V5al9oet39xzeshe1mai

メイク・コスメ

CATEGORY | カテゴリー

キャンメイクシークレットカラーアイズ!使い方や色選びのコツを紹介

2018.08.07

キャンメイクのシークレットカラーアイズを知っていますか?三色セットになっていて、使い方次第で涙袋まで作れる…と人気のキャンメイクのシークレットカラーアイズを使った、おすすめのメイク方法や、メイクのコツ、色選びのコツなどをご紹介していきましょう。

目次

  1. キャンメイクのシークレットカラーアイズ、知ってる?
  2. キャンメイクのシークレットカラーアイズ、持ってる?
  3. キャンメイクのシークレットカラーアイズの色選び
  4. キャンメイクのシークレットカラーアイズ・ロマンティックドールの使い方①基本的な使い方
  5. キャンメイクのシークレットカラーアイズ・ロマンティックドールの使い方②涙袋を作ろう
  6. キャンメイクのシークレットカラーアイズ・プティショコラティエの使い方①基本的な使い方
  7. キャンメイクのシークレットカラーアイズ・プティショコラティエの使い方②シェーディングにも
  8. キャンメイクのシークレットカラーアイズ・ちょっとご注意①発色
  9. キャンメイクのシークレットカラーアイズ・ちょっとご注意②ナチュラル
  10. まとめ
E429812h l
引用: http://photo.kenko.com/E429812H_L.jpg

十代から大人のお姉さんまで大人気のプチプラコスメ、キャンメイクですが、キャンメイクにはたくさんのメイクアイテムがあります。その中でも特に充実していて人気なのがアイメイクアイテムで、本当にたくさんの種類のアイシャドウがありますが、その中の「シークレットカラーアイズ」はご存じでしょうか?キャンメイクのアイシャドウは、パウダータイプからクリームタイプ、ベーシックな色からパール入り、ラメ入りなど、使えるアイテムが多い中、シェーディングのことまで考えられた色がセットされているシークレットカラーアイズは、特に使い勝手が良いと言えるアイシャドウセットとして人気なのです。

287333879
引用: https://img.fril.jp/img/101870035/m/287333879.jpg?1506516120
359680643
引用: https://img.fril.jp/img/126966009/m/359680643.jpg?1518818721

シェーディングまでできる使える三色セットで人気のキャンメイクのシークレットカラーアイズですが、もちろんキャンメイクですので、お値段はプチプラです。税抜きで650円、税込みで702円…と、高校生でもお小遣いで買えるお値段で人気なのに、大人でも充分に使える優秀コスメなのです。公式ホームページのうたい文句では「テクニックいらずで、誰でも上級メイク」となっていて、まさにその通りのこのシークレットカラーアイズ、おしゃれ女子なら持つべきアイテムですが、あなたは持っていますか?まだ持っていないあなた、持っているけれど今ひとつ使い方のコツがわからないというあなたに、シークレットカラーアイズの使い方をご紹介しますね。

383910095
引用: https://img.fril.jp/img/135346410/m/383910095.jpg?1522046626
Item eye065
引用: http://www.canmake.com/images/item_eye065.jpg

それではまず、キャンメイクのシークレットカラーアイズの色選びについてご紹介しましょう。キャンメイクのシークレットカラーアイズには、01ロマンティックドールと、03プティショコラティエの二種類の色セットがあります。血色の良い感じを出したい場合の色選びとしては、01のロマンティックドールがおすすめです。公式の使い方説明にも、01は「血色風赤シャドウ」と書いてあります。また、自然な大きな目を目指す場合の色選びなら、03のプティショコラティエがおすすめです。こちらも公式の使い方説明で、「自然なデカ目に」とあります。「色選びって言われても、血色も良く見せたいし、自然なデカ目にも見せたい!」という人もいるかもしれませんね。もちろん、両方使うという手もありますので、01と03、両方を購入してもOKですよ。色味的に、お肌が黄色味がかっている人向けの色と言えますので、大多数の日本人のお肌に向いていると思われますが、やや青白いタイプの人は、赤が入っている01のロマンティックドールを選ぶのが、おすすめの色選びです。どちらを選ぶのか、決まりましたか?両方なら両方でも良いですよ。あれもこれほ欲しい!という、欲ばり女子にこたえてくれるのがキャンメイクなのですから。ちなみに、下の画像は付属のブラシです。片方は先細、片方は幅広…と、いろいろ使える便利なブラシなので、これを活用していきましょう。

1 / 3