Gq8mxldv2eqrartcztno

ヘアスタイル・アレンジ

CATEGORY | カテゴリー

ウィッグを染める方法や切り方紹介!簡単なアレンジや加工方法紹介!

2018.07.29

ウィッグを染める方法や作り方、切り方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法紹介!ウィッグを染める方法や切り方を知ればイメチェンは思いのままに!染めるアイテムの作り方や絶対知りたいポイントや注意しておきたいポイントも厳選して解説していきます。

目次

  1. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ダイロンで染める方法」
  2. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ヘアチョークで染める方法」
  3. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「特殊な染め方」
  4. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「切り方方法」
  5. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「美容室で切ってもらう」
  6. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「簡単アレンジ三つ編み」
  7. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグを知ろう!」
  8. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグ簡単な加工方法」
  9. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグを扱う際の注意点」
  10. まとめ
Photo 1524502397800 2eeaad7c3fe5?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524502397800-2eeaad7c3fe5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8b05d61a65344cbb3e821a25faf34f74&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

あなたはウィッグが染められるって知ってましたか?ウィッグを染めて全く違うウィッグに大変身!!ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!のおすすめも染める方法はダイロンです。ダイロンとは髪を染める染料できれいに染まるので人気が高く、口コミ、インスタTwitterなどで皆が情報共有して話題になっています。方法ですがまずダイロンを熱湯で溶かします。溶かしたダイロンと塩を容器に入れその中にウィッグを入れていきます。大体50度の温度くらいが染まり易くてベストな温度です。色がまばらに染まるのをを防ぐためにお湯をまぜながら2日~3日ぐらい入れておきます。ウィッグを取り出したら、しっかりすすいで染料を完全に落として自然乾燥しましょう。この時の注意点として安いウィッグだと染められないものやドライヤーが使えないものなど注意点があるので事前に確認しておくようにしましょう。

M0upodakf9hyweqyvg9c

ウィッグの染めるのにはヘアチョークで染める方法がおすすめです。ここでヘアチョークって何?という人も多いでしょう。ヘアチョークは髪に擦り付けるだけで簡単にカラーリングできます。シャンプーで簡単に落とせ安心して髪色を変えられるアイテムです。ヘアチョークは髪に直接こすり付けて部分的に色をつけられるアイテムです。ですのでウィッグの色を変えたい時、部分的にアッシュにしたいなどの要望をヘアチョークが叶えてくれます。方法はまずは霧吹きで髪を濡らします。次にヘアチョークで髪に色を塗ります。最後にドライヤーで乾かして完了です。

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!に特殊な染め方があります。それはなんと紅茶で染めるという方法です。方法はまず紅茶を50度くらいに温めていきます。ウィッグを投入します。温度が上がりすぎないように注意して1時ほどつけておきます。良く馴染ませるためにかき混ぜます。最後にウィッグを取り出して水でしっかりすすぎ乾かして完了です。

1 / 3