Omf1eap6cd7fiwad34yz

ヘアケア

CATEGORY | カテゴリー

髪がパサパサで広がる人必見!シャンプーを変えると髪質も変わる!?

2018.07.10

「髪がパサパサして広がる」と悩んでいる人はいませんか?パサつきや広がりでは好きな髪型を楽しめない事も。そんな髪のお悩みはシャンプーやトリートメントを変えるだけで改善出来ちゃうんです。シャンプーの選び方を見直してパサパサ広がる髪型とサヨナラしましょう。

目次

  1. 乾燥や湿気で髪が広がりパサパサする…
  2. パサパサ広がる髪はヘアケアも原因かも?
  3. パサパサや広がる髪に効果的なシャンプーの選び方
  4. 正しいシャンプー方法
  5. 髪がパサパサで広がる人におすすめのシャンプー【uruotte】
  6. 髪がパサパサで広がる人におすすめのシャンプー【モイストダイアン】
  7. パサパサや広がる髪に効果的なトリートメントの選び方
  8. 髪がパサパサで広がる人におすすめのトリートメント【fino】
  9. パサパサ広がる髪におすすめのトリートメント【ラサーナ】
  10. 広がる髪は毎日のシャンプーで改善を目指しましょう
Qjchul3gufiyarx90hth

傷みやうねり等髪の悩みって尽きないですよね。中でも多くの人が悩まされているのが髪の広がりとパサつきです。乾燥する冬や、ジメジメする梅雨の季節は特に酷いと感じるのは何故なのでしょうか。雨の日は髪型が決まらないからとまとめ髪にする人も多いのではないでしょうか。

X19a9pc1wni58jlqgfo4

髪はとてもデリケートなもので、水分の影響を非常に受けやすいのです。髪が持つベストな水分量は11%〜13%程と言われていますが、乾燥しやすい冬は水分量が足りなくなりパサつきやすくなってしまいます。また、湿気により髪が広がるのには髪のダメージ具合が大きく影響しています。髪はダメージを受けるとューティクルが剥がれてしまいます。その剥がれた部分に水分を溜め込んでしまい髪が膨張する事で全体的にボリュームが出て広がってしまいます。髪型の広がりを防ぐにはダメージケアが不可欠となってきます。

Debeuuyjrnfcbo1feqtd

髪のダメージが原因でパサつきや広がりが起きているのはご存知の方も多いかもしれませんが、実は髪のケアそのものがダメージを与えているのかもしれません。ダメージケアのつもりで行なっているトリートメントや毎日のシャンプーは洗浄力の強すぎる物を使っていませんか?洗浄力の強いシャンプーはさっぱりとして爽快感を得る事は出来ますが、洗浄力が強すぎるために髪に必要な水分や油脂までも洗い流してしまいうるおいを失いかねません。

Nycjd5mtpkg9u2dhqnvl

さらにパサつきや広がりを抑えたいばかりに過度なブローやブラッシングはしていませんか?無理なブラッシングは髪の負担となり切れ毛が発生します。髪は切れた断面からも水分を放つのでより水分を失い髪をパサつかせているかもしれません。

パサつきや広がりはシャンプーが原因かもしれないとなると、どのようなシャンプーを選べば良いのかは重要です。

Sthi63nspa7fbdcbamxu

まずは保湿成分をチェックしてみましょう。綺麗な髪を維持する為には髪や頭皮に適切な水分と油分のバランスを保つ必要があります。シャンプーに含まれる事のある代表的な保湿成分として「セラミド」「シアバター」「ヒアルロン酸」「アルガンオイル」等が挙げられます。保湿成分をしっかりと取り入れて乾燥ケアの出来るシャンプーを選びましょう。

そしてもう1つ注目したいのが洗浄成分です。結論から言うと、今人気で増えつつある「アミノ酸系シャンプー」が良いと言えます。アミノ酸系シャンプーよりも比較的安価に変える一般的なシャンプーはラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム等の硫酸系洗浄成分が使用されています。この硫酸系洗浄成分が非常に強力で、髪や頭皮から必要な水分まで洗い落としてしまうのです。

Jw9do3acvw5hsrpnhhhf

一方で、タンパク質の原料である「アミノ酸由来」の洗浄成分が使われたアミノ酸系シャンプーは、肌や髪と同じ弱酸性で、保湿効果が期待できます。美容室で使用されている高品質なシャンプーにはアミノ酸系の物が多いです。

また、一般的に良いと言われているノンシリコンシャンプーですが、シリコンシャンプーが決して悪い物であると言うわけでもありません。シリコンとは、ケイ素から作られる合成樹脂で、化粧品やヘアワックス等にも使用されています。シャンプーにおいては、髪をコーティングするように働きかけるので、キューティクルを保護してサラサラな髪へと仕上げます。

シリコンが悪いと言われる理由は、髪だけでなく頭皮にまでコーティングをしてしまい毛穴詰まりや肌トラブルを起こしてしまうからであると言われていますが、実際には科学的な根拠はなくすすぎをしっかりと行えば何の問題もないと言う声も上がっています。ノンシリコンのシャンプーが髪に良いのは確かですが、キューティクルの剥がれによって酷くパサつき広がる髪にはシリコンシャンプーを選ぶ方が効果的であるとも言えます。

シャンプーを行う際にも髪や頭皮に負担をかけない事を心掛けましょう。シャンプーを始める前にまずは、髪の汚れを浮かび上がらせてシャンプーの効果を最大限に発揮できるよう優しく髪をブラッシングしましょう。さらにシャンプーを乗せる前にお湯洗いをすると良いでしょう。ブラッシングとお湯洗いで髪についた汚れの8割程度は落とすことが出来ます。

Wn2xaqgzaiysd3tzt4vi

シャンプー時のお湯の温度にも注意が必要です。少し熱めのお湯の方がスッキリする印象ですが髪や頭皮にとってはぬるめのお湯が◎。高温のお湯は頭皮に必要な皮脂やうるおい成分まで流しとってしまう恐れがあります。38度位のお湯がベストな温度とされています。

Imzaqx4tq5ysvactuunj

シャンプー剤はそのまま頭皮に乗せると刺激が強すぎるので手にとって泡立ててから使います。シャンプー本来の目的は頭皮を洗う事なので指の腹を使ってマッサージをするように優しく揉み込んで洗いましょう。ガシガシと擦って髪を洗おうとすると負担がかかって髪が切れたり髪が絡まってしまう原因にもなるので気を付けましょう。シャンプー後はすすぎもしっかりと行なって下さいね。

2/5