2018年07月29日 UPDATE

サラサラヘアになる!おすすめシャンプーやトリートメントご紹介!

サラサラヘアは女性の憧れですね。しかし、ヘアアレンジやブラシの摩擦、ドライヤーの熱などによって髪は常にダメージを受けています。そこで、サラサラヘアを保つ方法と、おすすめなシャンプーやトリートメントを紹介します。髪は女の命!美髪目指して集中ケアを始めましょう。

目次

  1. サラサラヘアを保つ方法とは?
  2. サラサラヘアを保つ正しいシャンプーの方法
  3. サラサラヘアを保つ正しいトリートメントの方法
  4. サラサラヘアにおすすめなシャンプーの選び方
  5. サラサラヘアにおすすめなシャンプー【ダメージヘア】
  6. サラサラヘアにおすすめなシャンプー【くせ毛】
  7. サラサラヘアにおすすめなシャンプー【ぺたんこヘア】
  8. サラサラヘアにおすすめなトリートメントの選び方
  9. サラサラヘアにおすすめなトリートメント【流すタイプ】
  10. サラサラヘアにおすすめなトリートメント【流さないタイプ】
  11. まとめ

サラサラヘアを保つ方法とは?

Jcxm9xdyeoax8na2dked
髪は思った以上に毎日負担がかかっています。そこで、髪を修復する為の成分を外部から与えてあげることがサラサラヘアを保つ重要なポイントとなります。また、髪を傷めない正しいヘアケアも髪のダメージを最小限に抑える為に必要です。この記事では、正しいシャンプーやトリートメントの方法や選び方、おすすめ商品を紹介していきます。

サラサラヘアを保つ正しいシャンプーの方法

My2vokjinrihdee58qfa
引用: https://hair.cm/article-36304/
シャンプーは、髪に摩擦を与える為、方法を間違ってしまうとダメージを与えてパサつきや切れ毛の原因となってしまう場合があります。自己流にアレンジしてただ洗えば良いと思いがちなシャンプーを、サラサラヘアに保つ為の正しい方法へ改善させていきましょう。

1.シャンプー前の下準備

Bui4phkbxew0yizwcf80
引用: https://josei-bigaku.jp/brassing0912/
シャンプー前に一手間加えるだけで髪に与えるダメージが軽減、その後の泡立ちも良くなります。下準備はブラシで髪を解いてあげることです。ブラシをかけることで絡まった髪がなくなるのでシャンプーで洗う時のひっかかりや摩擦を減らすことができます。また、汚れを落としやすいように浮かす役割も成します。その上で、予洗い(お湯だけで髪と頭皮を洗うこと)をしましょう。予洗いすることによって、ある程度の汚れを事前に洗い流すことができます。

2.シャンプーをしっかり泡立てる

Rjcbydhbd281iaksc2gl
引用: http://irodori-hair.jp/tag/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC/
シャンプーはそのまま頭皮につける人が多いでしょう。しかし、泡立てずに直接頭皮につけると、すすぎの際にシャンプーが頭皮に残ってしまいます。ベタつきやかゆみ、フケの原因ともなるため、シャンプーはつける前に手のひらでしっかりと泡立てましょう。

3.頭皮を中心に洗い上げる

Pgv13ddddf8fdfpcibew
引用: https://head-care.co/?p=29
シャンプーは髪を洗うイメージが強いですが、頭皮の汚れを落とすための工程と覚えておきましょう。汚れを浮きだすように、頭皮マッサージをするような感覚で洗っていきます。その後、残った泡で髪の毛を洗います。撫でるように優しく泡で包み込むように洗ってください。ヘアアレンジ等でワックスを使っている時は、髪の流れに沿って手櫛でブラシをするように洗いましょう。ゴシゴシをこするように洗わないように注意してください。その後、綺麗に洗い流します。

