2018年08月03日 UPDATE

ウィッグの持ち運び方法!注意点や定番のやり方、崩れない運び方紹介

ウィッグの持ち運びってどうしてますか?今回は、持ち運びの際の注意点や定番のやり方。崩れない、絡まない運び方をご紹介します。また、ウィッグのおすすめの選び方などもあわせてチェックしていきましょう♪ウィッグ初心者は、必見の内容になっていますよ!

目次

  1. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│はじめに
  2. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│通販サイトの選び方
  3. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│ウィッグの選び方
  4. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│ウィッグスタンドを使った方法
  5. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│紙袋を使った方法
  6. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│髪を絡まないようにする一工夫
  7. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│ウィッグの収納方法
  8. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│便利グッズをご紹介①
  9. ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│便利グッズをご紹介②
  10. おわりに

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│はじめに

Cahxa8s6mad1w4ftpaxc
ウィッグは色々なヘアスタイルやカラーを簡単に叶えてくれる便利なアイテム。日常使いはもちろん、イベントやフェスなど特別な日に使うという人も多いのではないでしょうか?
Gqcyyfg3ueewo3cwjpie
特に、イベントやフェスなどで使う場合、持ち運ぶ機会もあるでしょう。その時にウィッグが崩れてしまったり、髪が絡んでしまったらガッカリですよね。今回は、ウィッグが崩れない、髪が絡まない運び方をご紹介します。
I35s2bcutzyyucxwga4c
まず最初に、ウィッグ初心者のために、ウィッグの選び方をチェックしていきましょう♪

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│通販サイトの選び方

Myta3aod0hagmoyhkeol
これまでは、ウィッグは店舗へと足を運んで購入するしか方法がありませんでした。最近では、ネット通販でも気軽に購入することができるように…。気軽な反面、失敗することも…。ここでは、ネット通販の選び方やウィッグの選び方をまとめてご紹介します。
Bmxdljbgsrhziwxbfinj
ネット通販でウィッグを購入する時、チェックしたいポイントがあります。まず、“信頼できる通販サイトなのか?”ということ。実際にその通販サイトで購入した人の感想やレビューを参考にしてもいいでしょう。レビューの件数が多いということは、それだけ利用している人も多いということです。
また、ネット通販では実際にウィッグを手にとることができませんよね。自分の目で実際に確認してから購入したい…!という人は、実店舗を持っているショップがおすすめ!ウィッグの着け方や選び方、お手入れの方法など…スタッフから直接アドバイスを受けることができます。
Xj8i9sqr6awhme4wpg4k
また、通販サイトの選び方で大切なのが、イメージ画像が多いこと。商品説明がしっかりしていることなどです。ウィッグを様々な角度から撮影して、実際の着用イメージが多いサイトがおすすめ!そして、ウィッグの毛質やカラー、仕様など…ウィッグに関する情報を細かく掲載しているサイトがおすすめです。

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│ウィッグの選び方

Yw4flbs9pqj3fhnqyhtn
さて、どの通販サイトで購入するか決まったら、ウィッグを選びます。ウィッグのおすすめの選び方は、まずウィッグの毛質とカラー。ウィッグには、人毛、人工毛、ミックスの3種類があります。人毛は自然ですが、価格が高く、人工毛はファイバーが使用されていて、低価格。ミックスは人毛と人工毛の両方が使用されています。低価格の人工毛のウィッグでも、ファイバーの品質によっては、人毛に近いものもあります。好みや予算によって選ぶといいですね!
ウィッグのカラーは、自毛に合うか?似合う色か?を確認します。通販サイトによっては、人気のカラーがセットになったサンプルを事前に購入することもできます。
Koqlh37tkkoy3ye6w339
そして、ウィッグのサイズ。ウィッグを自然に見せたいなら、サイズ感は大切です。多くのウィッグはフリーサイズで、アジャスターなどでサイズ調整します。できるだけ自分のサイズに合うように、細かくサイズ調整できるウィッグなのかを確認しましょう。
ここまでウィッグの選び方をご紹介しました!続いて、ウィッグの持ち運びの方法について確認してきましょう♪

