F0dhiur1vmzshumfjqih

セルフネイル

CATEGORY | カテゴリー

【ネイル】オフィスでも大丈夫な可愛いおすすめのデザインを紹介!

2018.06.14

「ネイルがきれいだとテンションも上がる気がする」という女性は、少なくないのではないでしょうか。ですがオフィスとオフの時では、意識する色も変わってくることでしょう。オフィスシーンでも浮いたりすることなく、好感度が高くて可愛いおすすめネイルデザインをご紹介します。

目次

  1. オフィスネイルは「ペールトーン」で
  2. オフィスネイルの色数は抑えて・多色使いはガマン
  3. オフィスネイルの長さやモチーフ使いは控えめに
  4. オフィスネイルは「ギラギラ」に気を付けて
  5. 「上品さ」を大切にした仕上がりに
  6. ストーン使いはゴージャスになり過ぎないように
  7. オフィスネイルは「好印象」がキモ
  8. オフィスネイルでの「主張」はどこまでOK?
  9. オフィスネイルとパーソナルカラー
  10. パーソナルカラーのいいところ
  11. まとめ・オフィスネイルを簡単にオシャレに

ペールトーンとは「薄い」「淡い」などと表現されることが多いトーン(=色調)のことを指します。白にほんの少しだけ色がついたような色や、シャーベットのような可愛い色合いです。デザインとしてはコントラストが控えめな、目立ち過ぎないものがおすすめです。

ペールトーンは淡い色合いであるため、目立ち過ぎないのでオフィスネイルにピッタリです。ファッションシーンでは「浅い」トーンというイメージが強いようです。控えめなトーンですので、あまり厳しくない職場でしたら、こんな風に部分的にドット柄をあしらって可愛いらしく、遊び心をプラスしたデザインもよいでしょう。

ペールトーンをはじめ、色の基本についてまとめられたサイトです。

ペールトーンについて詳しく記載されています。図でも解説されているのでオススメです。

お勤め先の同僚や上司の年齢層、業種や環境にもよるでしょうが、控えめなデザインの方がお仕事中は無難ではないでしょうか。大ぶりなストーン使いや、何色も使うようなネイルはオフの日に満喫するとして、好感度の高い「おとな可愛い」ネイルデザインを心がけたいものです。

こうした色見本のプレートは、見ているだけでも楽しいものです。季節やお休みの日はカラフルに塗り分けたネイルも、きっと可愛いことでしょう。ただしオフィスネイルの場合は、1~2色でのデザインで、濃淡もトーンも控えめな「パステルトーン」や「ライトグレイッシュトーン」、「ペールトーン」などがおすすめす。

1/6

続きを読む