T3zdrqjiqj7r4ewblsbp

お風呂

CATEGORY | お風呂

ボディミストの使い方は?香水との違いや人気のおすすめ商品も紹介!

2018.08.08

ボディミストというのを聞いたことがありますか?香水のようで香水とは違いますし、使い方もちょっと違います。髪に使ったり、お風呂上がりに使ったり、学校で使ったり…というボディミストの使い方や、人気・おすすめ商品をご紹介しましょう。

目次

  1. ボディミストって何?使い方も違うの?
  2. ボディミストの使い方①リフレッシュに
  3. ボディミストの使い方②乾燥した所につける
  4. ボディミストの使い方③お風呂上がりに
  5. ボディミストの使い方④直接つけない
  6. ボディミストの使い方⑤髪につける
  7. ボディミストの使い方⑥消臭剤
  8. ボディミストの使い方⑦香水代わり
  9. 人気・おすすめボディミスト
  10. まとめ
51803310645
引用: http://img1.kakaku.k-img.com/images/productimage/fullscale/51803310645.jpg

最近時々聞くようになった「ボディミスト」という言葉ですが、聞いたことはありますか?「香水みたいなものでしょ?」という人、それはほぼ正解です。香水と同じように、「香る水」っぽいものですので、正解と言えますが、香水類とはちょっと違った分類になるのです。香水と呼ばれるものは、濃度が15~30%で香りの持続時間が5~7時間のパルファム、濃度10~15%で香りの持続時間が5~7時間のオードパルファム、濃度5~10%で香りの持続時間が3~4時間のオードトワレ、濃度2~5%で香りの持続時間が1~2時間のオーデコロンの四種類です。これに対して、ボディミストというのは、香水の分類には入りません。商品名としては、ボディフレグランスやボディスプレーという名前がついていて、香水というより、化粧水のようなものになります。香りの持続時間はかなり短く、つけた時だけいい香りがするというものも少なくありません。香りの持続時間は長くても2時間程度までですし、もともと化粧水のようなものですので、香水とは使い方も使う目的も違います。香水のように、時間経過で香りが変わるということがない…というのも、大きな違いのひとつです。

41xrcnc3p1l. sy300 ql70
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41XrcNc3P1L._SY300_QL70_.jpg
31uoqczq60l. sy300 ql70
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31uOqcZQ60L._SY300_QL70_.jpg

それでは、実際ボディミストを愛用している人のご意見なども参考に、ボディミストの使い方についてご紹介していきましょう。ボディミストは香りの持続時間がきわめて短いことから、まず、香水として使うという人はほぼいないと言っていいでしょう。でも、香水と違い、香りがきつすぎず、とてもやさしくやわらかいので、学校でも職場でもどこでも使えるのが大きな利点です。学校で香水をつけていれば先生に注意されますし、職場できついにおいの香水をつけるのはTPO違反になります。ボディミストなら、香り立ちもやわらかですし、すぐに香りが消えますので、学校や職場で、自分自身の気分のリフレッシュのためだけに使うという人もいるのです。ご自分のお気に入りの香りのボディミストなら、たしかにリフレッシュできますよね。良い香りというのは、ストレス軽減などの効果もありますので、理にかなったストレス解消方法・リフレッシュ方法と言えるのです。ボディミストでリフレッシュというのは人気・おすすめの使い方ですので、ぜひお試しくださいね。

130403 ida
引用: http://cdn.slism.net/2013/04/130403_ida.jpg
2603740 39 d 500
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/740/2603740/2603740_39_D_500.jpg

先に少し触れましたが、ボディミストというのは、香水とは違い、香りのついた化粧水のようなものです。なので、学校や職場などで、「あ、なんかひじがかさついてる」などと感じた時に、かさついた…乾燥したお肌につけるというのも良いでしょう。基本的に、顔以外の全身に使えるものですので、顔でなければどこでもOKです。お気に入りの香りでうるおいチャージできるというのは、とてもうれしいものですよね。香りがやわらかいので、使う場所も選びませんし、学校にも職場にも持っていって、いつでも使えるようにしておくのが、人気&おすすめの使い方です。

1 / 3