2018年07月29日 UPDATE

ウィッグの被り方!初心者でも簡単にできるアレンジ方法などを紹介!

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介! ウィッグの被り方一つでまるで別人になれる? ウィッグが今大人気ですごい理由がわかるかも! あなたに合ったおすすめのアレンジ情報満載にお届けしますので是非参考にしてください。

目次

  1. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「ウィッグの被り方方法」
  2. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「専門ネット」
  3. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「安いウィッグの注意点」
  4. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「ウィッグのメリットとは」
  5. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「ウィッグのデメリットとは」
  6. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「おすすめアレンジは王道ツインテール」
  7. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「おすすめアレンジはポニーテール」
  8. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「おすすめアレンジはストレート矯正」
  9. ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「初心者は注意点が多い」
  10. まとめ

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「ウィッグの被り方方法」

Ciwgxig394oq3lbvmxtm
ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!ウィッグの被り方方法ですが、まずは地毛をはみ出ないようにするために専門ウィッグネットで髪をまとめ上げます。そしたらウィッグをスタンドにのせます。次にウィッグの髪をきれいに駆使などでブラッシングしてほぐします。最後にウィッグは前からかぶり完了です。最初になれるまでは手順を覚えなければいけなかったり、うまくいかなかったりと大変だと思いますが、慣れれば5分もかからないので初心者の人は数をこなしてウィッグをたくさん使用していきましょう!
Hcjhifydsl0l9hruf7lt

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「専門ネット」

あなたはウィッグの専門ネットって知ってますか??ウィッグネットを上手につけないと地毛とのウィッグの違和感ですぐにバレてしまいます。ウィッグをきれいにうまく活用してくためにも専門ネットで地毛をまとめてからウィッグそ被るようにしましょう。やり方はゴムを首まで下げて髪が出ないように頭を覆って完了です。えりあしなどの先端の地毛が出てこないように注意し髪の短い人は特に注意しましょう。安いウィッグを購入した場合ついていない事がありますが100円ショップや通販で購入できるのでなかったら購入すると良いでしょう。
Rxk7efk9zhqkcpwxjrwl

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「安いウィッグの注意点」

安いウィッグを購入する時には注意点があります。自然でばれないおすすめ商品で安いのを買う時の注意につむじの自然なのをしっかり確認しておくことが大事です。何よりつむじが一番のポイントでつむじの作り方が不自然だとせっかくきれいなウィッグでも他の人にウィッグと地毛の違いがばれたりしますので、自然でばれないようにウィッグを使っていく為にはつむじの自然さを確認してからの購入が大事です!口コミ、インスタグラム、TwitterなどSMSを活用して評判の確認すると実際に使用している人のメリットがやデメリットが分かるのでおすすめです。
Przcwv6bldrwcvewtnz6

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「ウィッグのメリットとは」

あなたはウィッグの魅力についてどれくらい知っていますか?ウィッグにはおしゃれになりたい、可愛く変身してイメチェンしたいなどの夢を叶えてくれるアイテムです。ウィッグの存在は聞いたことはある人は多いでしょうが、実際に使ったことある人は少ないと思います。筆者個人的には将来ウィッグは女性のデフォルトになると考えています。寝癖があっても隠せるし地毛を見せないで済む 、その日の気分で髪型を変えてアレンジできる 、色んなヘアアレンジが楽しめる 、ノーダメージでいくらでも試せるなど数えきれないくらいの「なりたい」を叶えてくれるのがメリットです。
Mkkski2v4c86emqnfjpp

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「ウィッグのデメリットとは」

Ng7lbdv9tv73knm6wc0t
++デメリット++ ・絡みやすい ・ポイントウィッグは地毛の色を変えてしまうと使えなくなる ・ハーフウィッグや前髪ウィッグだと、ウィッグと地毛の境目をカチューシャや帽子等で隠さないと目立つ 私の場合、地毛はショートレイヤーにして、ウィッグは全てプリシラ製のの物を使っています。 春・秋・冬⇒ハーフキャップ(ハーフウィッグ)+前髪ウィッグ又は三つ編みウィッグ+カチューシャ,帽子 夏⇒ボリュ巻き(ポニーテールウィッグ)又はロープウィッグ+前髪ウィッグ又は三つ編みウィッグ+カチューシャ,リボン,帽子 夏は後ろ髪を上げてヘアピンで留めているので、普通にショートヘアにしているより涼しいです。 ウィッグで地毛を隠したいというより、手軽にヘアアレンジを楽しむ感覚で使っています。 ちなみに、フルウィッグはラパンドアール製を使うことが多いです。 安価ですがファッションウィッグなので、コスプレ用に作られた物より自然に見えます。