サラサラヘアを保つ正しいトリートメントの方法

Filt8w22wy5yi2xm7uj7
引用: https://fashionel.mk/ubavina/prirodna-maska-za-kosa-od-samo-tri-sostojki
シャンプーが頭皮の汚れを落とすための工程であるのに対し、トリートメントは髪の毛のダメージ補修をすると言うものです。髪の内部と外部に働きかけて、ドライヤーの熱やブラシやヘアアレンジによる摩擦、紫外線によって起こるトラブルなどにより弱った髪に成分を送り込みます。そのため、トリートメントはサラサラヘアを保つために欠かせません。しかし、付けて洗い流せば良いわけではないのです。そこで、正しいトリートメントの方法もマスターしましょう。

1.毛先を中心につける

Slreo13593qwkep9e40i
引用: https://pantene.jp/ja-jp/brandexperience/tl-05
トリートメントは、髪の根元からつけてはいけません。根元近くの髪はまだそこまでダメージを受けていません。また、毛穴が詰まってベタつく原因となるので、根元から5cm以上は離してトリートメントをつけてください。毛先全体につけ終わったら、粗めのブラシで髪を解きます。全体に満遍なくトリートメントを行き渡らせる方法なので、せひブラシを活用しましょう。

2.タオルで蒸す

Idccrs1bzkuz7kodf2rb
引用: http://u0u1.net/LfEl
トリートメントは、コンディショナーとは違い髪の内部まで成分を浸透させる必要があります。そのため、つけた後はタオルで髪を包み10〜15分蒸します。蒸している間にゆっくり湯船に浸かるのも良いですね。その後、しっかりと洗い流してタオルドライしましょう。洗い残しがないように注意してください。

3.髪は必ず乾かす

Ly3sriwbcllshxflsn6y
引用: https://beauty-note.jp/how-to-hairdryer
髪を洗った後、自然乾燥させていませんか?水分は自然に乾燥する代わりに、その他の必要な水分まで一緒に乾燥させてしまいます。よって、タオルドライした後は、必ずドライヤーなどで乾かしましょう。その時に、洗い流さないトリートメントを毛先に付けると乾燥やドライヤーの熱から髪を守ってサラサラヘアに近付けてくれます。ある程度乾いたら、ブラシを使って仕上げましょう。髪の表面に艶がでて、より綺麗な仕上がりとなります。

サラサラヘアにおすすめなシャンプーの選び方

Mzs9tkfybvtmmn8zadev
引用: http://noticias.cennoticias.com/2451161?origin=relative&pageId=d4ae5c97-3d1c-4565-a723-50f125fa0807&PageIndex=2
サラサラヘアに仕上げるシャンプーには、ひとつの特徴があります。その特徴は『ノンシリコン』タイプ。シリコンは、髪をコーティングする成分ですが、必要以上にコーティングするとベタっと重たい仕上がりとなってしまいます。コーティングはトリートメントで十分効果を発揮できるため、シャンプーはノンシリコンタイプを選ぶことがポイントです。それでは早速、おすすめシャンプーを紹介していきます。髪の状態に分けて3タイプに分けてみました。

サラサラヘアにおすすめなシャンプー【ダメージヘア】

ナンバーロッカン(No.6can)

Dmn5fmxglpjqabdbn1k4
引用: http://the-nanpa.com/2018/04/05/numberrokkan/
シャンプーなのにトリートメントのような補修成分がたっぷり配合されたノンシリコンシャンプー。まずは成分表を見てみましょう。
Mulmbrakiim1yt2x1agl
引用: http://the-nanpa.com/2018/04/05/numberrokkan/
配合成分の中でも、水の次に一番多く配合されているココイル加水分解コラーゲンKは、最高品質の洗浄成分です。コラーゲンやタンパク質をたっぷり含んでいるので、髪を潤いながら綺麗に洗い上げてくれます。
Aiesmoa4f4on3enosrxm
引用: http://the-nanpa.com/2018/04/05/numberrokkan/
また、泡立ちを良くするためのコカミドプロピルベタイン配合、キューティクルを傷つけずにサラサラヘアに仕上げてくれます。
Fmhbcjy0229zcv2dkukf
引用: http://the-nanpa.com/2018/04/05/numberrokkan/
その他には、補修効果のあるケラチンや希少価値の高いヘマチン、保湿効果のあるプラセンタやスクラワン、コラーゲンなどもたっぷり配合。新陳代謝を上げて血行を促進する働きもあるので、頭皮の汚れを落としながら薄毛や頭皮トラブルの改善も期待できます。
Apd88qwseqqjgqkhozzu
引用: https://www.mwed.jp/articles/7815/
ヘアアレンジ等で髪の根元に負担がかかっている人にもおすすめなシャンプーです。

