We0blrhde4a2mk60vt4t

ドリンク

CATEGORY | カテゴリー

コーヒーを飲む時間っていつが良いの?朝や食後など効果の違いを紹介

2018.06.11

皆さん、コーヒーはいつ頃飲んでいますか?朝目覚めたときに眠気覚ましとして、食後に口の中をスッキリさせるために、大好きだからちょくちょく飲む方。色々な方がいると思いますが、コーヒーには実は効果が薄い時間とそうでない時間があります。一体いつが適しているのでしょうか?

目次

  1. 朝の時間帯にコーヒーを楽しむ場合
  2. 昼の時間帯にコーヒーを楽しむ場合
  3. 夜の時間帯にコーヒーを楽しむ場合
  4. カフェインとコーヒーの効果とは?
  5. カフェインが効いている時間帯
  6. カフェインレスコーヒーをより楽める時間帯
  7. ダイエットにコーヒーが特に効果のある時間帯
  8. 血糖値を改善するコーヒーが特に効果のある時間帯
  9. 妊娠・授乳中の方がコーヒーをより楽しめる時間帯
  10. 効果を出しつつ美味しくコーヒーを飲むために

朝、目を覚まして覚醒させるために朝食後にコーヒーを一杯、という方も多いのではないでしょうか。科学ではカフェインの効果はストレスホルモンの量によって変化すると言われています。ストレスホルモンとは、ストレスを感じた時にだけ分泌されるものではなく、目を覚ます効果もあります。

Snul84nrxzsoohuun9f3

これは、起床した瞬間から徐々に増え始め、30分程で昼や夜の1.5倍にまでなります。ストレスホルモンにも目を覚醒させる効果があると言いましたが、このストレスホルモンとコーヒーの効果は重複しないのです。それどころか、覚醒している間にコーヒーを摂取したせいで耐性がついてしまい、その日はコーヒーの効果をまるで感じなくなってしまうのです。

Sxazzmdobwhusbxhlwum

じゃあ朝はいつ飲めばいいの?と言いますと、この寝起きのストレスホルモンが下がり始める9時半~11時半頃に飲むのが一番いいそうです。朝食後ではなく、会社に着いて鞄を下した後、家事が一通り済んだ後など、寝起きに一杯欲しいのをグッと我慢して朝は上記の時間帯にコーヒーを飲むとより効果を感じとれるのではないでしょうか。

Wf7ozanuicfxhevmwvof

先ほど説明したストレスホルモンには実は起床時だけでなく、昼の12~13時頃にも分泌が多いそうです。コーヒーには胃の消化を助ける働きもあるので、昼食後は一息ついてから、14~15時頃にコーヒーを飲むとホルモンの増える時間に被らず、覚醒効果を高めることができます。

Vi3fotfnxrgvonquovsf
1/5

続きを読む