Pknx20ueau9ocmsrzmde

スキンケア

CATEGORY | カテゴリー

ミネラルオイルとは?その成分や肌や毛穴への影響を徹底解説!

2018.08.08

ミネラルオイルって聞いたことありますか?実は私たちの身近なところ、クレンジング、乳液、クリーム、日焼け止めなどの化粧品やベビーオイルなどのスキンケア用品に沢山使われているものなんです。そこで今日はミネラルオイルについて、その成分や肌、毛穴えの影響や効果を解説!

目次

  1. ミネラルオイルとは?成分は?
  2. ミネラルオイルは肌に悪い?
  3. ミネラルオイルの特徴は?
  4. ミネラルオイルを使った製品には何がある?
  5. 無添加が登場する理由とは?
  6. ミネラルオイルと植物油の違いは
  7. ミネラルオイルの毛穴への影響は?
  8. ミネラルオイルで皮膚が黒くなる?!
  9. ミネラルオイルの効果的な使い方
  10. まとめ
Shutterstock 548063821 700x467
引用: http://biquick.net/wp-content/uploads/2017/02/shutterstock_548063821-700x467.jpg

ミネラルオイルって聞いたことがありますか?ミネラルという単語はミネラルウォーターや栄養成分のミネラルが連想されて、何か体に良さそうなイメージですよね?でもこのミネラルオイルを日本語にすると鉱物油となります。こうすると一気にイメージが悪くなるのでは?

ではこのミネラルオイル=鉱物油の成分は何でしょうか?何からできているのでしょうか?これにはまずできる過程を説明します。最初に地中奥深くから原油が採取されます。その原油を精製して石油が作られます。その石油からプラスチックなどの製品を作るのですが、その時に廃油がでます。この廃油を脱色・精製して不純物を取り除いたものがミネラルオイル・鉱物油です。

Mineral oil10261 1
引用: https://www.amazingworld.jp/fig-mag/wp/wp-content/uploads/2017/10/mineral-oil10261-1.jpg

鉱物油でイメージダウンして、さらに追い打ちをかけるように石油からできていると聞いてしまうとイメージは最悪になるのでは?でもこのミネラルオイル・鉱物油はワセリンという名前で世界中に広まっています。医療の分野でもワセリンは使われており、病院で処方されてもいます。となると肌に悪いというわけではなさそうです。

ミネラルオイルとワセリンは同じものですが、液体=ミネラルオイル、固体=ワセリンという区別になります。

1/5