2018年07月30日 UPDATE

汗のかきすぎで病気になる!?運動中には適切な対策をとるべき!?

汗をかくことは体温調節の上でとても大切なことです。でも、汗のかきすぎでうっかりすると病気になる危険性もあります。運動中などは特に適切な対策を頭に入れておく事が命を守る上でとても大事です。汗のかきすぎで注意すべき頭痛などの病気と運動中の適切な対策を解説します。

目次

  1. 汗のかきすぎで病気になる
  2. 汗をかきすぎたら水分補給
  3. 汗のかきすぎで補給する水分には塩分も大切
  4. 汗をかきすぎた時に水分補給するタイミングは
  5. 汗をかきすぎた時に摂取する水分量の目安
  6. 汗をかきすぎて水分が足りていないサインは
  7. 汗をかきすぎた時の頭痛について
  8. 熱中症の頭痛は長引く事がある
  9. 熱中症の応急処置
  10. 熱中症の重症度と対処法
  11. 汗をかきすぎた時には適切な対策が大事

汗のかきすぎで病気になる

Sy8j9dizp1nlehiqbqgg
人間は体温が上昇すると汗を出して気化熱を利用して体温を下げ、適温を保ちます。汗をかくことは健康にとても良いことです。しかし、汗のかきすぎで病気になることもあります。汗をかいたら水分補給、と良く言われていますがそこにはもう少し補足が必要です。ただの真水だけではかえって病気になることもあります。また、汗のかきすぎで頭痛が起きる、そんな症状が出てきた時には迅速な対応が必要です。うっかりと病気にならないようにしっかりと対策を練りましょう。
Gncjonbfe0hbejg76ljd

汗をかきすぎたら水分補給

Qvxyuvwgcobp3ehiuw98
人間の体は1日に1.2リットル〜2リットルほどの水分を補給する事が必要です。汗をかいたらその分の水分を体に入れるようにしましょう。特に夏は水分補給に気をつけましょう。運動などで汗をかきすぎた時には特に気をつけましょう。汗をかきすぎて体に水分が足りなくなると脱水症状や熱中症を引き起こします。全身の倦怠感や頭痛や嘔吐、判断力が鈍ってきたり意識がもうろうとしてきたら要注意です。体のサインに敏感になり、適度なタイミングで適度な水分補給をするようにしていきましょう。
Wyc4hcijjaignlspatc6

汗のかきすぎで補給する水分には塩分も大切

Qycvhwokporcnjoebyse
汗には塩分が含まれています。人間の血液には0.9%の塩分が含まれていて、大量に汗をかいた際に真水だけを摂ると体内のナトリウム濃度を薄めてしまうことになります。すると体が自然ともう水は必要ない、と判断してしまい、水を飲みたくなくなるので体内の水分が少なくなり脱水症状が起こり、熱中症になる、という仕組みです。そこで対策として、運動などをして汗をかきすぎた時には水分と同時に塩分と糖分を摂りましょう。0.1~0.2%の塩分と糖分を含んだ飲料がオススメです。激しい運動の際には4~8%の糖質を含む飲料が良いでしょう。適量のナトリウムと糖分を含んだ飲料にはアイソトニック飲料やハイポトニック飲料があります。人間の体液と同等の浸透圧で体内にゆっくりと吸収されるのがアイソトニック飲料、体液よりも浸透圧が低く吸収が早いのがハイポトニック飲料です。

汗をかきすぎた時に水分補給するタイミングは

Ytr7odimeq6d2dtgfytz
汗をよくかく作業や運動の時の水分補給する最適なタイミングは「のどが乾く前に」「ひんぱんに」です。実は「のどが乾いた」と感じた時点ではもう体が渇いている状態なのです。なので「のどが渇く前に」水分を取る事が大切になってきます。また、一度に大量に水分を摂取してしまうと余分な水分が尿として出てしまいますので「少量をひんぱんに」摂る事が必要になってきます。普段あまり水分を摂らないタイプの方は時間を決めて水分補給をするのはいかがでしょうか。1時間に1度コップ一杯程の水分を摂ったり、生活の節目節目にお水を飲む習慣をつけたりすると無理無く水分補給ができるのではないでしょうか。運動をする時には特にその前後でいつもより多めの水分を摂る事が大切です。
Ldew4y6gad5u73vaxzlf

汗をかきすぎた時に摂取する水分量の目安

G5wuvbw5adpgdfq6bx5w
摂取する水分量の目安には個人差があります。それを踏まえた上での大体の目安ですが、まず、暑い日の運動時にはペットボトル1~2本では足りないでしょう。中高生でしたら4~5リットル必要な場合もあります。発汗量から考えましょう。通勤・通学の移動などですと1時間で200ミリリットルほど、8時間ほどの睡眠で500ミリリットルほど、サッカーなど激しい運動の1.5時間で2リットルほどの汗をかくというデータもあります。これらを目安にして、シチュエーションによって必要な水分を補給するようにしてください。

