2018年05月28日 UPDATE

日焼けがまだらになった!顔や腕などにできたものの治し方をご紹介!

強い紫外線のために顔や腕にまだら日焼けができる場合があります。これは非常に気になる日焼けの仕方です。まだら日焼けの治し方や対策についての情報を集めました。まだら日焼けになる原因は色々とあるのです。そしてできれば防ぎたいまだら日焼け対策についても考えてみました。

目次

  1. まだら日焼けとはなに?
  2. まだら日焼けの原因は?
  3. メラニン細胞が休止すると?まだら日焼けに?
  4. まだら日焼けを起こす顔面単純性粃糠疹とは?
  5. まだら日焼けは乾燥肌の人に多い
  6. 皮膚病が原因でまだら日焼けを起こす?
  7. まだら日焼けの治し方
  8. まだら日焼けになっているところを冷やすという方法
  9. まだら日焼けには栄養も必要
  10. まとめ

まだら日焼けとはなに?

強すぎる紫外線を一気に浴びてしまうことで、顔や腕にまだら日焼けができる場合があります。すべての人がまだら日焼けになるのではなく、皮膚の様々な条件を持っている人に起こりやすい状態なのです。治し方はやはり日焼け後のケアにかかってきます。冷やしてまだらになっている部分を触らないようにすることが治し方の一つの方法です。
文字通り、日焼けにムラができてしまうこと。肌を出す洋服を着ると、とっても恥ずかしいあの焼け方です

だっからこそ、まだら日焼けを早く治す方法を知りたいと感じるのは尋常なことです。そこで、まだら日焼けをきちんと理解して根本的にケアをする必要もあるわけです。腕や顔にまだら日焼けができてしまったときには、気長にケアしていくほかありません。

肌の新陳代謝のスピードがほかの人より遅い場合や、肌の一部だけが特に遅いということがまだら日焼けを招くのです。だからこそ、正しく日焼け止めを塗ることや日焼けを避けるほか方法はないのです。まだら日焼けは普通の日焼けよりも治し方を試行錯誤しても時間のかかるものです。ですので、日焼けをしない方法もにも気を配る必要があります。

まだら日焼けの原因は?

日焼け止めをしっかりと塗ったのにまだら日焼けなっている場合には、明らかにムラ塗りがあったと考えられます。そしてまだら日焼けになる人にとっては日差しが強すぎてメライン細胞が一時的に休止状態になっていることが考えられるのです。治し方はまずは肌の新陳代謝のサイクルを戻すようにすることが早道です。顔だけではなく、腕のまだら日焼けにも注意をしましょう。
顔よりもボディは代謝が悪いので、日焼け直後のほてった肌には保湿を、落ち着いたら美白ケア。効果を最大限実感できるよう、あわせて週1~2回の角質ケアも投入するのが、「まだら日焼け」しにくいボディづくりのコツ。

まだら日焼けというのは、その人の肌の体質によって左右されるもので事前に、自分の日焼けの仕方がまだら日焼けになるとわかっている場合には通常よりもさらに厳重な日焼け対策を考えなければいけないのです。腕や顔というのは夏の間には日焼けを再発しやすい場所です。しっかりとカバーをして今よりもまだら日焼けをひどくしないように努めましょう。

メラニン細胞が休止すると?まだら日焼けに?

強すぎる紫外線のために皮膚が一時的に「畑」と呼ばれる白い粉を出す状態に陥ってしまうのです。この白い部分は原因として顔面単純性粃糠疹が考えられます。顔だけではなく腕にもまだら日焼けが発生する場合があります。腕には白い粉は出にくいのですが、同じようにメラニン色素が休止していると考えられるのです。
日焼け後は必ず皮むけが始まります。 皮膚が再生している証拠なので 放っておくのが1番良いのですが目立つ部分、 特に顔は気にされる方も多いでしょう

まだら日焼けになったときには、絶対に無理やりに皮むけを無理にはがそうとしないでください。腕にできたまだら日焼けは広範囲に広がる場合もありますが、しっかりと保湿をすることを忘れないようにしましょう。顔だけではなく腕にも保湿ケアを怒らないことが重要です。

まだら日焼けを起こす顔面単純性粃糠疹とは?

