2018年08月18日 UPDATE

年下男性に好意を持たせるためのアピール法や脈ありサインの見抜き方

年下男性はかわいい、付き合いたいと考えている人も多いでしょう。しかし好意を持たせるためにはどうすればいいのか、タメ口の有無やlineのやり方、結婚への意識など難しいと感じることは山程です。そこで今回は年下男性の脈ありサインやアピール方法について見ていきます。

目次

  1. 年下男性をかわいいと感じる女性多数♡
  2. 年下男性に好意を持たれるのはハードルが高い?
  3. 年下男性の好意を刺激するならば、lineを上手く使おう
  4. 年下男性が敬語の場合、タメ口でOKと伝えるのもおすすめ
  5. 年下男性とのlineで気をつけるべきポイント
  6. 年下男性へのアピールで常に意識しておきたいこと
  7. 年下男性へのアピール方法は積極的にGO
  8. 年下男性の脈ありサイン
  9. 年下男性と結婚するためには
  10. まとめ

年下男性をかわいいと感じる女性多数♡

Spra5tsnrhovmxn670cj
年下男性をかわいいと感じる女性は少なくありません。女性には母性本能があるため、年下男性の無邪気な一面やどこか子供っぽい姿にはかわいいと感じて、思わずキュンっとしてしまう人が多いのです。そんな母性本能も刺激され続けていけば、年下男性をかわいいと感じつつも好意を持つことに繋がり、気づけば好きになっていた…というケースもよくあることです。
Gm23lc0ayrfjhe9wxgbt
特に年下男性の場合、かわいいという一面が多いものの、男性としての男らしい一面や頼りがいがある一面も見られるため、ギャップに弱い女性は年下男性の虜になりやすいと言えます。かわいいと思っていた男性が、とても男らしくてかっこよかった…そんなギャップを味わってしまえば、年下男性の虜になってしまうものです。
T9h6e6qtg2f6spnod0ss
今回はそんなかわいい年下男性に好意を持たせる方法を紹介していくので、年下男性との恋愛のやり方がわからない、どんなアピールが効果的なのは難しい、そう考えている人は是非チェックしていきましょう。

年下男性に好意を持たれるのはハードルが高い?

Thd5or5vqufxkitw51og
年下男性に好意を持たれるのはハードルが高い、と感じる女性は少なくありません。たしかに女性の多くは、同年代、または年上男性を好むことが多いため、単純に年下男性との恋愛は難しそうと感じてしまうのも無理はありません。実際男性の中には年下女性が好みという人も多いため、さらにハードルの高さを感じてしまうことでしょう。
Laxgpualgrl4rytkrkoo
しかし恋愛というものは、始まってしまえばある程度の条件は意味をなさないと感じるものです。上手く年下男性にアピールをして、好意を持たせることが出来れば、たとえ年下女性が好みだった年下男性を振り向かせられるのです。また、意外と年上女性に対して魅力を感じる年下男性は少なくないため、思ったよりもハードルは高くないと言えます。

年下男性の好意を刺激するならば、lineを上手く使おう

Ikjvrkni4cyn8lmw1cek
年下男性の好意を刺激するためには、lineを上手く使うのがおすすめです。年代にもよりますが、自分の同性代よりもlineを頻繁に使っているケースが多いため、年下男性へのアピール方法としてlineが効果的なことがほとんどなのです。
Cqjxu1rwx5g0yxkyvpse
ただし相手は男性なので、あまりlineが得意ではない場合や、連絡無粋である場合、仕事や趣味が忙しくて頻繁にline出来ないということもあります。それも踏まえた上で大人の余裕を持ってlineで距離を縮めていくことが好意を刺激することに繋がるため、【大人の余裕を持つ】ことを意識しつつ、相手を知るために適度な質問をしていくことで、お互いへの理解を深めていくと良いでしょう。

年下男性が敬語の場合、タメ口でOKと伝えるのもおすすめ

Dplyyupl0ecoqwqutwp2
年下男性が敬語を使ってくる場合もありますよね。実際に会って話す時も、そしてlineでも敬語を使われると、壁を感じてしまう…と思う人も多いでしょう。これは年下男性との関係性にもよりますが、敬語が必要な関係性である場合にはある程度lineで距離を縮めた後、lineではタメ口でもOKだよ、と伝えてあげるのがおすすめです。
Ze4byypmg8j6muibyrpb
特に敬語を使う間柄が、タメ口を使う間柄になるというのは、一気に親密さを感じるポイントにもなります。敬語を使わなくなった、タメ口を使っても良い…そんなささやかながらも相手に対して一歩近づいたような特別感は、必ず年下男性に好意を持たせるためのテクニックにもなるため、頃合いを見タメ口OKサインを出して距離を縮めていきましょう。

