2018年07月29日 UPDATE

ウィッグを染める方法や切り方紹介!簡単なアレンジや加工方法紹介!

ウィッグを染める方法や作り方、切り方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法紹介!ウィッグを染める方法や切り方を知ればイメチェンは思いのままに!染めるアイテムの作り方や絶対知りたいポイントや注意しておきたいポイントも厳選して解説していきます。

目次

  1. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ダイロンで染める方法」
  2. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ヘアチョークで染める方法」
  3. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「特殊な染め方」
  4. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「切り方方法」
  5. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「美容室で切ってもらう」
  6. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「簡単アレンジ三つ編み」
  7. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグを知ろう!」
  8. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグ簡単な加工方法」
  9. ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグを扱う際の注意点」
  10. まとめ

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ダイロンで染める方法」

Photo 1524502397800 2eeaad7c3fe5?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524502397800-2eeaad7c3fe5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8b05d61a65344cbb3e821a25faf34f74&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
あなたはウィッグが染められるって知ってましたか?ウィッグを染めて全く違うウィッグに大変身!!ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!のおすすめも染める方法はダイロンです。ダイロンとは髪を染める染料できれいに染まるので人気が高く、口コミ、インスタTwitterなどで皆が情報共有して話題になっています。方法ですがまずダイロンを熱湯で溶かします。溶かしたダイロンと塩を容器に入れその中にウィッグを入れていきます。大体50度の温度くらいが染まり易くてベストな温度です。色がまばらに染まるのをを防ぐためにお湯をまぜながら2日~3日ぐらい入れておきます。ウィッグを取り出したら、しっかりすすいで染料を完全に落として自然乾燥しましょう。この時の注意点として安いウィッグだと染められないものやドライヤーが使えないものなど注意点があるので事前に確認しておくようにしましょう。
M0upodakf9hyweqyvg9c

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ヘアチョークで染める方法」

ウィッグの染めるのにはヘアチョークで染める方法がおすすめです。ここでヘアチョークって何?という人も多いでしょう。ヘアチョークは髪に擦り付けるだけで簡単にカラーリングできます。シャンプーで簡単に落とせ安心して髪色を変えられるアイテムです。ヘアチョークは髪に直接こすり付けて部分的に色をつけられるアイテムです。ですのでウィッグの色を変えたい時、部分的にアッシュにしたいなどの要望をヘアチョークが叶えてくれます。方法はまずは霧吹きで髪を濡らします。次にヘアチョークで髪に色を塗ります。最後にドライヤーで乾かして完了です。

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「特殊な染め方」

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!に特殊な染め方があります。それはなんと紅茶で染めるという方法です。方法はまず紅茶を50度くらいに温めていきます。ウィッグを投入します。温度が上がりすぎないように注意して1時ほどつけておきます。良く馴染ませるためにかき混ぜます。最後にウィッグを取り出して水でしっかりすすぎ乾かして完了です。
Ndgmgnimjs1g29pqetdc

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「切り方方法」

Kmzlvyviewjyc6oqmlvd
ウィッグの切り方の方法は最初にスタンドにウィッグをセットします。次に霧吹きで少し濡らします。邪魔な髪をピン留めなどでとめて切りやすくしておきます。そして梳きバサミで髪をすいていきます。ドライヤーで切った髪をとばして確認して満足がいけば完了です。
H9mx2vvlghebwphrbj0q

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「美容室で切ってもらう」

ウィッグは美容室で切ってもらうのがおすすめです。なぜ美容室なのかは言わないでもわかるでしょう。髪に関してプロだから素人よりうまくカットしてくれます。お金がかかるデメリットを除けば手っ取り早く理想の髪型にあなたのウィッグを変身させる事が出来ます。
Mcniywunyh1dg0rpxe1p

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「簡単アレンジ三つ編み」

ウィッグのアレンジには三つ編みがおすすめです。三つ編みは誰でも簡単にできてかわいくなれるし若く見えるというアンチエイジング効果もあるのでとてもイメチェンで人気があります。同じウィッグでも三つ編みにするだけで雰囲気をガラッと変えて新鮮にすることができます。是非あなたも試してみてはいかがでしょうか?
Uzct4aigmklvlqmbr0ck

