Iwrzfqjynfvotls0vid6

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

コーヒーの出がらしは肥料になる?乾燥させたり食べる方法をご紹介!

2018.06.09

皆さんコーヒーを淹れた後の出がらしはどうしていますか?大半の方がコーヒーを飲んだ後、そのまま捨ててしまっているのではないでしょうか?実はこの出がらし、乾燥させたり、肥料にしたり、食べるなど使い道がまだ残されていたんです!その使い道についてご紹介していきます!

目次

  1. コーヒーの出がらしの成分
  2. コーヒーの出がらしは植物の肥料になる!
  3. コーヒーの出がらしで肥料を作る!
  4. コーヒーの出がらしは、消臭剤になる!
  5. コーヒーの出がらしで消臭剤を作る!
  6. コーヒーの出がらしは灰皿になる!
  7. コーヒーの出がらしで靴磨き!
  8. コーヒーの出がらしがスクラブになる!
  9. コーヒーの出がらしでスクラブを作る!
  10. コーヒーの出がらしを食べる!?
  11. コーヒーの出がらしを使ったレシピ
  12. コーヒーの出がらしは肥料になる?乾燥させたり食べる方法をご紹介!【まとめ】
S61r07pdjief3rtydwfg
Gd8liifugbmp3yxtwgs8

コーヒーを飲むと、カフェインの効果で色々なメリットがある事が分かっていますが、その成分がほぼ出てしまった出がらしは、その99%が有機物で多くが炭素成分であり、窒素2%、リン酸0.2%、カリ0.3%程度が含まれています。この成分の内容を聞いてもピンとこないと思いますが、これと似た成分として肥料があります!
出がらしには植物の成長に必要な栄養が入っているということになりますね!
また、コーヒーの出がらしの構造は、小さい穴(通常はこの穴の中にコーヒーの香りのもとであるコーヒーアロマが詰まっています)が沢山空いている形状をしていて活性炭と同じような構造をしています。この穴は畑の肥料にかかせない微生物が繁殖するのに適した環境なんです。
この成分と構造の特徴を生かしてコーヒーの出がらしは、捨てるにはもったいない優秀すぎる使い道がある
のです!

Dwlmdqkwxbfxsvvvsely
Dkijhbjponcvnlzraty4

コーヒーには、カフェインとポリフェノールが含まれており、これが発芽を阻害する物質になります。そのためコーヒーをそのまま畑に撒いてしまうと畑の作物の成長を阻害してしまうことになります。そのままでは作物の成長を妨げてしまうコーヒーですが、コーヒーの出がらしは先ほどご紹介したように、作物を成長させる優秀な肥料としても使う事ができる成分がはいっています!
さらにコーヒーは強い酸性の物質なので肥料の臭いを吸収してくれます。コーヒーは肥料にするのに向いているんです。科学肥料と違い食品から作られているので安全性も非常に高いのです!

Ned48l3ff952pvxzbayt

コーヒーの出がらしを肥料にする方法とは、おがくずやもみがらなどの有機肥料とコーヒーの出がらしを混ぜて、約1か月程発酵をさせます。こうする事で発芽阻害が分解され、コーヒーの出がらし本来の肥料と同じ成分の働きが生かされ、肥料として利用できるようになるのです!そして、出がらしの形状である小さい穴が空いている構造が、微生物が住みやすい環境となり、微生物の豊富な優良な肥料になるわけです。コーヒーの出がらしで作った肥料は、栄養分が豊富に含まれているので、植物を育てる時にはとても品質の良い肥料になるのです!普段出がらしを捨てていた方も、栄養価満点の畑の作物の成長を促す為の肥料を作ってみてはいかがでしょう?

Zjec76zgs3ljnndn6dmq

先程ご紹介したように、コーヒーの出がらしは活性炭と同じように小さい穴がたくさん空いている構造をしているため、匂いを吸収しやすいそうです。また、酸性なので、アルカリ性のアンモニア臭を中和してくれます!しかも、コーヒーの出がらしには、活性炭の5倍のアンモニア臭を消す効果があると言われています。大手コーヒーメーカーの実験でも、コーヒーの出がらしが活性炭よりも脱臭効果がある事が科学的に認められています!

1 / 4