汗をかきすぎて水分が足りていないサインは

Kerxdqrstzma8gsjctxb
尿が出ていなかったり、脈が速かったりする場合は体に水分が足りていないサインです。速やかに水分や塩分を補給しましょう。1分に50~90回の脈拍なら正常ですが、90回以上でしたらあきらかな水分不足です。また、多くの人は2~4時間に1度程の尿の排出があります。個人差はありますが、普段の自分の回数と比べて減っているようでしたらやはり水分や塩分を補ってください。
Amfnfarqaaqg12hhonm1

汗をかきすぎた時の頭痛について

Xotisdwdzjclv3xbsdow
熱中症になると体内に熱がこもって出て行かなくなります。その熱と脱力などが原因で血液の中に炎症物質ができて増えていきます。この状態になると体が頭痛という危険信号を出します。体が熱くてダルさや吐き気なども伴い、風邪の症状にも似ているので間違ってしまう場合もあるかもしれません。でも、市販の頭痛薬を飲んでも熱中症の症状の頭痛は改善しません。むしろ、重い熱中症の時に市販の頭痛薬を飲んだりすると血圧が下がって危険な状態を招きかねません。熱中症の頭痛の場合は体を冷やして休み、水分と塩分を摂り、なるべく早く医療機関を受診して専門医の指示に従いましょう。
Friurxmjgnhwqd2j3aq1

熱中症の頭痛は長引く事がある

J4jyisoejfw3nmhgmzrp
体を冷やして塩分が適度に入った水分を取ることで快方に向かう事の多い熱中症ですが、実は体内のバランスが元に戻り切るまで時間がかかる事もあります。体が元の状態に戻るまで数日かかる事もあるので、その間、頭痛やダルさが続く事になります。その期間はまだ熱中症に対する抵抗力が万全ではないので再び熱中症にかからないように無理は避けるようにしましょう。

熱中症の応急処置

Ekmomesrgdfuthhxasqq
熱中症だな、と思ったら、直射日光を避け風通しの良い日陰に移動しましょう。空調の効いた部屋に移動できるようでしたら移動して体を冷やして休ませてください。首や脇の下、足の付け根などの太い血管のある場所に濡らしたタオルか布に包んだ保冷剤などを当てて更に効率よく体を冷やすようにします。そして、水分や塩分を十分に摂ってください。ただ、反応が鈍かったり意識が無かったりする場合は重度の熱中症ですので、この方法では逆効果の場合もあります。その場合は速やかに病院を受診するか救急車を呼んでください。

熱中症の重症度と対処法

P6xcxxtsxyzahcuiu20a
熱中症で頭痛の症状がある場合は医療機関の受診が必要です。熱中症の重篤度の度合いは3段階に分けられています。

1度

Ggei997dkhbcyowubr3r
症状は「めまい」「立ちくらみ」「吐き気」「生あくび」「大量の発汗」「筋肉痛」「筋肉の硬直(こむら返り)」で、その場合には風通しの良い日陰で体を冷やして水分と塩分を取るなどの応急処置を施し、その場に応じた臨機応変な処置を行ってください。

2度

Xcnn34uhkuoanzk9c5pq
症状は「頭痛」「嘔吐」「だるさ」「脱力感」「集中力や判断力の低下」などがあり、この場合は医療機関の専門的な処置が必要です。速やかに病院などの医療機関の指示を仰いでください。

3度

Vtne58ywequepljexgad
症状は「意識や反応が低下する」「全身がけいれんする」です。この場合は速やかに医療機関に移動する事が大切です。採血等の検査を行い、結果によっては入院や集中治療が必要になるかもしれません。

汗をかきすぎた時には適切な対策が大事

Mrzuyxcladalld8ub4az
いかがでしたでしょうか。汗のかきすぎで対応を誤ると病気になってしまいかねないので十分に気をつけましょう。汗をかきすぎた時には脱水や熱中症に注意が必要です。病気の対策の為に水分を摂る時間を決めましょう。また、運動の前と後には特に水分と塩分を補給しましょう。「のどが渇いたな」と思う前に塩分と水分を摂りましょう。尿の頻度が少なくなっていないか、脈が早過ぎないかチェックしましょう。熱中症で頭痛の症状がある時には速やかに医療機関を受診しましょう。適切な対策を立てて汗のかきすぎで訪れるかもしれない病気に立ち向かいましょう。
L5d6myef4sxbs4gbkksn