Pdlphfdrczigcetlnnsg

ヘアケア

CATEGORY | カテゴリー

ヘアアイロンのやけどが痛い!首や手などの対処・防止方法を徹底解説

2018.08.30

ヘアアイロンでやけどしたことがある人はいませんか?使い方によっては、首や手、顔…特におでこなどにやけどをしたことがある人も多いのです。そんなヘアアイロンでの痛いやけどを防止する方法、やけどをした時の対処方法をご紹介します。

目次

  1. ヘアアイロンでやけどしたことある?
  2. ヘアアイロンで手にやけど
  3. ヘアアイロンで首にやけど
  4. ヘアアイロンで顔にやけど
  5. ヘアアイロンでおでこにやけど
  6. ヘアアイロンでやけどをしない、防止方法①髪の毛は乾かしましょう
  7. ヘアアイロンでやけどをしない、防止方法②首にタオルを巻きましょう
  8. ヘアアイロンでやけどをしない、防止方法③皮膚に近づけないように気を付けましょう
  9. ヘアアイロンでやけどをした時の対処方法
  10. まとめ
31dooizyfll. sy300
引用: http://ecx.images-amazon.com/images/I/31DooIZYFLL._SY300_.jpg

毎朝のヘアスタイリングに使っている人も多いヘアアイロンですが、あなたは、ヘアアイロンでやけどをしたことがありますか?おそらく、ヘアアイロンでやけどをしたことがあるという人は、けっこう多いのではないかと思います。髪に使うとはいえ「アイロン」ですので、うっかり肌に当たってしまうと、やけどをするのは当然なのです。ついうっかり、熱くなったパイプ部分やプレート部分を手で触ってしまってやけどをした…などというのはざらではないでしょうか?やけどは、その時熱いというだけではなく、ひどければしばらく痛い思いをしなければなりませんので、とても辛いものです。

2297
引用: http://multimedia.okwave.jp/image/questions/0/2297/2297.jpg
08862500 2
引用: http://www.astyle.jp/images/goods/088625/08862500_2.jpg

ヘアアイロンを使っていて、やけどをしてしまったという人は、いったいどこにやけどをすることが多いのでしょうか。まず、先に挙げた「手」です。熱したヘアアイロンを使おうとして、うっかり熱くなった部分を手でさわってしまってやけどする場合もあれば、ヘアアイロンを使った後、電源を切ってからやけどをする場合もありますね。電源を切ったからといってすぐに温度が下がるわけではないのですが、ついうっかりさわってしまってやけどをすることもあるのです。朝、ばたばたとヘアスタイリングをしていると、ついうっかり手でさわってしまい、やけどをした…という人はとても多いのではないでしょうか?

O0640048012350100955
引用: http://stat.ameba.jp/user_images/20121227/23/nanami077339/35/f7/j/o0640048012350100955.jpg
Img58662871
引用: http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/netsbee/cabinet/sunnyplace/img58662871.jpg?_ex=300x300&s=2&r=1

手の他にも、ヘアアイロンでやけどしやすいところがあります。ヘアアイロンは、髪の後ろの部分にも使いますが、自分の頭の後ろは自分で見ることができませんよね。合わせ鏡を使って見ながらヘアアイロンを使っても、じかに見るのと違って、そううまく使うことはできません。なので、首の後ろの部分にヘアアイロンが当たってしまい、首にやけどをするという人も意外に多いのです。手のやけども痛いですが、首のやけども相当痛いですよね。手の場合、かばうこともできますが、首のやけどは、服でこすれてしまうことも多いので、きちんと手当をしなければ、長引いてしまうこともあります。痛いのが長引くなんて最悪ですよね。それでも、首に包帯を巻くなんておおげさすぎる…と、何もせず、その結果長引いてしまうという人もいるのです。

Snapcrab noname 2016 3 22 16 46 56 no 00
引用: http://acne.nanacollect.com/wp-content/uploads/2016/03/SnapCrab_NoName_2016-3-22_16-46-56_No-00.png
Dp0527201617055238m?fmt=jpg&fit=constrain,1&wid=496&hig=496&op usm=.4,
引用: http://s7d9.scene7.com/is/image/JCPenney/DP0527201617055238M?fmt=jpg&fit=constrain,1&wid=496&hig=496&op_usm=.4,.8,0,0&resmode=sharp2

ヘアアイロンは、顔の周辺の髪にも使うので、顔にやけどをする人も多いようですね。顔周りの髪を内巻きにしようとしていて、顔に近づけすぎて、ほっぺたなどにやけどをするケースもあります。顔の皮膚は、体の中で唯一、常に外気にさらされている部分の皮膚なので、顔以外の箇所の皮膚と比べると、意外にも厚いのです。外気にさらされてたくましく厚くなった顔の皮膚なので、意外と熱さにも強く、ヘアアイロンが近づいたぐらいでは、そう熱いとは感じないのです。なので、本格的に「熱い!痛い!」などと思った時には、ひどいやけどをしている…ということもあります。

1 / 3