2018年08月10日 UPDATE

bbqの野菜は何にする?おしゃれなセットや下準備もご紹介!

bbqの野菜について、持っていく量や必要な下準備はどうするか知っていますか? この記事では野菜の切り方や下準備のレシピ、おしゃれなセットなどを紹介します。bbqは串に出すだけじゃないんです。これをやっておくと当日が楽になるコツをご紹介します。

目次

  1. bbqの野菜はどうしてる?
  2. bbqの野菜を決める時のポイントは?
  3. bbqで丸焼きに!! 下準備不要の野菜
  4. ホイルを使ってbbqの野菜をもっと美味しく
  5. bbqだけど焼いて食べない、箸休め野菜
  6. bbq前にやっておきたい野菜の下準備
  7. bbq前の野菜の下準備①:とうもろこし
  8. bbq前の野菜の下準備②:にんじん・かぼちゃ・さつまいも
  9. 野菜セットで用意も手軽に
  10. ワンランク上のbbq!! 野菜を使ってもう一品
  11. 野菜を使ったbbqレシピ①:長芋ステーキ
  12. 野菜を使ったbbqレシピ②:アスパラ肉巻き
  13. 野菜盛りだくさんのbbqを楽しもう

bbqの野菜はどうしてる?

バーベキューの主役といえばお肉ですが、欠かせないのは野菜ですね。野菜は箸休めにもなりますし、彩りや栄養バランスを考えても必要です。
野菜、と一言で言っても色々な種類がありますが、皆さんはどんなものを選んでいますか? また、下準備はちゃんと行っていますでしょうか。
現地で切って焼けばいいと思う方も多いかと思いますが、野菜の下準備をしておくと、当日の時短につながります。今は電子レンジなどを使って簡単に出来ますよ。
また、今は店頭や通販でセット販売もされていますので、少人数の場合はセットを活用するとより手軽に済ませることが出来ますよ。
この記事では、バーベキューの野菜に関するお役立ち情報をご紹介。レシピも活用して野菜もおしゃれに用意しましょう。
Ocvykujipb599hzqdu3f

bbqの野菜を決める時のポイントは?

定番の野菜や旬の野菜、見た目がおしゃれな野菜など、色々ありますが、バーベキューに持参する野菜を選ぶ時は、下記のポイントに注目しましょう。

①丸焼きにして食べられる

②火の通りやすい野菜、通りにくい野菜をバランスよく揃える

③焼かない野菜も用意する

これらのポイントに注意して、必要であれば下準備をしていきましょう。
Nvquhyvbnvdu5wewhcn6

bbqで丸焼きに!! 下準備不要の野菜

それではまず、下準備が不要、まるっと焼くだけで食べられる野菜をご紹介します。レシピは串に刺したりして焼いて味をつけるだけ。参考にしてくださいね。

茄子

夏に美味しい茄子は、焼く前に包丁で数箇所刺しておき、破裂しないようにしましょう。
箸で押してみて、柔らかくなっていたら大丈夫。焼けたらカットして、鰹節と醤油などで味をつけをして食べましょう。切り方は特にありませんが、中身が見えるように斜めに切って鰹節をかけると見た目もおしゃれですね。
%e3%81%aa%e3%81%99 %e4%b8%b8%e7%84%bc%e3%81%8d
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/none/path/sb70761c8dc8a5caf/image/i43435e481f68a9b2/version/1470301028/%E3%81%AA%E3%81%99-%E4%B8%B8%E7%84%BC%E3%81%8D.png

ミニトマト

ミニトマトを串に刺して焼くと、見た目もおしゃれでジューシーな串焼きになります。
表面に焦げ目がつく程度に焼いたら、そのままいただきましょう。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88 %e3%81%a8%e3%81%be%e3%81%a8 %e4%b8%b2%e7%84%bc%e3%81%8d
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=348x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/icf5740c57cddc935/version/1455168574/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88-%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A8-%E4%B8%B2%E7%84%BC%E3%81%8D.png

白ネギ

白ネギも下準備なく焼いて食べられる野菜です。焼くことで甘みが出て美味しくなりますよね。
時々転がして、まんべんなく焦げ目をつけましょう。食べる時は表面の焦げた皮を剥いてから食べてくださいね。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e7%99%bd%e3%83%8d%e3%82%ae %e4%b8%b8%e7%84%bc%e3%81%8d
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=347x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/i37e1958fff0b44a3/version/1455096323/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E7%99%BD%E3%83%8D%E3%82%AE-%E4%B8%B8%E7%84%BC%E3%81%8D.png