年下男性とのlineで気をつけるべきポイント

Kvai7rawkflt0fuhfqyn
年下男性とのlineでは、気をつけるべきポイントがいくつかあります。これは先程も紹介した通り、大人の余裕を持つことが年下男性へ好意を持たせるきっかけにもなるため、【lineの頻度は気にしない】【相手の生活リズムや趣味に理解を示し、応援する】ということでアピールしていきましょう。
Zukxycohnfmqkvdgm9pu
またlineをする上でタメ口OKとなっていくと、つい年下男性に合わせたテンションで若々しさをアピールしてしまうことがあるでしょう。たとえば可愛いスタンプを連発してみたり、場合によっては最近流行りの若者言葉を使ってしまったり…しかしそれは年下男性からすると無理をしていると感じられることに繋がる恐れがあるため、おすすめは出来ません。年下男性とのlineでは年上という余裕を持たせつつも、素の自分で挑むことが大切なので忘れないようにして、lineを上手く使っていきましょう。

年下男性へのアピールで常に意識しておきたいこと

U3mqycazgvi5fgujsrnl
年下男性へのアピールでは、常に意識をしておきたいポイントというものがあります。どんなアピール方法だったとしても、必ず【大人っぽさを感じさせる余裕】を持っておきましょう。出来るだけ年下男性への理解を示していくと、年下男性は年上女性の包容力に魅力を感じ、居心地の良さを見出していくことに繋がります。
Sszfzv4qhhscdlnepgiz
実際年上女性には、年下男性と同年代、またそれよりも年下の女性にはない大人の余裕というものがあります。経験をしている分、理解という形で年下男性にアピールをしていくことが最大の武器となるため、年下男性を包み込んであげるように意識をしてあげて、年下男性へのアピールは上手くいくはずです。

年下男性へのアピール方法は積極的にGO

Dhmlj2iihonjgzwum0md
具体的な年下男性へのアピール方法ですが、包容力を見せつつも積極的にアピールをするのがおすすめの方法となっています。特に多くの女性は、好意がバレるのは不安である…と思う人が多く、好意を持ってもなかなか積極的に行動できない人がほとんどです。また、男性にリードしてもらいたいという願望が邪魔をして、恋愛が行き詰まってしまっていることも多々あります。
Rgoycgl1kxusnm4qn42j
そのため、実は年下男性に限らず男性の多くは女性から積極的にアピールをされたことがありません。積極的にアピールされたいと思いつつも、男性がリードをしなくてはいけないという世間一般的なイメージから、なかなか思うような理想の恋愛が出来ていないということもあります。そんな年下男性のイメージを覆るように、思い切って積極的に、時には強引にアピールをしていけば確実に年下男性は年上男性に魅力を感じるはずなので、恥ずかしがらずに勇気を持っていきましょう。

年下男性の脈ありサイン

Clin9nyqgvrdfpjxrqsx
年下男性の脈ありサインがわからない、と感じる人もいますよね。たしかに男性自体、脈ありサインというのはわかりにくいもので、つい不安になってしまうという女性は少なくないでしょう。
Qom1k5ej2lztj7qnqzcv
しかし男性は好意を持っている相手に対して、自分をかっこよく見せたいという気持ちが強く働くものなのです。特に年下男性は、年上女性に対して好意を抱けば、年下というハンデを埋めるべく、わかりやすく自分を良く見せようとしていきます。かなりわかりやすい脈ありサインが伺えるはずなので、どこか年下男性に必死さが感じられるのであれば、脈ありだと考えていいでしょう。

年下男性と結婚するためには

Xrqjtb6cyjm3km3o8lrv
最後に年下男性との結婚についてです。近年の男性は結婚に対して負担と感じている人が少なくないのと、現実的にある程度の年齢にいかないと結婚するほどの財力がない、というのが現状です。そのため、年下男性に結婚の意志を芽生えさせるのはやや難しいのが事実だと言えます。
Qxn1rxihm7xc5zuqhnfj
それでも確実に関係を深めていけば、結婚を視野に考えてくれるはずです。女性にとっては結婚をするにあたって、子供を作るためのタイムリミットなどもあるため焦りが生じてしまうこともありますが、それが年下男性に気づかれると結婚への義務感が生じて重荷になってしまうため、年下男性のペースに合わせつつ、確実に距離を築いていけるように頑張っていきましょう。

まとめ

Buvwflxfiq9oszewoec4
いかがでしたか?かわいい年下男性と付き合いたい、そう思うならば今回紹介したアピール方法やタメ口、lineなどのやり方を意識して是非距離を縮めてみてください。上手くいけば好意をこちらに向けることが出来ますし、次第に脈ありサインも見えてくるはずです。年下男性は結婚相手としては難しいのかもしれないと感じている女性もいますが、それもアピールの方法や年下男性との付き合い方によって大きく変わっていくものなので、諦めず、好意を持ったかわいい年下男性を虜にすべく、頑張っていきましょう♡