2018年08月10日 UPDATE

【シェーディングハイライト】おすすめの入れ方から人気プチプラまで

シェーディング・ハイライトは、より美しいメイクを仕上げるために欠かせないものです。そこでこのページでは、シェーディング・ハイライトのおすすめの入れ方から人気プチプラ商品、ブラシ・スティック・パレットなどについて解説していきます!

目次

  1. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など①
  2. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など②
  3. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など③
  4. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など④
  5. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑤
  6. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑥
  7. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑦
  8. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑧
  9. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑨
  10. 【シェーディングハイライト】おすすめの入れ方から人気プチプラまでのまとめ

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など①

ハイライト・シェーディングとは

まずは、ハイライト・シェーディングとはどのようなものなのか確認しておきましょう。ハイライトは立体感をだすものですね。光によって、です。一方、シェーディングも立体感を出すものですが、影によってなのです。ハイライト・シェーディングとは、顔に立体感を演出するものだと言えるでしょう。
人気のハイライト・シェーディングは、入れ方の順番も重要ですね。先にハイライトを入れて、顔を明るくします。ハイライトを先にすることで、キレイなメイクを仕上げられるのです。次にシェーディングですね。より立体感を作るためには、シェーディングを入れるようにしましょう。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など②

Tnewxjgg1ykwv7dirdhp

人気のハイライトの入れ方について

ハイライトは、おでこ、鼻筋、ほほ、あごの先に入れます。おでこは真ん中あたりのみ入れてください。鼻ではなく、鼻筋のみに塗っていきましょう。ほほの部分は、こめかみ~目の下に入れてくださいね。ラメ入りのものなどは、ブラシでとり、しっかりとブラシになじませください。そうしないと、ムラができてしまうリスクがあります。
Towxelcexlqtgpunt0na

ハイライトの種類について

ハイライトの種類についてまとめていきます。手軽にブラシでとれ、べたつかないパウダータイプがあります。しっとり仕上がるスティックタイプもおすすめ。メイク直しにも使え、ナチュラルに仕上がるクリームタイプもあります。自分に合ったアイテムを選んでください。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など③

人気のシェーディングの入れ方について

シェーディングはおでこの生え際や、耳の下~あごにかけて塗っていきます。ブラシを最初につけたポイントが濃くなりますので、「濃くしたい部分」→「薄くしたい部分」にすることでグラデーションができるでしょう。シェーディングは、顔のカタチによって入れ方が異なりますが、卵型に仕上がるように意識してください。
Bug6y7o5gsfhbqmcgmz5

シェーディングの種類について

広い範囲に使用できるパウダータイプのシェーディングがあります。ブラシで手軽に使え、ナチュラルな仕上がりになるでしょう。なじませないとムラになりやすいスティックタイプもあります。肌になじみやすいリキッドタイプもおすすめですね。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など④

Ocrmliymtjguooe774v5

人気のハイライトの選び方①

ハイライトの選び方について見ていきましょう。まずは、テクスチャーを中心にみていくのもわるくありません。リキッドタイプであれば、下地として使用することができたり、量をコントロールしやすく、広い範囲に使用できるでしょう。スティックタイプは、手軽に使用でき、メイクに自信のない人にもおすすめ。
Ohvmddygqsbmvbdwvb69
かためのテクスチャーの練りタイプもあります。練りタイプは、持ち運びが便利なコンパクトサイズが多く、少ない量でもハイライトを入れることができますね。ジェルタイプは、塗り心地がよく、べたつきがありません。どのタイプも人気がありますよ。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑤

Okjzwnhrqsjszhmb3o8u

人気のハイライトの選び方②

パール・ラメの有無も要チェックです。パール・ラメがあるタイプは、明るい印象になり、華やかに仕上げたい人におすすめ。パール・ラメがないものは、ナチュラルな仕上がりを目指せるものでしょう。肌にもなじみやすく、ビギナーにおすすめですよ。
Qv7z8xwejhqx9emja98a
色のついたハイライトもありますが、色が入っていない種類もありますね。カラー入りではないタイプは、ファンデーション・肌の色を気にすることなく使用できるのがポイントです。自然な仕上がりにもなりますので、「ナチュラルメイクにしたい」という人は、いかがでしょうか。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑥

