Gmauhtnprvqs9zzeuca8

美容

CATEGORY | 美容

【シェーディングハイライト】おすすめの入れ方から人気プチプラまで

2018.08.10

シェーディング・ハイライトは、より美しいメイクを仕上げるために欠かせないものです。そこでこのページでは、シェーディング・ハイライトのおすすめの入れ方から人気プチプラ商品、ブラシ・スティック・パレットなどについて解説していきます!

目次

  1. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など①
  2. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など②
  3. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など③
  4. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など④
  5. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑤
  6. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑥
  7. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑦
  8. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑧
  9. シェーディング・ハイライトはパレットがおすすめ?入れ方~プチプラ商品など⑨
  10. 【シェーディングハイライト】おすすめの入れ方から人気プチプラまでのまとめ

ハイライト・シェーディングとは

まずは、ハイライト・シェーディングとはどのようなものなのか確認しておきましょう。ハイライトは立体感をだすものですね。光によって、です。一方、シェーディングも立体感を出すものですが、影によってなのです。ハイライト・シェーディングとは、顔に立体感を演出するものだと言えるでしょう。

人気のハイライト・シェーディングは、入れ方の順番も重要ですね。先にハイライトを入れて、顔を明るくします。ハイライトを先にすることで、キレイなメイクを仕上げられるのです。次にシェーディングですね。より立体感を作るためには、シェーディングを入れるようにしましょう。

Tnewxjgg1ykwv7dirdhp

人気のハイライトの入れ方について

ハイライトは、おでこ、鼻筋、ほほ、あごの先に入れます。おでこは真ん中あたりのみ入れてください。鼻ではなく、鼻筋のみに塗っていきましょう。ほほの部分は、こめかみ~目の下に入れてくださいね。ラメ入りのものなどは、ブラシでとり、しっかりとブラシになじませください。そうしないと、ムラができてしまうリスクがあります。

Towxelcexlqtgpunt0na

ハイライトの種類について

ハイライトの種類についてまとめていきます。手軽にブラシでとれ、べたつかないパウダータイプがあります。しっとり仕上がるスティックタイプもおすすめ。メイク直しにも使え、ナチュラルに仕上がるクリームタイプもあります。自分に合ったアイテムを選んでください。

人気のシェーディングの入れ方について

シェーディングはおでこの生え際や、耳の下~あごにかけて塗っていきます。ブラシを最初につけたポイントが濃くなりますので、「濃くしたい部分」→「薄くしたい部分」にすることでグラデーションができるでしょう。シェーディングは、顔のカタチによって入れ方が異なりますが、卵型に仕上がるように意識してください。

Bug6y7o5gsfhbqmcgmz5

シェーディングの種類について

広い範囲に使用できるパウダータイプのシェーディングがあります。ブラシで手軽に使え、ナチュラルな仕上がりになるでしょう。なじませないとムラになりやすいスティックタイプもあります。肌になじみやすいリキッドタイプもおすすめですね。

Ocrmliymtjguooe774v5
1 / 3