Egwq8yaqgxdpnflblcxa

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

ボディーソープの泡タイプランキング!赤ちゃんや敏感肌にも人気!

2018.08.15

ボディーソープの泡について、濃密な泡を作るのは、合成界面活性剤を入れて簡単にできます。赤ちゃんや敏感肌にもおすすめの無添加ボディーソープの泡は、どのようなものがあるでしょうか?コスパも良くおすすめのボディーソープの、泡の、液体ボトルのランキングを見てみました。

目次

  1. ボディーソープの泡について
  2. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】ノブベビーマイルドウォッシュ
  3. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】ケアセラ天然型セラミド7種配合全身ボディーウォッシュ
  4. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】モイスト・ダイアンオイルインボディーソープ
  5. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】ナィブ泡で出てくるボディソープジャンボ
  6. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】カウブランド無添加
  7. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】アラウ泡ボディーソープ
  8. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】泡のボディーケアウォッシュ
  9. 【赤ちゃんでも使える敏感肌用のおすすめ泡のボディーソープ】ビジョン全身泡ソープ
  10. まとめ
Axr8obzzr8g95cnelao0

ボディーソープの泡については、泡洗顔は摩擦を少なくして、肌にダメージを与えないで、汚れを落とすことができるのです。柔らかい泡は毛穴の奥底までしっかり入って、汚れを落とすことができます。しかし、本来必要とする皮脂までも落としてしまいます。泡の調節は界面活性剤と添加物で容易に調節できるのです。泡ができるのは界面活性剤が入っているからで、植物由来で作られたボディーソープでも、キメの細かい泡が立ち、泡で洗えるのは界面活性剤や、合成界面活性剤が入っているからなのです。

合成界面活性剤が入っているものは、使用感がとても良く、一見しっとりしているように見えますが、肌内部では乾燥状態になっています。合成界面活性剤が入っているものは、できるだけ避けることが、お肌のためには良いのです。天然由来の植物成分100%の商品でも、合成界面活性剤が含まれている場合があります。きめ細かな泡が作れるのは、合成界面活性剤が入っていると思った方が良いのです

泡ができるのは界面活性剤が入っているからなのです。植物由来で作られたボディーソープでも、キメの細かな泡が立ち泡で洗えるというのは、界面活性剤や合成界面活性剤が入っているからなので、あまり、泡にこだわると、界面活性剤の量が多くなってきます。界面活性剤の起泡作用によって、ボディーソープなどの泡立ちが良くなります。泡を調節するのは合成界面活性剤と添加物でできるのです

ノブベビーマイルドウオッシュ150ml
価格 ¥ 2,400

常盤薬品工業さん販売の、プッシュ式でなく液体になって、手で液体を取り出し泡立てます。大人の汚れは皮脂もありますが、赤ちゃんの汚れは汗が中心で、大人用とベビー用で洗浄力が違ってきます。洗浄力は大人用よりマイルドで、弱酸性の専用でヌルつきがなく、しっとりとした感触です。プッシュ式でなくて液体になって、手で液体を取り出して泡立てるようです。こちらは150mlのボトルで2400円と、少々コスパが高くなっています。

ノブフォーミングソープD
価格 ¥ 2,399

こちらの商品は敏感肌に良い、泡がプッシュからでるようになっていて、液体が入っています。400mlのボトルで、2399円のコスパは少々高いです。

1/5

続きを読む