パプリカ

色鮮やかなパプリカも、下準備なく焼ける野菜です。表面が黒くなるまで焼くと、中まで柔らかくなっていますよ。食べる時は皮をむいてからにしましょう。
甘い野菜なので、そのまま食べましょう。半分に切ってそこにご飯をつめてチーズを散らしてから焼くと、小腹がすいた時に手軽に食べられますよ。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e3%83%91%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%ab %e4%b8%b8%e7%84%bc%e3%81%8d
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=348x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/i11a55b744c69682a/version/1455092248/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E3%83%91%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AB-%E4%B8%B8%E7%84%BC%E3%81%8D.png

しいたけ

しいたけは石づきを切って塩をふり、丸焼きにしましょう。表面に切れ目を入れておくと、味が染み込みやすくなりますよ。
61nxl m4vbl. sl1000
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NXl-M4VBL._SL1000_.jpg

ホイルを使ってbbqの野菜をもっと美味しく

アルミホイルを活用すると、野菜をもっと柔らかく、美味しく仕上げることが出来ますよ。

玉ねぎ

玉ねぎをホイルにつつんで焼くと、ジューシーに甘く仕上げることが出来ます。
皮を向いて濡らした玉ねぎをホイルでつつみ、炭の中に入れて焼き上げます。柔らかくなったら完成です。1人1つ食べられるように、小ぶりの玉ねぎを人数分の量用意しておくことをおすすめします。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e7%8e%89%e3%81%ad%e3%81%8e %e3%82%bf%e3%83%9e%e3%83%8d%e3%82%ae %e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%ab %e4%b8%b8%e7%84%bc%e3%81%8d
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=347x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/i60654fff28475445/version/1455097175/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E7%8E%89%E3%81%AD%E3%81%8E-%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%AE-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%AB-%E4%B8%B8%E7%84%BC%E3%81%8D.png

じゃがいも

じゃがバターもホイルを使えば簡単に作ることが出来ますよ。じゃがいもは濡らした新聞紙で包んでからホイルでくるみましょう。
竹串が刺さるまで焼き上げたら、切ったじゃがいもの上にバターをのせて完成です。バターの量はたっぷりのせましょう。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82 %e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=348x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/if03e89484954ec30/version/1455153405/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C%E3%81%84%E3%82%82-%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC.png

さつまいも

デザートに最適な焼き芋も、バーベキューの炭火を使えば自分で作ることが出来ます。じゃがいもと同じように濡れた新聞紙でつつみ、その上からホイルで巻いて炭の中で焼き上げましょう。
竹串が刺さるくらいになったら完成です。さつまいもの量は多めにしておくと、余っても持って帰ることが出来ますよ。火傷に気をつけてみんなで楽しみたいですね。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e3%81%95%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%84%e3%82%82 %e7%84%bc%e3%81%8d%e8%8a%8b %e3%83%a4%e3%82%ad%e3%82%a4%e3%83%a2
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=348x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/idf6ef53d6f62c1ba/version/1455154843/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E3%81%95%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%84%E3%82%82-%E7%84%BC%E3%81%8D%E8%8A%8B-%E3%83%A4%E3%82%AD%E3%82%A4%E3%83%A2.png

bbqだけど焼いて食べない、箸休め野菜

トマト

今の季節、トマトは焼かずにそのまま食べましょう。みずみずしいトマトは水分補給にもなりますし、箸休めに最適ですよ。
冷えたトマトの方が美味しいので、食べる直前までクーラーボックスで冷やしておきましょう。
Zcc2wyjwjoboxwykj1ne

きゅうり

きゅうりも切って味噌をつけたり、事前に浅漬けにしておくと、ちょっとおしゃれに美味しく食べることが出来ますよ。
こちらも冷やした状態で、食べる直前に取り出すことをおすすめします。串にさして食べやすい切り方にしておくと、食べる手が止まらなくなりますよ。
Ed0233231e0b1cb159b4c692ee101cf8
引用: https://617mi5y4.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2015/09/ed0233231e0b1cb159b4c692ee101cf8.jpg

bbq前にやっておきたい野菜の下準備

ここからは、実際のバーベキューで焼く前にやっておきたい下準備の方法をご紹介します。
下準備をしておくと火の通りが変わってきますので、前日などにやっておきましょうね。

bbq前の野菜の下準備①:とうもろこし

焼きとうもろこしは子どもも大人も大好きなメニューです。しかし、そのまま持っていくと焼けるまでに時間がかかるので、事前に電子レンジなどを使って下準備をしておきましょう。
電子レンジの場合は、ラップでくるんでから2分程度あたためます。また、むいたとうもろこしを並べ、そこに水を入れて蒸したり、最後の皮を残した状態で水の中に入れて茹でてもOKです。
最後に食べやすい大きさに切ってから冷蔵庫に保存しておきましょう。
Lirikiynyfi6o4scldhx

