Lsupby7ew3rgm6phmpkh

ライフ

CATEGORY | カテゴリー

マッサージのやり方が知りたい!体の疲れに効く方法を徹底解説!

2018.07.24

普段スマホやパソコンを使う時間が多い人や、重いものを持つことの多い人は特に体の疲れを感じますよね。今回は背中やふくらはぎ、首肩胸など部分別にマッサージのやり方を紹介します。疲れに効くマッサージのやり方やコツをマスターして、毎日スッキリした体で過ごしましょう!

目次

  1. マッサージのやり方 気をつけること
  2. マッサージのやり方 使うといいもの
  3. マッサージのやり方 首
  4. マッサージのやり方 肩
  5. マッサージのやり方 背中
  6. マッサージのやり方 ふくらはぎ・脚
  7. マッサージのやり方 胸
  8. マッサージのやり方 腕
  9. 毎日体のリセットを
  10. まとめ
Zenhndz8dyrpqjjasuks

セルフでマッサージする時に気をつけた方がいいことがあります。身体のどこか部分的にだるいことや、コリを感じた時に自分でマッサージすることってありますよね。この時気持ちがいいからと、力強く揉んでしまうと効くどころか逆に筋肉をいためてしまう場合もあります。お店でマッサージを受けた次の日に揉み返しという痛みを感じたことがある方も多いでしょう。これは指圧の資格を持っている人だけができることで、しっかりと資格のある人は力加減をわかっており、外から筋肉を刺激し揉み返しになるようにすることで凝り固まった部分を早く治すコツをしているのです。ですがそれと同じようにマネしたりすると、ただふくらはぎや胸や全体の筋肉をいためるだけになりさらに身体のだるさや痛みを感じることもあります。力加減以外には肌を傷つけないようにすること。さすったりすることもマッサージの一部です。その時手と肌の摩擦で、肌が傷ついてしまうことがあります。マッサージにも効くコツややり方が色々あるので、力加減や肌を傷つけないように気をつけるようにしましょう。そして効くコツをしっかりと理解しましょう。

Ocpii3gocu4sr7axaqxr
C7difeqiutgaqwig9nct

セルフマッサージの際に、肌を傷つけないようにする為やマッサージをしやすくする為に使用するといいのが、オイルやクリーム。肌にボディオイルやボディクリームを塗り滑りをよくするといいでしょう。これが効くコツの1つです。お風呂上がりなどにマッサージをする場合は、肌の保湿も一緒にすることができるので一石二鳥!その他に、セルフマッサージとなると脚や腕など手の届く部分のマッサージはできますが、背中などのマッサージは自分じゃできないですよね。そういう時はバランスボールやストレッチポールなどを使用するのもおすすめで効くコツです。バランスボールやストレッチポールは揉んだりするようなマッサージではありませんが、背骨を真っ直ぐにしたり伸ばしたりすることで身体のコリをほぐすことができます。ふくらはぎなどをほぐす時にマッサージクッションなどのマッサージ機を使用する際は、力加減や使用時間を気をつけるようにしましょう。

F7srqxcggsbmc8dkyyoh
1/5

続きを読む