Nadxvnjcrazwnavfxtvt

美容

CATEGORY | カテゴリー

汗のかきすぎで病気になる!?運動中には適切な対策をとるべき!?

2018.07.30

汗をかくことは体温調節の上でとても大切なことです。でも、汗のかきすぎでうっかりすると病気になる危険性もあります。運動中などは特に適切な対策を頭に入れておく事が命を守る上でとても大事です。汗のかきすぎで注意すべき頭痛などの病気と運動中の適切な対策を解説します。

目次

  1. 汗のかきすぎで病気になる
  2. 汗をかきすぎたら水分補給
  3. 汗のかきすぎで補給する水分には塩分も大切
  4. 汗をかきすぎた時に水分補給するタイミングは
  5. 汗をかきすぎた時に摂取する水分量の目安
  6. 汗をかきすぎて水分が足りていないサインは
  7. 汗をかきすぎた時の頭痛について
  8. 熱中症の頭痛は長引く事がある
  9. 熱中症の応急処置
  10. 熱中症の重症度と対処法
  11. 汗をかきすぎた時には適切な対策が大事
Sy8j9dizp1nlehiqbqgg

人間は体温が上昇すると汗を出して気化熱を利用して体温を下げ、適温を保ちます。汗をかくことは健康にとても良いことです。しかし、汗のかきすぎで病気になることもあります。汗をかいたら水分補給、と良く言われていますがそこにはもう少し補足が必要です。ただの真水だけではかえって病気になることもあります。また、汗のかきすぎで頭痛が起きる、そんな症状が出てきた時には迅速な対応が必要です。うっかりと病気にならないようにしっかりと対策を練りましょう。

Gncjonbfe0hbejg76ljd
Qvxyuvwgcobp3ehiuw98

人間の体は1日に1.2リットル〜2リットルほどの水分を補給する事が必要です。汗をかいたらその分の水分を体に入れるようにしましょう。特に夏は水分補給に気をつけましょう。運動などで汗をかきすぎた時には特に気をつけましょう。汗をかきすぎて体に水分が足りなくなると脱水症状や熱中症を引き起こします。全身の倦怠感や頭痛や嘔吐、判断力が鈍ってきたり意識がもうろうとしてきたら要注意です。体のサインに敏感になり、適度なタイミングで適度な水分補給をするようにしていきましょう。

Wyc4hcijjaignlspatc6
1/6

続きを読む