2018年08月01日 UPDATE

ストレートアイロン巻き方!内巻きワンカールの作り方やアレンジ紹介

ストレートアイロンを使った巻き方は、内巻きワンカールや波ウェーブなどコテを使わないアレンジがあります。アレンジ時にはストレートアイロン自体の選び方もポイントがあります。そんなストレートアイロンのおすすめの使い方や巻き方・作り方アレンジ方法をご紹介します!

目次

  1. ストレートアイロンを使った巻き方が知りたい!
  2. 内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方
  3. 内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方「細身タイプ」
  4. 内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方「温度調節」
  5. 内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方「取り回しがしやすい」
  6. おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方ご紹介♪
  7. 全アレンジ共通!キレイに整えるための巻き方のポイント
  8. おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「内巻きワンカール」
  9. おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「波ウェーブでアレンジ」
  10. おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「三つ編みでウェーブ」
  11. おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「ゆる巻き」
  12. まとめ

ストレートアイロンを使った巻き方が知りたい!

Eny6pbd58n7am82site5
ストレートアイロンを使って巻き髪を作れるのは知っていますか?人気でアレンジのしやすい内巻きワンカールや波ウェーブなども作りやすいんです。コテで作ると言う方法もありますが、どうしてもコテの場合はサイズなどによって仕上がりが限定されやすいです。ですが、ストレートアイロンならある程度は調節する事ができちゃいます!そんなアレンジしやすいストレートアイロンの選び方や、内巻きワンカールの作り方などについてご紹介していきたいと思います!ばっちりチェックしちゃいましょう!
Pyxahsyvlffdwkjzwvgj

内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方

Q8qy3knybaudbo9k5d0d
ではまず、内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方についてご紹介していきたいと思います!軽いものだったり手にフィットしやすいと言う点はあるのですが、巻きやすいと言うポイントをまとめてみました!ぜひチェックしてみてくださいね。

内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方「細身タイプ」

Fdagiatqtphmjtxnyfli
アイロンの本体の幅がスリムになっている細身の方が巻きやすくなります。プレートよりも本体が大きくなっているタイプや、プレート自体が大きいタイプだと巻きにくくなってしまいますし、大きなカールになりすぎてしまうこともありますので注意が必要です。

内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方「温度調節」

Zm550cd42fig5k25sczu
ストレートにする時には180度前後が目安になりますが、巻いたりする時には少し温度を下げても可能です。高温だと髪が傷んでしまいやすいので、温度を下げられるタイプの方が良いですね。その中でも温度調節が細かくできるタイプがおすすめです。

内巻きなど巻きやすいストレートアイロンの選び方「取り回しがしやすい」

L1lp2wjjqh7tulluix6w
電源コードが360度回転するタイプだったり、本体自体が軽い、先端部分に断熱仕様になっていて多少触る事ができたりすると非常に取り回しがしやすくなります。これらを全て兼ね備えていると言うのは難しいかもしれませんが、こだわりたいポイントを絞っておくと、選び方としても簡単に選びやすくなりますね!

おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方ご紹介♪

F1hcd8vzwsqg6xeqdl60
ではここからは、おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方をご紹介していきたいと思います!とっても簡単にできる方法をご紹介していきたいと思います!慣れるとコテでは逆に使いにくいになる方もいるそうですので、ぜひ巻き髪の作り方をチェックしておきましょう!ではまず巻き方のポイントを押さえておきましょう!

全アレンジ共通!キレイに整えるための巻き方のポイント

Hdxm0xg5uhnl3sxne1ns
ではまずは巻き方の前にポイントを知っておきましょう!基本的な部分ですが、仕上がりに直結するポイントです。これらに気を配っておく事で仕上がりをよりワンランクアップさせちゃいましょう!ではチェックです!

全アレンジ共通!キレイに整えるための巻き方のポイント「アイロンと髪は直角に」

Qeqhvxdwxabr4ewi9ckc
ストレートにアイロンを当てている時よりも、巻いている時の方がアイロンがずれやすくなります。ずれてしまうと、一気に傾いたカールになってしまうので気をつけましょう。微妙に傾いてしまうと修正するのも難しくなってしまったりしますので、意図的でない限り、アイロンと髪がしっかり直角になっているかは確認しておきましょう!

全アレンジ共通!キレイに整えるための巻き方のポイント「アイロン後が出ないように」

Myvmfgoqgyqs94bolc4b
アイロンをゆっくり閉じていくのではなく、ぎゅっといきなり閉じてしまったりすると、アイロンを閉じた時の線がはっきり出てしまう事があります。特にアイロンを当て始める根元付近は、なかなか修正するのも難しかったりするので、ぎゅっといきなり閉じないようにしましょう。1cmほど少しだけ挟まずにプレートの上を滑らせるようにしたりして線が出ないようにするのがおすすめです。コテの場合にも同じように線がつきやすいです。気をつけましょう!

おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「内巻きワンカール」

Adqhoftsb2eodnyb5i37
ではここからは内巻きワンカールの作り方についてご紹介していきたいと思います!コテだとどうしても深いカールになりすぎて、今年らしさが失われてしまう事もあります。ぜひストレートアイロンで作る軽くて今年らしい内巻きワンカールをチェックしておきましょう!

内巻きワンカールの作り方 その1

Asnwknu38nosmqkiulin
まずは下準備として、しっかり髪を乾かしておきましょう。そして、アイロン専用のスタイリング剤をなじませておきます。スタイリング剤を使う事によって、熱から守ってくれたりスタイリングのキープ力が上がったりしますので、ぜひ使って見てくださいね!そして、内巻きワンカールの場合には、左右と後ろ、内側と外側で計6ブロックほどに分けておきます。

内巻きワンカールの作り方 その2

Wyj1rezuxwa4ne5uamey
まず内側から巻いていきます。ボブの場合にはあまり目立たないですが、クッション役になるように少しキツめに巻いておくと仕上がりがふんわりとします。ロングの場合には内側も外側も同じカールになるようにしていきます。そして内側が後ろの方まで到達したら、外側へと進みます。

内巻きワンカールの作り方 その3

Fpnrffkovt6xsea6v6t4
外側は根元付近より少し毛先側から当て始めて、カールさせたい場所まではふんわりと柔らかい内巻きにします。カール部分まで来たら一気に巻いていきましょう。あまり巻きすぎないように注意です!これを全体に繰り返していきます。左右でカールの大きさに差が出ないように気をつけましょう。

おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「波ウェーブでアレンジ」

Lnmbcvieknuiqzm2ze9f
では次にトレンドでもある波ウェーブもご紹介していきたいと思います!こちらは非常に簡単ですが、回数を重ねる必要があるので、ちょっと根気のいるアレンジ方法です。コテでは波感は難しいのでぜひチャレンジしてみてください!

波ウェーブの作り方

Fbslllx4jllkan1jwg7f
ワンカールでご紹介した下準備を終わらせておき、ブロッキングは6ブロックほどに分けていきます。このブロッキング内でさらに細かくお好みに合わせて毛束を分けます。毛束を少量取り、クシで毛の流れを整えて根元から少し毛先側から始めます。波ウェーブさせたい部分まで来たら内巻き外巻きを3cmくらいの間隔で立て続けに行います。少し忙しいですので、取り落としなどに気をつけてください。これを全体に繰り返していきます。

おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「三つ編みでウェーブ」

Ycvgezdpyjmq0jjxus5d
では次に三つ編みウェーブについてもご紹介していきたいと思います!こちらは波ウェーブよりもとっても簡単ですので、気分転換したい時などにもとっても便利ですし、ヘアアレンジする時の無造作感を出したい時にもおすすめです。全体をいくつかの三つ編みにして、その三つ編みごとアイロンをしていきます。三つ編みの一方向だけではなく、左右も行なっておくとより強力です。そして熱が冷めたら解いていきます。とっても簡単ですね!

おすすめ!ストレートアイロンの巻き方・作り方「ゆる巻き」

Q64f2htzwxb2iitbug9p
では最後にゆる巻きについても見ていきたいと思います!こちらが一番難易度が高いかと思いますが、何回かやっていくうちに自分のやり方ができるかと思います。ぜひトライしてみてください!下準備を終わらせて6ブロックほどに分けておきます。

ゆる巻きの作り方 その1

Gmnmecup5adciq91pnbs
そして始まり部分は必ず外巻きにしておきましょう。その方がスッキリとした雰囲気にしやすくなります。左右どちらも外巻きにして左右対称にします。そしてお顔に近い部分から毛束を取り、根元より少し先の部分からアイロンを当て始めます。そしてカールさせたい部分まで来たら、くるっと外巻きに回してアイロン本体に巻きつけていく形にします。

ゆる巻きの作り方 その2

Um5vgz89y1pdx0sbocbd
そのまま毛先までくるくると巻いていき、毛先まで来たら下に引き抜きます。そして冷めたら軽くほどきます。これを繰り返していき、全体を行なっていきます。内側は顔に近い部分から内巻きで始めていき、後ろまで行なっていきます。

まとめ

Xmq3vsdktmxkxdux3o3z
最後まで読んでいただいてありがとうございます!ここまでストレートアイロンの基本的な使い方や、内巻きなどのアレンジをしやすい選び方、内巻きワンカールの方法やなどについてご紹介させて頂きました!とっても簡単にできますし、アレンジもしやすく便利なのでぜひコテが苦手と言う方も参考にしてみてくださいね!安いけど優秀なストレートアイロンに関する記事も発見しましたので、併せて読んでみて下さいね↓