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグを知ろう!」

Rb2zwyamh1dioi27dhwq
カツラとウィッグのイメージは? かつらというと薄毛を隠すイメージが強くあります。一方、ウィッグは女優やモデルが着用したり、一部の人々がコスプレ目的で使用するというイメージが出てきました。ちなみに、かつらの英語訳はウィッグであり、かつらとウィッグは実は同義語です。 ただ、日本では、女性が使う場合はウィッグとして呼ばれる風潮があるようです。総じて、カツラは主に薄毛を隠すために利用され、ウィッグは装飾のために利用されるものといったところでしょう。 ウィッグの呼び名が主流になりつつある 昔は頭の被り物といえばカツラが馴染まれていましたが、現在ではウィッグの呼び名が主流になり、種類が細分化されてきています。まず、全体を覆えるフルウィッグというものがあります。先述したように形態はカツラと同じです。 ただし、薄毛を隠すというよりも髪型全体のイメージを変えるのに使われ、目的が異なります。その他、ウィッグには、前髪が無く頭上から後頭部を覆うタイプや、エクステのように部分的につけられるタイプがあり、女性を中心に愛用されています。
引用元: tiful.jp

ウィッグについてウィッグとはと聞かれると中々答えられる人も少ないので是非知っておいた方が良いでしょう!!

Wnrd1xyxk20nhcbodqzu

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグ簡単な加工方法」

Photo 1481824429379 07aa5e5b0739?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1481824429379-07aa5e5b0739?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f880d6775ecca6962027e2dec452f298&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
ウィッグ簡単な加工方法にはエクステがおすすめです。エクステで加工するには自分でも購入してできますし、美容室だと手軽にもっと簡単にできます。今は付けはずしはできないけどエクステだとばれない自然な方法に超音波でエクステをウィッグに加工する方法があるので超音波がおすすめです。本物の地毛と区別がつかないので満足にイメチェンできる事間違いなしです。
Yfuvsxqzh37lpsbkak1w

ウィッグを染める方法や作り方、切り方、使い方紹介!簡単なおすすめアレンジや加工方法!「ウィッグを扱う際の注意点」

Bws8w6xzyjjszwkvuwmj
ウィッグを扱う際の注意点またくさんあります。まずはつむじが自然かどうかという事です。特に安いウィッグを購入するとつむじが不自然で明らかにバレバレだったりするので注意しましょう。購入するときはかなりつむじを最初にみて確認してみると良いでしょう。あとは耐熱性に優れているかどうかの確認しておくことが大事になります。確認しないと後々使い物にならない可能性があるからです。どういうことかというと、例えばウィッグを洗って乾かす時にドライヤーで乾かしてしまったとしましょう。すると実はドライヤーで乾かしてはいけないウィッグで結果的に溶けたとか髪がちぎれてしまったとかでせっかく買ったウィッグが台無しになってしまう可能性があるのです。このような事にならないようにも「つむじ」と「耐熱性」の2点は必ず確認しておくことが大事になりますので、あなたも知っておいた方が良いでしょう!!
S0derxoxzpvtjsywdikz
Photo 1524638431109 93d95c968f03?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1524638431109-93d95c968f03?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=46a1d7bc1b621e78b65bcd999429c169&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
Photo 1520065949650 380765513210?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1520065949650-380765513210?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=1c1bccb5559b6cad97eccfe520826d5d&auto=format&fit=crop&w=500&q=60

まとめ

Photo 1440589473619 3cde28941638?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1440589473619-3cde28941638?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=42ebdb92a644e864e032a2ebccaa25b6&auto=format&fit=crop&w=500&q=60
ウィッグを染める方法や切り方紹介!簡単なアレンジや加工方法紹介!をご紹介させていただきました。ウィッグはあなたのイメチェンには必要不可欠なアイテムなのです。あなたのウィッグに少しでも役立てれば嬉しいです。メリット、デメリットのどちらも知っておきましょう。ウィッグは1つでも使い方やアレンジ次第でたくさんのイメチェンができるという事が分かりましたね。あなたも今のウィッグを活用してイメチェンを試してみてはいかがでしょうか??周りからの反応を変わって新しい自分を手に入れられるかもしれないですよ。