D9faxlggtvvqpwtpng5k

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

ニキビ跡の赤みを治したい!市販薬の選び方と病院治療のメリット・デメリット

2018.10.29

赤く残ったニキビ跡・・・目立ってしまうのはもちろん、これ以上ひどくなる前に治したいもの。ニキビ跡の赤みを治すのに市販の薬でも効果があるのでしょうか?気になる市販薬の選び方と病院で治療する場合のメリットやデメリットを紹介します!

目次

  1. ニキビ跡の赤み・・・市販薬で治すことはできる?
  2. ニキビ跡の正しいケア方法とNGケア
  3. 赤ニキビ跡にオススメの成分
  4. ニキビ跡をきちんと治すポイント
  5. ニキビ跡の赤みに市販薬は効くの?
  6. 市販の 【飲み薬 】と【塗り薬】の選び方
  7. 市販で買える 【ニキビ跡の赤み】 にオススメの 【飲み薬】 はこれ!
  8. 市販で買える 【ニキビ跡の赤み】 にオススメの 【塗り薬】 はこれ!
  9. 赤ニキビ跡のケアにオススメ 【リプロスキン】
  10. 病院治療の 【メリット】 と 【デメリット】
  11. 赤みのあるニキビ跡は市販薬&化粧品で自宅ケアできる!
408
引用: https://mensedge.net/wp-content/uploads/2016/04/408.jpg

どちらにも共通することが、保険適用と保険適用外の治療法があるということ。ニキビ跡の治療には、内容によって保険がきかないものもあるのでその場合は費用も高額になります。

D28wek14ghk6ekkifkei
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ2qpd4JVT6X3MuNzOg8cb7FNio8Vz-INta9VeebFrRy76l4a_7

これらのことを見ても、病院治療にはメリットだけでなくデメリットもあるということがわかります。特に『赤いニキビ跡』は病院に行かなくても(特に美容皮膚科)治すことが可能なのでレーザー治療やピーリングなどにお金をかけるのはやめておきましょう。

Pj4nd7scdpj4kt572qhw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRyiVOCZWXqeBFaKZy19532q3JnFycyXBIogOPX2hfe8LdFhfGh7g

レーザーやピーリングなど、治療法や肌の状態によって逆に肌にダメージを与えてしまうこともあるので注意が必要です。赤みのあるニキビ跡にはできるだけ肌に負担がかからない内服薬やスキンケアでの治療をしていくことが望ましいといえます。

Feng shui diet lose weight
引用: http://www.vssutipr.org/wp-content/uploads/2017/04/Feng-Shui-Diet-Lose-Weight.jpg

比較的症状の軽い赤みのあるニキビ跡。無理な治療やNG行為をしなければ自然に治ってしまうことが多いのが特徴ですが、自然にまかせるより回復を早めるためのサポートをしてくれる【市販薬】と【化粧品】を使ったほうが効果的!市販薬と化粧品をきちんと使って、できるだけ早く・きれいにニキビ跡を治していきましょう。