サラサラヘアにおすすめなシャンプー【くせ毛】

haru黒髪スカルプシャンプー

Dw0awtus2l9doexqf4md
引用: http://u0u1.net/LfIC
エイジングケア成分が22種類も配合されたノンシリコンシャンプー。成分表はこちらです。
Cvy4exd0iyubzes1tifk
引用: https://touhi-kusai.link/haru-seibun/
頭皮を改善してくせ毛の原因である頭皮の皮脂詰まりをなくしてサラサラヘアにしてくれます。と言うのも、くせ毛は頭皮環境が乱れて毛の内部を構成しているコルテックスのバランスが崩れることにより発生します。そのため、頭皮環境を整えるエイジング成分がたっぷり配合されたharu黒髪スカルプシャンプーがおすすめなんです。
D5awkc6gwdgx8wekgy9m
引用: http://xn--88j2bwmqe9b2ewc7457a5mwi.xyz/category6/
また、髪を柔らかくするベタインなどの柔軟成分が、剛毛なくせ毛を柔らかい髪質へと変化させていきます。ドライヤーで乾かす時には、ブラシを上手に使いながらくせ毛を伸ばすように乾かしましょう。
Hhfqhrdgb8mmykffkujk
引用: https://odecomart.com/blog/non-silicon-shampoo-ranking/
コンディショナー不要なので、シャンプーやトリートメントなど、アレンジしながら使い分けるのが苦手な人にもおすすめです。

サラサラヘアにおすすめなシャンプー【ぺたんこヘア】

ドットエヌボリュームアップシャンプー

J8qggd7ytodzww9jtq7o
引用: http://xn--cckzbudsbyb0a6i3cs029ajowallq2y7a7s5h.com/ninki/d-n.html
世界的に有名なオーガニック認証機関COSMOSで、日本で初めて認証を取得した天然由来成分98%配合のオーガニックシャンプー。もちろんノンシリコンです。毛髪診断士監修のもと、髪のボリュームがなくて悩んでいる人に向けて作られました。成分表はこちらです。
Tiaharojtapfzjx44bdl
引用: http://u0u1.net/LfJO
保湿効果の高いアロエベラやソウハクヒエキス、抗酸化や血行促進に効果のあるショウガ根エキスなどが惜しみなく配合されています。刺激成分はエタノール以外無配合なので、頭皮への負担も少ないシャンプーですよ。
Idgqmtgktze6fdrm2m1b
引用: https://lecielb.com/2017/12/18/top-volume/
ふわっとしたボリュームを保ちながらサラサラヘアに導いてくれるため、産後の抜け毛や加齢によってトップのボリュームがなくなってきた人に使っていただきたい商品です。

サラサラヘアにおすすめなトリートメントの選び方

Fmc0p5tywioiqnoe7doe
引用: https://lohaco.jp/product/3362667/
トリートメントには、洗い流すタイプと洗い流さないタイプの2種類があります。それぞれ異なるメリットがあるので、まずは2種類を比較してみましょう。

洗い流すタイプのトリートメント

I5kc6gu3dzkw56yilitw
引用: https://woman.mynavi.jp/article/150311-19/
インパストリートメントとも呼ばれている種類が洗い流さないトリートメント。シャンプーの後にそのまま髪につけます。大きなメリットは、髪の内側から補修できること。ただし、正しいトリートメントの使用方法をした場合に限ります。髪に浸透して内部からサラサラヘアにするので、一番重要なヘアケアとも言えます。

