイクが注目され、人気になっているということなのです。
Photo 1499743538388 7ccc7bf72492?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1499743538388-7ccc7bf72492?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=d8d28e4ff5db9657e23852ed7c1abae8&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
また、日本では以前も流行ったうさぎメイクと合わせてピンクメイクを取り入れている人もいます。うさぎメイクもピンクをベースにしたメイクだったので、可愛らしい二つのメイクのやり方をプラスすればオリジナルティ溢れるピンクメイクが完成しますよね。すでに雑誌などでもピンクメイク・桃メイクは取り上げられているので、今年の春をはじめとして、一年を通した人気のメイクになりそうな予感です!

ピンクメイクで透明感・抜け感を出そう

Photo 1514928817627 5a14c2de8c13?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1514928817627-5a14c2de8c13?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=e80a07a1549724fc315f0460ae5568a4&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
ピンクメイクは一歩間違えてしまうと腫れぼったい印象が出てしまうため、挑戦するのが少しむずかしい…と感じている人も多いでしょう。確かにピンクの使い方を間違えてしまえば、腫れぼったく、メイクの仕上がりが一気に微妙になってしまうこともありえます。
Photo 1521898065543 e2091430b896?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1521898065543-e2091430b896?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=762ab095aca3450a61c6022bb149db6f&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
そうならないためにも、ピンクメイクでは透明感・抜け感を出すことが大事。特に透明感を大切にしていかないと、ピンクが肌に映えることはなく、中途半端な仕上がりになってしまうのです。抜け感も肌にツヤやみずみずしさをプラスすることで作り出すことが出来るので、腫れぼったいピンクメイクにならないように、透明感や抜け感を意識していきましょう!

ピンクメイクのやり方:ベースメイク編

Photo 1518574095400 c75c9b094daa?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1518574095400-c75c9b094daa?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=556ffd3129888301d8d87b8252a59fd8&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
では早速ピンクメイクのやり方に注目していきましょう!まず大切なのはベースメイク。ベースメイクで透明感を出していかないと、アイメイクやリップで使うピンクの良さを上手く引き出すことは出来ません。
Photo 1527657990041 9e9a4ef1af9e?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1527657990041-9e9a4ef1af9e?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=407704c2f297e5231648ee3bad2bf256&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
おすすめのファンデーションはクッションファンデーション。ピンクメイクに大切な透明感とツヤ肌を出してくれるファンデーションで、カバー力がありながらも厚塗り感が出ず、ツヤ感を出してくれるファンデーションとなっていますね。カバーしたい部分はしっかりと乗せつつ、出来るだけ広げて薄く塗っていくことを意識してみましょう。
Photo 1504051898397 67f872da760b?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1504051898397-67f872da760b?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=9057c7c75dd074ed1240664e3550059a&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
仕上げにはフェイスパウダーで肌をより滑らかにするとOK。もし肌色を少しだけ上げたい、透明感が必要なのであれば下地の段階で青系、ラベンダー系のコントロールカラーで肌色を調整していきましょう。

ピンクメイクのやり方:アイメイク編

続いてピンクメイクのメインとも言えるアイメイク。アイメイクで使うのはピンクとブラウンのアイシャドウやピンク系のハイライト、またラメがあるとより可愛いピンクメイクに仕上がります。
まずは瞼の質感を整えるために、ピンク系の薄いブラウンやベージュのアイシャドウでアイホールや瞼の下に塗り、その後にラメも瞼の下に乗せていきます。目を大きく見せるために、目尻にも薄くブラウンやベージュのアイシャドウを乗せ、優しい雰囲気の目の形に整えていきましょう。その後にピンクのアイシャドウを塗り、目元は少し長めに引くのが韓国風ピンクメイクのポイントです。
Photo 1498524943437 bd806c1592c8?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1498524943437-bd806c1592c8?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=9fef067159cbeb6d8244ad3e2111d8f6&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
アイラインやマスカラは黒を使ってしまうとピンクを邪魔してしまうことになるので、おすすめなのはブラウン系のアイライナー・マスカラ。ブラウンとピンクの相性は良く、お互いの色を引き立ててくれる存在になるのです。塗る時のポイントとしては、アイラインはがっつり引きすぎてしまうとアイシャドウを潰してしまうことになるので、目のキワを埋め、目尻に少し長く引くのが良いでしょう。マスカラはまつ毛をビューラーで上げた後、長く細く付けるのがポイントです。