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│ウィッグスタンドを使った方法

ウィッグを持ち運ぶ時におすすめなのが、ウィッグスタンドを用いた方法です。ウィッグスタンドを使うと、ウィッグの髪が絡まないんです!
また、ウィッグスタンドのいいところは、ウィッグスタンドにウィッグをセットすることで、ヘアアレンジが簡単になること!人の頭をセットするようなイメージですね♪ウィッグスタンドには、マネキンタイプと、組み立て式のタイプがあります。持ち運ぶ時は、ウィッグスタンドにウィッグをセットしたまま、箱に入れます。
Xtipklpiqvrnkpwmeovb
ウィッグスタンドがない場合、身近なもので代用できます。例えば、雑誌や新聞紙を丸め、その上かフェイスタオルを巻いてから輪ゴムでとめて作る方法。また、2リットルサイズのペットボトルにフェイスタオルを巻いて輪ゴムでとめて作る方法も…。

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│紙袋を使った方法

箱にウィッグスタンドを入れて持ち運ぶ方法は、荷物がかさばってしまうことが難点です…。
Ssxiwflrfdpmugd2lmon
ウィッグの頭の部分に、詰め物をして、髪が絡まないようにネットに入れます。ハンカチや風呂敷などで優しく包んで、紙袋に入れましょう。
Gwghzi12nzmxusz0yc8t
ウィッグ用のネットは、購入した時についているものでもOK!なければ、200円程度で購入可能です。

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│髪を絡まないようにする一工夫

Yyg3yxxd5nmesjt6v79g
髪を絡まないようにする一工夫をご紹介!ロングのウィッグを絡まないようにするのは、難しいですよね…!そんな時は、リボンを使って何箇所かまとめるようにしましょう。この時、キツく結ばず、ゆるめに結びましょう。この方法は、ロングのウィッグも絡まないのでおすすめですよ♪

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│ウィッグの収納方法

Ap8glgsjgemqhdkab6lr
続いて、パーツウィッグの収納方法の豆知識をご紹介します。筒状の容器を準備します。回しながら容器の中に収めます。持ち運びもできるし、おすすめです♪また、保護ネットに収めて、メッシュケースに入れても◎。

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│便利グッズをご紹介①

ここからは、ウィッグの持ち運びに便利なグッズをご紹介します。
1180006 page 01
引用: https://image.rakuten.co.jp/linea-storia/cabinet/wigcare/1180006_page_01.jpg
最初にご紹介するのは、ウィッグスタンドと、ウィッグ専用ブラシ、ウィッグ専用エッセンス、予備用ネットのセットです。ウィッグスタンドは組み立て式なので、持ち運びにも便利です。
1180006 page 02
引用: https://image.rakuten.co.jp/linea-storia/cabinet/wigcare/1180006_page_02.jpg

ウィッグの持ち運びの方法って?注意点や定番のやり方、崩れない運び方をご紹介│便利グッズをご紹介②

1180082 dtl 05
引用: https://image.rakuten.co.jp/linea-storia/cabinet/wig006/1180082_dtl_05.jpg
続いてご紹介するのは、ウィッグをおしゃれに持ち運ぶことができる、ウィッグ専用ポーチです。付属の“あんこ”をウィッグにセットすると、型崩れを防ぐことができます。
また、カバーネットに入れ、ポーチに収納すれば、髪が絡みにくくなります。フタ裏には、ポケットがついていて、ウィッグのケアアイテムも収納できちゃいます♪付属の“あんこ”は、ペットボトルがあれば、簡易ウィッグスタンドにもなります。
1180082 dtl 10
引用: https://image.rakuten.co.jp/linea-storia/cabinet/wig006/1180082_dtl_10.jpg

おわりに

Lpopol1ts6go8fqsmjw9
いかがでしたか?ウィッグの選び方や持ち運び情報など…ウィッグに関する情報をご紹介しました。最後に、おすすめのウィッグを紹介した記事がありましたので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね♪