広く知られている呼び方としては「はたけ」という表現しているものですが正式には顔面単純性粃糠疹という肌の状態があります。これは肌の表面に粉を吹いたような白く色が落ちた状態の病変が出来てしまう症状です。これがまだら日焼けの白い部分にあたるのです。
皮膚に角質が増して米ぬか様に落屑(らくせつ)する状態

このために日焼けの黒い部分と病変によって白い部分ができるわけです。

ポイントとなるのは、 「保湿ケア」と「ビタミン」です。 少しでも皮膚の再生が早くなれば、 皮むけも気にならなくなります。

一時的にメイクを休んで肌が落ち着くのを待つほかありません。一度このような状態になってしまっつた人は極力日焼けを避けるようにするほうが賢明です。

まだら日焼けは乾燥肌の人に多い

そもそも乾燥肌の人は日焼けに弱いと言われていることをご存知でしょうか?基礎代謝も遅いので皮膚の再生能力が普通の人の半分程度しかないわけです。そこに弱った角質を持ち合わることで、余計にまだら日焼けを招いてしまうのです。水分不足の肌はどうしても再生力が弱いのです。普段から保湿力の高めの化粧水を使って肌に充分は油分を補う必要があります。
しっかり保湿をして肌の新陳代謝を高めつつターンオーバーを促すことが大切です

水分が不足気味になると、まだら日焼けの原因にもなってしまいます。保湿重視のケアをしっ回rと行うことで、まだら日焼けを改善させることが出来るのです。

まだら日焼けには保湿ケア

まだら日焼けの場合には、特効薬もなく古い角質が剥がれるのを待つほかないのです。少し時間がかかってもまだらの状態は改善されるのです。

皮膚病が原因でまだら日焼けを起こす?

まだら日焼けの人は皮膚の基礎疾患として尋常性白斑症を持ち合わせていることも多いのです。日焼けをするとまだら日焼けになってしまうことを肌の体質別に把握しておく必要があります。
まだらになった肌には美白ケアが欠かせません。そこでおすすめしたいのがビタミンC誘導体配合の美容液です。

ビタミン誘導体をしっかりと皮膚に浸透させることに意味があるのです。そして皮膚の中にビタミンCが増えることで、まだら日焼けを改善させるのです。適切なケアを行うことで、肌の状態を早く戻すことに力を注ぎましょう。

日焼け自体が落ち着いていくと、まだら日焼けもめだたなくなるのが普通です。ただどうしても顔にまだら日焼けができてしまうと困ってしまうために治し方を何とか知りたいと思うのは当たり前のことです。対策としては通常の日焼け後のケアと同じで、徹底的に患部を冷やすことから始めてください。

まだら日焼けの治し方

まだら日焼けを防ぐために

まだら日焼けの場合には、日光皮膚炎を起こしている場合が多いのです。実際には新しい皮膚になるタイミグが遅い場合がほとんどですので、日焼け後のアフターケアには力を注いで皮を無理にはがさずに、皮膚が均一の状態に戻るのを待ちましょう。

まだら日焼けになっているところを冷やすという方法

炎症を抑え込むことで、まだら日焼けも幾分薄らいでくるものです。そのためいは冷やすことを徹底しえ行ったあとに保湿ケアをします。乾燥を予防できれば肌の回復も非常に早まるのです。

とにかく冷やす

普通の日焼けと同じように日焼けした肌は冷やすほか方法はありません。まだら日焼けの治し方の一つは冷やす方法を工夫することです。冷たいシャワーを浴びて腕のケアを行いましょう。顔の場合には直接肌に触れないようにして、保湿ジェルなどをあてて様子をみてください。

まだら日焼けには栄養も必要

まだら日焼けになってしまったときには口から摂取するものを意識することが重要です。栄養素としてはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを摂取します。そうすることでまだら日焼けの部分の新陳代謝をうながしていくのです。

まとめ

まだら日焼けの場合には、なってしまった状態からは時間の経過とともに皮膚の再生を待つほかありません。急いで治す方法はありませので、しっかりと保湿をしてビタミン豊富な食材を意識的に食べることに力を注いでみましょう。そうすることで顔や腕の、まだら日焼けも少しずつ改善されるのです。