洗い流さないトリートメント

U7g8gpmgegf9rozofhwy
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/news/hair/rcm_170517_9000209721/
アウトパストリートメントと呼ばれているタイプが洗い流さないトリートメント。髪の表面を保護してドライヤーや紫外線など外部より加わる負荷から髪を守る役割があります。洗い流すトリートメントと比べると、一時的に髪の表面を保護することが役割となるため、髪を内側からケアする効果は低いです。よって、ドライヤーやヘアアレンジなどで髪に負担がかかる場合、事前に付けて髪のダメージを保護することに特化しています。

サラサラヘアにおすすめなトリートメント【流すタイプ】

リマーユヘアトリートメント

Rwlyzjzb5lfp5u5yysjg
引用: http://u0u1.net/LfOE
馬油を配合したトリートメント。サラサラな手触りを実現してくれる商品ですよ。配合成分はこちらです。
Tu9s3yspmn1jvfwvfhxj
引用: http://kamihositu.com/remayu/914/
成分の中でも、浸透力に優れた馬油は、保湿や髪にツヤを与える効果の高い成分です。また、浸透後は水分蒸発を防いで頭皮などを保護する働きも持ち合わせています。一緒に配合されている水溶性コラーゲンや保湿効果の高いシラカバ樹脂エキス、ハトムギ種子エキスなどの成分をしっかりと内に留める蓋の役割も成してくれます。
Uvdkjmrxpmgoi4joabql
引用: https://4meee.com/articles/view/203500
内側から髪のケアがしっかりと行えるトリートメントなので、特にダメージにより髪がパサついている人におすすめなトリートメントとなります。

サラサラヘアにおすすめなトリートメント【流さないタイプ】

リシリッチ

Apof7hqh3t3skutamhqb
引用: https://sugatakirei.net/kirei-a-rishirich.php
ドライヤーの熱を利用して髪をサラサラヘアに補修してくれる新発送のトリートメント。50種類の美容成分も配合されています。配合されている成分はこちらです。
Ldmbj3teug7rm5np4tbf
引用: https://sugatakirei.net/kirei-a-rishirich.php
まず一番注目したい特徴は熱が髪にとってマイナスではなくプラスになる点。リシリッチに含まれるγ-ドッコサラクトン成分は、加熱することで髪のケラチンと結合して修復する習性を持っています。その特性を生かした画期的なトリートメントです。その他には、3種類のヒアルロン酸やセラミド、アルガンオイルが保湿や髪の保護に働きかけてしっかりと髪をコーティングしてくれます。植物由来成分も、表を見るとわかる通りたくさん含まれていますね。
Xf6vznvneaedrnmhcic0
引用: https://wowma.jp/mag/entry/1674
ノンシリコンなので成分が直接髪に浸透、保護を目的につけるトリートメントの常識を覆す浸透型トリートメントと言えます。

まとめ

P7dgkosziohyhkveqkkl
引用: https://ameblo.jp/kobe-kita-ashi-tsubo/entry-12336584159.html
サラサラヘアへ髪を導くには、日頃のヘアケアがとても重要だと言うことがわかりましたね。シャンプーひとつにしても、事前にブラシでほぐしてから洗髪を始める、シャンプーは泡立ててから使うなどちょっとした工夫でダメージから髪を守ることができます。トリートメントにおいては、タオルで蒸す、この一手間で浸透率がグンと変わってきます。
正しい方法を取り入れながら、ぜひ自分の髪の悩みに合わせたシャンプーとトリートメントを自己流に組み合わせてアレンジしてみましょう。毎日ドライヤーを当てる人には、洗い流さないトリートメントリシリッチを使ってみてはいかがでしょうか?熱を利用してサラサラヘアに補修してくれますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://hair.cm/article-36304/