デメリットもしっかりと受け止めてウィッグを活用していきましょう。デメリットが全くないと考えるのは危険なので、事前にメーカーなどに確認しておくことが大事になります!

Ser6likljs5vmi0rx4yg

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「おすすめアレンジは王道ツインテール」

Photo 1481824429379 07aa5e5b0739?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1481824429379-07aa5e5b0739?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f880d6775ecca6962027e2dec452f298&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
簡単にできるおすすめアレンジはツインテールです。ツインテールの作り方は簡単で両サイドのお好みのサイズのお団子を作ります、次に固定の為にピン止めなどでとめます。あとは団子をほぐして好きなように巻いていき完成です。ツインテールは年齢が若く見えるアンチエイジング効果もあるのでとてもおすすめです。まとめてコンパクトにしてもよし、ゆるふわであそんでみるのもよしなツインテールをあなたもウィッグアレンジで是非試してみてください!
Photo 1524502397800 2eeaad7c3fe5?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524502397800-2eeaad7c3fe5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8b05d61a65344cbb3e821a25faf34f74&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「おすすめアレンジはポニーテール」

Photo 1524638431109 93d95c968f03?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524638431109-93d95c968f03?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=46a1d7bc1b621e78b65bcd999429c169&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジはポニーテールです。アレンジ方法も簡単で髪を後ろでまとめてとめれば完成です。ポニーテールには顔のリフトアップ効果がらると言われていますがこれに関しては賛否両論になっていて、逆に薄毛になるなども言われていますが薄毛にはならないそうです。汗をかく季節におすすめで動きやすく男性にも一番人気といってもいいほど人気がありますので是非ウィッグで試してください。

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「おすすめアレンジはストレート矯正」

Photo 1503242070345 11dd006015c6?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1503242070345-11dd006015c6?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=252d4b1bc97cb87160bf51a534a87b23&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジはストレート矯正です。ストレートといってもただのストレートではなく、自分でアイロンでするのではなく美容院で矯正してもらうのがおすすめです。やはり髪のプロである美容師の恩恵を受けるためにもお金をかけて矯正してもらうときれいになります。そしてなぜおすすめなのかというと、人間と違ってウィッグは髪が伸びないのでストレートをキープし続けられるからです。ただ懸念点としては高いウィッグでないと矯正する際の刺激が強い薬品に耐えられない可能性があるので、事前に耐えられるかの確認しておくことが大事になります。
Byiewig9t8mpvmp3x45z

ウィッグの被り方!基本初心者でも簡単にできるおすすめアレンジの正しい方法などを紹介!「初心者は注意点が多い」

Pgohhosptpr0jpryqgdd
ウィッグ初心者は注意点が多いです。ケアそ正しい方法や耐熱性があるか、ドライヤーが使える使えないなどウィッグは自由度が高く統一されていない為に特に最初は正しい方法を知ることから始めましょう!
Photo 1440589473619 3cde28941638?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1440589473619-3cde28941638?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=42ebdb92a644e864e032a2ebccaa25b6&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

まとめ

Ckablevogdls1hsiyoh4
ウィッグの被り方!初心者でも簡単にできるアレンジ方法などを紹介させていただきました。是非あなたも色々ためしてみてください!!ウィッグには自由度が高く粗悪品に当たる事も考慮にいれて購入しましょう。おすすめはカラーサンプルを取り寄せて実際に体感してみたり、口コミ、インスタグラム、Twitterなどの写真や動画でこんなものかと見てみてそれでもほしいなら購入してみるといいでしょう。通販画像などはかなり加工されていてどの商品もキラキラとみえてあまり違いが分かりませんので注意しましょう。