2018年07月11日 UPDATE

【ドレス】赤は結婚式でマナー違反?正しいマナーや人気コーデを紹介

結婚式のゲストドレスに赤はマナー違反なのか、いま一つハッキリしなくて着るのを敬遠していませんか?じつは赤は結婚式におすすめのカラーなんです。せっかくなので結婚式を華やかに盛り上げられるように、正しいマナーと人気の赤いドレスのコーデを押さえておきましょう。

目次

  1. 結婚式に赤いドレスはマナー違反?
  2. 結婚式に赤いドレスが着られないわけ
  3. 結婚式で赤いドレスがマナー違反になる場合
  4. 結婚式でマナー違反になるNGコーデ
  5. 結婚式で赤いドレスを着こなすには
  6. 結婚式の赤いドレスに合うカラーコーデ
  7. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-1
  8. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-2
  9. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-3
  10. 結婚式に人気の赤いドレスコーデ-4
  11. まとめ

結婚式に赤いドレスはマナー違反?

友達と結婚式に着ていくドレスの話をしている時に、赤いドレスはマナー違反では?と聞いたことはありませんか?絶対に結婚式に着たらいけない色は純白ですが、実は赤はマナー違反ではないんです。どういうことなのかみてみましょう。

赤いドレスはおすすめカラー

結婚式はとてもおめでたいことですね?おめでたい時には紅白のお祝いカラーを使います。花嫁だけのカラーは純白ですから、白コーデは着られません。でも、赤はお祝いの気持ちをあらわすカラーなので、結婚式にはおすすめです。着ている人は少なく感じるかもしれませんが、実際結婚式のゲストドレスでは、赤のドレスが人気なんです。式を華やかに盛り上げるなら赤は最高です。是非着てみましょう。

結婚式に赤いドレスが着られないわけ

マナー違反ではないのに、なぜマナー違反かも知れないといわれるのでしょうか?それは赤い色の強さからくる、雰囲気が気になるからです。「真っ赤を着るなんて派手過ぎないかしら?」とか「式で目立ちすぎるのでは?」という自信のなさから敬遠しがちになっているんですね。
また、花嫁のお色直しが赤のドレスや打ち掛けで、被ったら失礼になるからと、やはり遠慮してしまっているんです。でも、たとえばピンクやブルー、パステルカラーなど、よくお色直しで着られますが、出席者の誰もその色と被らないことはありませんよね?もし気になるなら、予めお色直しの時の色を確認して被らないなら、赤いドレスを着てみましょう。

結婚式で赤いドレスがマナー違反になる場合

ただし、特別な理由で赤いドレスはマナー違反になってしまう場合があります。それは花嫁・花婿の親族が着ている場合です。親族は結婚式の出席者をおもてなしする立場なので、出席者よりめだったり派手だったりすることは良くないからです。そして、花嫁のお色直しが赤いドレスと知らされている場合は、当然マナー違反になりますので避けましょう。

結婚式でマナー違反になるNGコーデ

結婚式での正しいマナーは、花嫁が主役の式を華やかに盛り上げてお祝いすることです。その中で、マナー違反になるコーデを知って、気をつければ、式は雰囲気良くいられますよね?ここではそのポイントをみていきましょう。

結婚式のNGコーデ/ドレス・ワンピース

まず、ドレスやワンピースですが、花嫁と同じ純白は厳禁です。さらにベージュや、薄い黄色は写真などで真っ白に写る場合がありますので、避けるましょう。ボレロなど羽織り物も透ける素材でないと白く見えてしまいます。テーブルでは上半身だけ見えるので控えましょう。昼間の式では過度に露出した服は控えましょう。(夜は羽織り物があればO.K.です。)殺生を想像させる動物柄や皮製品、毛皮、ファーもNGコーデになります。

結婚式のNGコーデ/ヘア&アクセサリー

ヘアは長ければアップかハーフアップなど、きちんとまとめるのがマナーです。またアレンジは大きく盛ってゴージャス過ぎはNGです。ヘアアクセサリーのコサージュは大きすぎるものは避けましょう。花嫁より目立ってしまいます。また、ラメなどは料理に落ちたりすると失礼です。ヘアピンやヘアアクセサリーは、キラキラ光るものはライトやフラッシュに反射するので避けましょう。