ピンクメイクのやり方:アイブロウ編

Photo 1505460470885 c72830808c42?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1505460470885-c72830808c42?ixlib=rb-0.3.5&s=6b7079051f6b41755fa2f6f0a2a4a0e0&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
続いてアイブロウも見ていきましょう!アイブロウのやり方は平行眉がピンクメイクで多く見られるので、韓国風にしたいのであれば平行眉を意識すると良いでしょう。
髪色にもよりますが、黒のアイブロウを使ってしまうとピンクメイクから浮いた存在になってしまうので、ブラウン系のアイブロウを使うのがおすすめ。アイライン・マスカラ同様にブラウンとピンクの相性は良いのです。

ピンクメイクのやり方:チーク&リップ編

Photo 1508949256978 6e8ccefb1635?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508949256978-6e8ccefb1635?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=ffe7682df698cf807e94eb7fb2a1058b&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
最後の仕上げにチークとリップもピンクで用意しましょう!まずチークはふんわりと、桃がピンク色に発色しているようなイメージで優しく載せるのがポイントです。頬の高い位置から少しずつぼかしていくようにすれば、桃のような頬の出来上がり!この時パウダータイプのチークよりもクリームチークのほうが、透明感とツヤ感が出るのでおすすめです。
Photo 1506610758197 2a3e315ea0a9?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1506610758197-2a3e315ea0a9?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f571620723a3bab68e674cd8286db054&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
リップは濃いピンクを使うピンクメイクもあるので完全に好みの問題ですが、透明感やツヤ感を特に意識したいのであれば淡くみずみずしさが出るピンクを選ぶのがポイント。グロスを使うとみずみずしいプルンとした唇になりますが、リップティントで自然な発色を出すというのも良いでしょう。

ピンクメイクのやり方を解説している動画のおすすめ

ピンクメイクのやり方を解説している動画も動画サイトではすでにたくさん出ています。色々なピンクメイクのやり方を知ったほうが、自分にぴったり合うピンクメイクを見つけられるとも言えるので、おすすめのピンクメイク動画をいくつか紹介していきますね。
この二つの動画は基本的なピンクメイクのやり方を紹介してくれています。韓国で人気のピンクメイクということで、韓国に寄せつつも日本の好みも取り入れたメイクのやり方になっているので、少しずつピンクメイクを取り入れていきたいという人にもぴったりです。
こちらの動画は韓国人が上げている実際のピンクメイク動画です。韓国語なのでわからない…という人もいると思いますが、動画がかなりわかりやすく作られているので、韓国語がわからない人でもピンクメイクのやり方やコツがわかるはずです。韓国のピンクメイクを追求したいという人は是非チェックしてみてください。

まとめ

Photo 1494765803320 93c95366f4b3?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1494765803320-93c95366f4b3?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=db6e7589b26079cee431533b4fbdec53&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
いかがでしたか?韓国で人気のピンクメイクのやり方を知っていると春を華やかなメイクで過ごすことが出来ること間違いなし。また、ピンクメイクは春に限らず一年を通しても出来るメイクでもあるので、ピンクメイクが好きな人や、一年を通して可愛いメイクをしたいという人は今回紹介したピンクメイクのやり方を参考にして、ピンクのように可愛いメイクで楽しく過ごしていきましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://makey.asia/images/column_pic/column162_20170803160313.jpg