bbq前の野菜の下準備②:にんじん・かぼちゃ・さつまいも

にんじんも皮をむいて好みの大きさに切ってから、ラップにくるんで電子レンジで加熱しましょう。切り方はお好みでOK。500Wで約2分程度が目安です。
かぼちゃやさつまいもも切って、ラップにくるんで同様にレンジで加熱します。切り方は食べやすい大きさ・薄さにすることがおすすめです。
翌日は濡らしたキッチンペーパーにくるんで持っていきましょう。
Dzjizha0eqyur7ijcrkc

野菜セットで用意も手軽に

今は通信販売などで、必要な野菜を集めたバーベキュー用のセットを販売している場合もあります。
既に全て切ってあるので、切り方等を気にして下準備をする必要もありませんね。
野菜を1つずつ買ってくのは単価が高くなることもありますので、家族などの少人数の場合は、野菜や肉のセットを用意しておくと、より手軽に楽しむことが出来ますよ。
61bzxxtdv7l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61BzXXTDV7L.jpg
有機JAS認定野菜のバーベキューセット6品 じゃがいも・玉ねぎ・人参・ピーマン・ミニトマト・生しいたけ  (同梱OK) [その他]
価格
新鮮カット野菜 2名様分 BBQに パーティに 市場直送
価格 ¥ 1,000

ワンランク上のbbq!! 野菜を使ってもう一品

野菜をただ焼くだけではなく、ちょっとひと手間をかけて一品増やすことが出来るレシピも多く公開されています。
他の人とは違う、ワンランク上のおしゃれなバーベキューにしたい人は、是非チャレンジしてみてくださいね。
Xjgnmtnd4thhfk0q8dhx

野菜を使ったbbqレシピ①:長芋ステーキ

長芋は皮付きのまま洗います。切り方は1.5~2センチ程度の輪切りです。
輪切りした長芋を好きな状態まで焼き、焼き上がったものに醤油やマヨネーズ、鰹節などをかけて完成です。
長芋は加熱することで甘みが増して、更にジューシーになります。切り方を変えて薄く切ることで、長芋チップスにしても美味しいですよ。お酒のおつまみに最適なレシピです。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e9%95%b7%e8%8a%8b %e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%ad
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=343x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/i80fd8ffe1e22aa12/version/1455088958/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E9%95%B7%E8%8A%8B-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%AD.png

野菜を使ったbbqレシピ②:アスパラ肉巻き

そのまま焼いても美味しいアスパラガスですが、その上から豚肉を巻いて焼くと更に美味しく仕上げることが出来ますよ。
アスパラガスの下半分の皮はかたいので、ピーラーでむいておきましょう。豚肉は塩コショウで味付けをした状態で巻いていきます。
豚肉を巻いたアスパラを、炭火でじっくり焼いていきましょう。アスパラガスは食べやすいように事前に切っておいても良いですし、豪快に丸々一本焼くのも良いかと思います。
子どもから大人まで大好きなメニューですので、多めの量を用意した方が良いかと思いますよ。
%ef%bd%82%ef%bd%82%ef%bd%91 %e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a9%e3%82%ac%e3%82%b9 %e8%82%89%e5%b7%bb%e3%81%8d
引用: https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=347x10000:format=png/path/sb70761c8dc8a5caf/image/ia36235f757e0c743/version/1455093898/%EF%BD%82%EF%BD%82%EF%BD%91-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%82%B9-%E8%82%89%E5%B7%BB%E3%81%8D.png

野菜盛りだくさんのbbqを楽しもう

バーベキューにおける野菜は、肉より量も少なくて脇役になりがちですが…レシピを活用したり、ひと手間かけることで、より色々な楽しみ方をすることが出来ます。
野菜があると彩りや栄養バランスも良くなりますし、丸焼きにしたり、串に刺して焼いたり、調理法を変えるだけで色々な味や食感を楽しむことも出来ます。
Wuwpbghd1g8njcgfpw9t
ある程度の量を食べることで、肉ばかり食べすぎないようにすることも出来ますね。忙しい時はセットに頼りましょう。
より美味しく野菜を食べるために、用意する量にも気をつけて、しっかり下準備をしてから当日を迎えましょう!!
71hyehzrs1l. sl1500
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71hyEHZRs1L._SL1500_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ed8KGSUSL.jpg