Gh5jwmyfdpmstyid8f5d

人気のシェーディングの選び方①

シェーディングの選び方ポイントもお伝えしましょう。シェーディングの種類で選ぶことはおすすめですね。パウダータイプのシェーディングは、ブラシを使用して塗ることができます。広くない範囲で使うときに便利なものであり、回数をコントロールすることで濃淡を調整しやすいでしょう。
Zxqmspl2x7ymo6xyirlo
スティックタイプのシェーディングもあります。スティックタイプは細かいポイントにも塗りやすく、しっかりと発色できるでしょう。一回で濃い影を入れることのできるタイプですね。シェーディングを広い範囲で入れたい人におすすめの種類ですよ。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑦

C4m3sfv26jwdais8t12t

人気のシェーディングの選び方②

他のシェーディングの選び方についもご紹介します。シェーディングは、自身の肌色よりも2トーン下げるようにしましょう。試し塗りができるのであれば、スティックタイプはぼかしについてチェックしてみてください。パウダーは発色を確認してみましょう。
Yvzma6iggwcjhcpsxlq5
ナチュラルに仕上げたいのであればマット、ニキビ跡などが気になるのであれば、パール入りをおすすめします。もしパール入りのシェーディングを選ぶのであれば、ハイライト・ファンデーションも同様のアイテムを選ぶとなじみやすいですね。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑧

Wuxfkmiy1b9nzzbpadjb

プチプラのハイライトについて

セザンヌ ハイライトスティック 01 パール入りホワイト
価格 ¥ 648
プチプラのハイライトをご紹介します。『セザンヌ ハイライトスティック』は、スティックタイプのハイライトですね。ブラシなどにとって肌になじませるやり方をおすすめします。ヒアルロン酸などに乾燥にも◎。
Glakc9jj0gyzfhsofvoe
キャンメイク カラーコントロールハイライター 8.5g
価格
『キャンメイク カラーコントロールハイライター』もおすすめのハイライトです!ファンデーションなどの上からも使用できますので、メイク直しにも◎。パールも入っていますので、明るい印象になりますね。

シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑨

Udodwerzrnav2rwpshnu

プチプラのシェーディングについて

セザンヌ フェース コントロールカラー 4
価格 ¥ 432
『セザンヌ フェースコントロールカラー』はプチプラで使いやすいパウダータイプのシェーディングですね。自然な影を入れることに適した種類であり、かためのテクスチャーであり、不必要なパウダーをブラシに含みません。
Ysbexgbwdxwderlwb2ik
キャンメイク シェーディングパウダー03 ライトブラウン 4.4g
価格 ¥ 734
『キャンメイク シェーディングパウダー』は、ノーズシャドウにも塗りやすく、ナチュラルに仕上げられるシェーディングです。もちろんコスパに優れていますので、気軽に使用することができるでしょう。

【シェーディングハイライト】おすすめの入れ方から人気プチプラまでのまとめ

シェーディング・ハイライトのおすすめの入れ方から人気プチプラまで解説してきました。まずはハイライトとはどういうものなのか、シェーディングは何に使用するのか知りましょう。それぞれにさまざまな種類のアイテムがあり、入れ方も異なりますので、ご注意ください。
シェーディング・ハイライトの選び方についてもまとめてきました。『セザンヌ ハイライトスティック』『キャンメイク カラーコントロールハイライター』『セザンヌ フェースコントロールカラー』『キャンメイク シェーディングパウダー』についても触れてきましたので、ぜひ参考にしてください。シェーディング・ハイライトをメイクに取り入れて、より美しい仕上がりを目指しましょう。