Eslwcw5y9jiwfvdnflmy

アイシャドウ

CATEGORY | アイシャドウ

アイシャドウで濡れ艶を出したい!ラメ入り商品やそのやり方をご紹介

2018.06.06

まぶたに濡れ艶感を出したトレンドメイクは今年も話題のメイク方法です。アイシャドウを上手に使い分けながら、きれいな濡れ艶感を出すことができます。今回は、ラメ入りアイシャドウを使って、おすすめの商品とそのやり方を紹介します。

目次

  1. 濡れ艶アイシャドウをつくるには?
  2. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品①【リンメル】プリズムパウダーアイカラー
  3. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品②【ジルスチュアート】ジェリーアイカラー
  4. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品③【セザンヌ】ツーカラーアイシャドウラメシリーズ
  5. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品④【ケイト】メタルグラマーアイズ
  6. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品⑤【エクセル】シャイニーシャドウ
  7. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品⑥【スウィーツスウィーツ】スパークリングアイグロス
  8. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品⑦【LB】プレストリッチピグメントN
  9. 濡れ艶アイシャドウラメ入り商品⑧【レブロン】カラースティッククリームアイシャドウ
  10. まとめ
Tlxhqecv6tuxi5fqfr5h

話題になっている濡れ艶まぶたを作るには、アイコスメの選び方が重要です。シャドウの種類には、パウダリーからクリーム、ジェル、スティックタイプまで種類も豊富に揃っています。濡れ艶が上手に出ない場合は選び方が間違ってると言えます。おすすめのラメ入りアイシャドウを紹介しながら、濡れ艶感の出す方法を見ていきましょう。

リンメル プリズムパウダーアイカラー 004/モダンブラウン (1.5g)
価格 ¥ 864

やり方

1.ベースに肌色のカラーを指でアイホール全体にのせます(指やブラシでなじませましょう)

2.次に、リンメルのプリズムパウダーをまぶたの上に乗せていきます。ラメ感をたくさん出したい場合は量を多めにします(このときに量を調整してください)

3.涙袋のキワにも同じようにプリズムパウダーを乗せたら完成です

Pnpc1iwnmqekfx4boxfz

ホワイトやシルバーのラメ入りシャドウは濡れ艶感をかんたんに出しやすいのでおすすめです。ベースに肌色のカラーを使っているので、自然な感じに色が出ます。

【ジルスチュアート】ジェリーアイカラー #01 ダイヤモンドスノー 6g
価格 ¥ 2,530

やり方

1.まぶたの上にポンポンとジェリーアイカラーをのせていきます。

2.指で馴染むように広げていきます。

Pt81onkysixwc65hxyul

3.涙袋にも薄く塗ったら完成です。

ジルスチュアートのジェリーアイカラーは、ぷるんとした感触の大粒のラメが入ったシャドウ。全部で11色あり、かんたんに濡れ艶感も出せるので、おすすめのジェルアイシャドウです。塗り方もとってもかんたんで、指先で乗せて広げていくだけで綺麗な濡れ艶を出すことができます。

F3mb4lmgijzusmmu72et
プルンプルンの触り心地で、濡れたようなつやがでます。 その分、乾くまで時間がかかります。 ラメは、細かくオーロラのような感じなので、綺麗に仕上がってくれます。

とにかく可愛いですよね。 そこにあるだけでもう嬉しいコスメなのですが、見た目だけじゃありません。 一見ギラギラに見えるラメも瞼に乗せると自然な輝きになるし、しかも化粧もちがかなり良いです。 結構長いこと使用していますが未だに無くならないので、コスパも抜群だと思います。

セザンヌツーカラーアイシャドウラメシリーズ01
価格 ¥ 432

やり方

Zdtug4p94o5enixozlit

セザンヌのブラウン系アイシャドウは2色パレットで艶感を出すことができます。とくに、下地はピンクを乗せるだけでもしっかり艶が出せます。その上から、目のキワに濃いブラウンを乗せて指でなじませます。ラメが入ってるので、綺麗なグラデーションを作りながら濡れ艶を出すことができます。

今度またピンクとゴールドブラウンとこのお色を買いに行くと思います(笑) ただ、容器がほんとに小さくてチップが両端についてあるものは入りません。付属のチップは片側のみのものが入っていました。 容器にそのまんまアイシャドウの粉が入っているので、自分で別の容器にカスタマイズとかはできない感じです。 でもとても気に入りました。

ケイト アイシャドウ メタルグラマーアイズ BR-3
価格 ¥ 1,512

やり方

ケイトのメタルグラマーアイズは、目元に協調を出して強い影を作りたい人に適したアイテムです。ブラウン系は発色が良く、よれないので初心者さんでも使いやすいのが特徴です。濃いめになりすぎるとケバく見えて下品な仕上がりになるので、薄っすらつけると良いでしょう。

1 / 2