結婚式のNGコーデ/アクセサリー&小物

先ほどもキラキラ反射するものはNGとご説明しましたが、アクセサリーや小物も気をつけます。ティアラは花嫁と被る可能性があります。時計はしません。季節外れやカジュアル過ぎるものはNGです。シルバーやゴールドはカジュアルなデザインはNGです。アクセサリーや小物は派手すぎず、デザイン性のあるもので、式場の雰囲気や周りに合わせましょう。大きいバッグやセカンドバッグに紙袋はNGです。クロークに預けましょう。

結婚式のNGコーデ/足元

S7bya1jzhrlxlolgjpuo
結婚式には露出の少ないパンプスを履くことが基本です。妊娠している、足が悪いなどの理由がなければ、平らな靴はNGです。また、オープントゥやミュール、サンダル、ブーツもNGです。ただし、結婚式の雰囲気にあっていればいいでしょう。素足はマナー違反ですから、必ずストッキングをはきましょう。黒は葬儀のイメージなので避けましょう。伝線は恥ずかしいので、予備を持っていくと安心です。

結婚式で赤いドレスを着こなすには

結婚式で赤いドレスを着こなすには、自分に合ったものが一番ですね。ではここではどんな基準で選べばいいかご紹介していきましょう。

年代に合うカラーを選ぶ

Eniruugnkpixxoixpro0
では赤いドレスを選んでみましょう。いくら若くても落ち着いて見えるとか、40代でも若見えするといっても、やはりフォーマルな席ですから年齢に合うカラーを選ぶことをおすすめします。10代~20代は明るく鮮やかな赤、30代でピンクは派手と考える方にも明るめの赤はおすすめです。30代~40代では落ち着いた赤やワインレッド、ボルドーなどがおすすめです。

小物でトーンダウン

それでも赤のドレスはちょっと自信がないなら、ボレロやバッグ靴などの小物でトーンダウンしましょう。黒は赤ととても相性が良く、上品さや高級感も演出します。引き締まるさし色になってくれるので、取り入れてみましょう。また、黒は秋冬のイメージがありますので、秋冬の時季はワインレッドなど落ち着いたカラーに黒を取り入れるのは、年齢に関係なく人気です。

デザインに気をつける

Nfs5opgefuzunv41r429
結婚式に赤いドレスはおすすめですが、フォーマルな席なことと、長時間座っていたり料理を食べたりしますのでデザインにも気を配りましょう。体にぴったりしたデザインや極端に短い丈はNGです。ウエストのポイントがあってもあっさりしていたり、ウエスト回りを締めつけないデザインが良いでしょう。すとんとしたワンピースタイプなどもスッキリしておすすめです。

結婚式の赤いドレスに合うカラーコーデ

赤いドレスだけではコーデとして引き締まりません。相性のいいカラーを羽織り物やアクセサリーや小物で完成させましょう。ここでは赤と相性のいい4色をご紹介します。
【黒】上下すべて黒一色は葬儀のイメージでNGですが、服の上下どちらかや小物に入れると引き締まります。
Cjqcya7uzaklw1jo6s4o
【白】赤と合わせるとおめでたいカラーです。
Kp7fvdclev9av39ktti8
【ネイビー】紺よりも華やかで赤も引き立てます。
Mob3h6xuv6ndwjjqx54z
【シルバー】アクセサリーやバッグ、ベルトなどカジュアルにならないデザインで合わせましょう。
Gw5wwbsqr4vah5xbps1b
【ゴールド】ドレスの飾りややベルト、バッグ、靴などに華やかなアクセントになります。
Hcksnm64bdho5um2qqlr

結婚式に人気の赤いドレスコーデ-1

落ち着いて上品な赤のドレスです。レースの透け感でひざ下丈のフレアでも軽やかさが感じられます。ウエストの小さなリボンがかわいいです。

結婚式に人気の赤いドレスコーデ-2

ワインレッドと黒もコーデです。黒で上品さと落ち着いて見えます。光沢のあるスカートが派手すぎず華やかですね。

結婚式に人気の赤いドレスコーデ-3

少し落ち着いた赤のドレスです。ピンクが派手と考えている方におすすめです。ウエストの鮮やかなリボンがアクセントになっています。赤1色ではなく、おめでたいカラーの紅白で結婚式にピッタリです。

結婚式に人気の赤いドレスコーデ-4

落ち着いたボルドー系の赤です。紺のシルクのボレロが高級感があって結婚式の華やかさに合っています。

まとめ

赤いドレスは結婚式だからこそ!と、着てみたくなっちゃいましたか?普段着ないカラーでも、お祝いだからこそ着られるんですね。いつもと違うおしゃれなヘア・メイクで、楽しい時間を過ごしてみましょう!