Axg4r8kvqhldukorq92w

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

日焼けがまだらになった!顔や腕などにできたものの治し方をご紹介!

2018.05.28

強い紫外線のために顔や腕にまだら日焼けができる場合があります。これは非常に気になる日焼けの仕方です。まだら日焼けの治し方や対策についての情報を集めました。まだら日焼けになる原因は色々とあるのです。そしてできれば防ぎたいまだら日焼け対策についても考えてみました。

目次

  1. まだら日焼けとはなに?
  2. まだら日焼けの原因は?
  3. メラニン細胞が休止すると?まだら日焼けに?
  4. まだら日焼けを起こす顔面単純性粃糠疹とは?
  5. まだら日焼けは乾燥肌の人に多い
  6. 皮膚病が原因でまだら日焼けを起こす?
  7. まだら日焼けの治し方
  8. まだら日焼けになっているところを冷やすという方法
  9. まだら日焼けには栄養も必要
  10. まとめ

強すぎる紫外線を一気に浴びてしまうことで、顔や腕にまだら日焼けができる場合があります。すべての人がまだら日焼けになるのではなく、皮膚の様々な条件を持っている人に起こりやすい状態なのです。治し方はやはり日焼け後のケアにかかってきます。冷やしてまだらになっている部分を触らないようにすることが治し方の一つの方法です。

文字通り、日焼けにムラができてしまうこと。肌を出す洋服を着ると、とっても恥ずかしいあの焼け方です

だっからこそ、まだら日焼けを早く治す方法を知りたいと感じるのは尋常なことです。そこで、まだら日焼けをきちんと理解して根本的にケアをする必要もあるわけです。腕や顔にまだら日焼けができてしまったときには、気長にケアしていくほかありません。

肌の新陳代謝のスピードがほかの人より遅い場合や、肌の一部だけが特に遅いということがまだら日焼けを招くのです。だからこそ、正しく日焼け止めを塗ることや日焼けを避けるほか方法はないのです。まだら日焼けは普通の日焼けよりも治し方を試行錯誤しても時間のかかるものです。ですので、日焼けをしない方法もにも気を配る必要があります。

日焼け止めをしっかりと塗ったのにまだら日焼けなっている場合には、明らかにムラ塗りがあったと考えられます。そしてまだら日焼けになる人にとっては日差しが強すぎてメライン細胞が一時的に休止状態になっていることが考えられるのです。治し方はまずは肌の新陳代謝のサイクルを戻すようにすることが早道です。顔だけではなく、腕のまだら日焼けにも注意をしましょう。

顔よりもボディは代謝が悪いので、日焼け直後のほてった肌には保湿を、落ち着いたら美白ケア。効果を最大限実感できるよう、あわせて週1~2回の角質ケアも投入するのが、「まだら日焼け」しにくいボディづくりのコツ。

まだら日焼けというのは、その人の肌の体質によって左右されるもので事前に、自分の日焼けの仕方がまだら日焼けになるとわかっている場合には通常よりもさらに厳重な日焼け対策を考えなければいけないのです。腕や顔というのは夏の間には日焼けを再発しやすい場所です。しっかりとカバーをして今よりもまだら日焼けをひどくしないように努めましょう。

1/5