D9faxlggtvvqpwtpng5k

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

ニキビ跡の赤みを治したい!市販薬の選び方と病院治療のメリット・デメリット

2018.10.29

赤く残ったニキビ跡・・・目立ってしまうのはもちろん、これ以上ひどくなる前に治したいもの。ニキビ跡の赤みを治すのに市販の薬でも効果があるのでしょうか?気になる市販薬の選び方と病院で治療する場合のメリットやデメリットを紹介します!

目次

  1. ニキビ跡の赤み・・・市販薬で治すことはできる?
  2. ニキビ跡の正しいケア方法とNGケア
  3. 赤ニキビ跡にオススメの成分
  4. ニキビ跡をきちんと治すポイント
  5. ニキビ跡の赤みに市販薬は効くの?
  6. 市販の 【飲み薬 】と【塗り薬】の選び方
  7. 市販で買える 【ニキビ跡の赤み】 にオススメの 【飲み薬】 はこれ!
  8. 市販で買える 【ニキビ跡の赤み】 にオススメの 【塗り薬】 はこれ!
  9. 赤ニキビ跡のケアにオススメ 【リプロスキン】
  10. 病院治療の 【メリット】 と 【デメリット】
  11. 赤みのあるニキビ跡は市販薬&化粧品で自宅ケアできる!

イハダ プリスクリード

【第2類医薬品】イハダ プリスクリードD 14mL ※セルフメディケーション税制対象商品
価格 ¥ 1,771

医薬品有効成分が炎症を鎮め、ターンオーバーを促進してくれる『イハダ プリスクリード』。しっとりした使いで肌なじみの良いクリームです。

オロナインH軟膏

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 30g ×2
価格 ¥ 1,063

オロナインH軟膏は赤ニキビに効果のある薬としても有名です。しかし、白ニキビや黒ニキビに使用すると悪化してしまうことがあるので注意!色素沈着やクレーターなどのニキビ跡にはあまり効果がありません。

アットノン

【第2類医薬品】アットノン 15g
価格 ¥ 1,293

アットノンは血流を改善してターンオーバーを促進し、シミ・クレーターなどを目立たなくしてくれる効果があります。

I1vf8khisedamv4bc9jh
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTAdhInCQEFNvMWM0jkm3NndxrxDx65V2vtXDyZ12Z45Wt6-jfNBA
リプロスキン ベース ローション 100mL
価格 ¥ 6,048

リプロスキンは、ニキビ跡専用の化粧水です。肌の奥まで有効成分を浸透させることができる『天草エキス』が肌内部の炎症を抑え、ヒアルロン酸やスクワランなどの保湿成分で保湿効果も抜群!色素沈着も予防することができて美白効果もあります。赤ニキビ跡のケアにオススメのアイテムです。

Amazon カスタマー 5つ星のうち5.0買ってよかった! 2018年1月27日 Amazonで購入 数回使っただけでデコボコが目立たなくなりました!メイクしたらほぼフラットな肌に!(私はアイスピッククレーターです。)本当にびっくりしました。※別メーカーのピーリング、別メーカーのクレーター用美容液と併用して贅沢に使った結果です。

Doctor illust07 07
引用: http://www.fumira.jp/cut/medical/doctor2/doctor_illust07_07.gif

赤ニキビ跡を病院で治療をする場合、いったいどういったメリットとデメリットがあるのでしょう。簡単に説明します。病院といっても、皮膚科・美容皮膚科などの種類に分かれていてそれぞれ処置内容や金額も違ってくるので受診する際は気をつけるようにしましょう。

メリット

まずは皮膚科のメリット。皮膚科の場合、治療内容によって保険適用がある場合があります。治療は薬による治療が主になりますが、『面皰圧出』という処置も保険適用で施術することが可能です。メリットとして、保険がきくので費用を抑えることができる・医師に肌の状態を見てもらいながらケアすることができるなど。

美容皮膚科の場合は、ニキビ跡に効果のあるレーザー治療やピーリングなど様々な治療法を自由に選ぶことができるということです。ニキビ跡がひどい人も皮膚科で治らなくても美容皮膚科で治療すればかなり目立たなくすることも可能です。

デメリット

01 does birth control help or hurt acne 557823631 279photo studio africa studio 1024x683
引用: https://www.rd.com/wp-content/uploads/2017/05/01-Does-Birth-Control-Help-or-Hurt-Acne_557823631-279photo-Studio_Africa-Studio-1024x683.jpg

皮膚科のデメリットとして、保険適用外の治療ができない(最新の治療など)ことが一つ。その他にも、受診の時間が5分ほどと決まっているのでカウンセリングをしながらゆっくり施術ができる美容皮膚科とは違うのです。

皮膚科での保険適用の治療法は、内容が決まっているので美容皮膚科で受けられる治療法が受けられないことがあります。

Sprukrv2q1i3wmlcrefb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRMlVzPb4N94AlUYTNwn5x_nvyfb8lMK3qeH0yHss38jauTjHYcBA

美容皮膚科は、ほとんどが保険適用外の治療になります。全額自己負担なので、処置内容によってかなり高額になってしまうことがあるのもデメリット。レーザー治療などはニキビ跡に効果があると言われていますが、料金もかなり高額で数回施術することになるとそれだけでもかなりの負担です。

5 / 6