V1zpxdvfx0vc9jdug6yx

セルフネイル

CATEGORY | カテゴリー

【セルフネイル:ピンク】かわいいピンクのデザインネイル10選

2018.10.08

時間がなくてもセルフネイルでかわいいピンクのデザインをやってみたい!この記事を読むと、簡単にセルフネイルでデザインネイルを描くことができるようになります。シールでは出せないピンクの味わいと、ネイルサロンで施術したようなアートが描けるコツを伝授します。

目次

  1. ピンクのネイルはどんな特徴があるの?
  2. セルフネイルでデザインをするポイント
  3. 舞い散るピンクの花びらネイルアート
  4. セルフネイルで身につけたい!ピンクのグラデーション
  5. 女の子らしさ満載!ピンクのチークネイル
  6. セルフネイルとは思えない!ピンクの大理石ネイル
  7. 冬は特におすすめ!セルフネイルでできるツイード柄ネイル
  8. ピンクがさりげなく映える!アーガイルネイル
  9. ピンクのマニュキュアで作る、チーク柄ネイル
  10. セルフネイルで簡単にできる!いちごミルクネイル
  11. シンプルでオフィス向き!ピンクのラメマニュキュア
  12. セルフネイルでもこんなにたくさんのデザインに挑戦できます
  13. こちらの記事もご参考にしてください!

ピンクのネイルは色味の幅が広いので、たくさんの楽しみ方ができます。セルフネイルでも色を作りやすいので、柔らかい印象から女性らしい印象まで、デザインでいろいろな見せ方ができます。そして派手なネイルが禁止されている方も使いやすい色という特徴があります。もし今までネイル=派手のイメージがあったのであれば、ぜひピンクでセルフネイルデビューをしてみてはいかがでしょうか?

柔らかい印象を与える

ジェルネイルでは特に柔らかい印象を与えます。白を混ぜるとほんのりと色着いたピンクになりますし、クリアジェルを混ぜると透明感のあるピンクになって、女性らしい繊細なイメージをネイルで表現できます。薄めのピンクには濃いめのデザインも薄めのデザインも映えますし、たくさんのデザインを楽しむことができます。

派手になりにくい色合いにできる

ネイルのイメージは、ストーンを乗せたり派手なイメージを持っている人も多いんです。ですが、ピンクはジェルの混ぜ方で派手になりにくい色合いをセルフネイルで作ることができます。もし「ピンクはかわいいけれど発書奥が良すぎて…」と思っているのであれば、ベージュを混ぜても大人の雰囲気あるピンクを施すことができます。

マニュキュアでも、かなり薄いピンクも販売されていますので、薄めにつけることでより目立ちにくい色合いを出すことができます。マニュキュアでもジェルでも基本は2度塗りでその色が持つ発色が出せますが、場合によっては1度塗りで楽しむこともセルフネイルならではの方法です。

思い切って描いてみる

ジェルでデザインを施すときは、思い切って描くようにしましょう。ジェルは時間が経てば経つほど流れていってしまいます。皮膚についたまま硬化してしまうと、そこから浮いてきてもちが悪くなります。時間をかけず思い切って描くことで、きれいなデザインに仕上がります。

マニュキュアの場合も、ハケの動かすスピードが遅いと固まってしまって、上から塗れば塗るほどせっかく塗った部分を掘ってしまいます。掘ってしまうと仕上がりも悪く、上からマニュキュアを塗ってもぼこぼこになるだけです。マニュキュアの場合もジェルの場合もハケ圧をかけずに優しいタッチで塗るように心がけましょう。

凹凸がないように仕上げる

ジェルもマニュキュアでも、表面に凹凸があると写真の洋に光がきれいに入りません。光が屈折したように見えてしまって、せっかくのデザインもきれいに見えなくなってしまいます。ジェルもマニュキュアも「セルフレベリング」といって、表面張力を使ってなめらかになる力がありますので、表面を1回塗ったら、セルフレベリングを待って、横からみてへこんでいるところにジェルは糸状にジェルを誘導するようにしましょう。マニュキュアの場合はセルフレベリングで凹凸がなくなるので、表面を必要以上にいじらないようにしましょう。

1/7