Cim30acbzubivedhfbth

心理

CATEGORY | 心理

【ドレス】赤は結婚式でマナー違反?正しいマナーや人気コーデを紹介

2018.07.11

結婚式のゲストドレスに赤はマナー違反なのか、いま一つハッキリしなくて着るのを敬遠していませんか?じつは赤は結婚式におすすめのカラーなんです。せっかくなので結婚式を華やかに盛り上げられるように、正しいマナーと人気の赤いドレスのコーデを押さえておきましょう。

目次

  1. 結婚式に赤いドレスはマナー違反?
  2. 結婚式に赤いドレスが着られないわけ
  3. 結婚式で赤いドレスがマナー違反になる場合
  4. 結婚式でマナー違反になるNGコーデ
  5. 結婚式で赤いドレスを着こなすには
  6. 結婚式の赤いドレスに合うカラーコーデ
  7. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-1
  8. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-2
  9. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-3
  10. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-4
  11. まとめ

友達と結婚式に着ていくドレスの話をしている時に、赤いドレスはマナー違反では?と聞いたことはありませんか?絶対に結婚式に着たらいけない色は純白ですが、実は赤はマナー違反ではないんです。どういうことなのかみてみましょう。

赤いドレスはおすすめカラー

結婚式はとてもおめでたいことですね?おめでたい時には紅白のお祝いカラーを使います。花嫁だけのカラーは純白ですから、白コーデは着られません。でも、赤はお祝いの気持ちをあらわすカラーなので、結婚式にはおすすめです。着ている人は少なく感じるかもしれませんが、実際結婚式のゲストドレスでは、赤のドレスが人気なんです。式を華やかに盛り上げるなら赤は最高です。是非着てみましょう。

マナー違反ではないのに、なぜマナー違反かも知れないといわれるのでしょうか?それは赤い色の強さからくる、雰囲気が気になるからです。「真っ赤を着るなんて派手過ぎないかしら?」とか「式で目立ちすぎるのでは?」という自信のなさから敬遠しがちになっているんですね。

また、花嫁のお色直しが赤のドレスや打ち掛けで、被ったら失礼になるからと、やはり遠慮してしまっているんです。でも、たとえばピンクやブルー、パステルカラーなど、よくお色直しで着られますが、出席者の誰もその色と被らないことはありませんよね?もし気になるなら、予めお色直しの時の色を確認して被らないなら、赤いドレスを着てみましょう。

ただし、特別な理由で赤いドレスはマナー違反になってしまう場合があります。それは花嫁・花婿の親族が着ている場合です。親族は結婚式の出席者をおもてなしする立場なので、出席者よりめだったり派手だったりすることは良くないからです。そして、花嫁のお色直しが赤いドレスと知らされている場合は、当然マナー違反になりますので避けましょう。

結婚式での正しいマナーは、花嫁が主役の式を華やかに盛り上げてお祝いすることです。その中で、マナー違反になるコーデを知って、気をつければ、式は雰囲気良くいられますよね?ここではそのポイントをみていきましょう。

結婚式のNGコーデ/ドレス・ワンピース

まず、ドレスやワンピースですが、花嫁と同じ純白は厳禁です。さらにベージュや、薄い黄色は写真などで真っ白に写る場合がありますので、避けるましょう。ボレロなど羽織り物も透ける素材でないと白く見えてしまいます。テーブルでは上半身だけ見えるので控えましょう。昼間の式では過度に露出した服は控えましょう。(夜は羽織り物があればO.K.です。)殺生を想像させる動物柄や皮製品、毛皮、ファーもNGコーデになります。

1 / 3