2018年08月30日 UPDATE

ネイルの持ち!平均や浮いてきた時の対処方法や剥がれる原因など紹介

ネイルの持ちはとても気になるところです。この記事では、ネイルの持ちの平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処などについて解説していきます。さまざまな原因がありますが、対処方法も豊富にありますので、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

  1. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)①
  2. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)②
  3. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)③
  4. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)④
  5. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑤
  6. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑥
  7. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑦
  8. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑧
  9. ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑨
  10. ネイルの持ち!平均や浮いてきた時の対処方法や剥がれる原因など紹介のまとめ

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)①

Tzy7chux3xpmvutxlkbd

ネイルの持ちの平均期間

すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処についてお伝えする前に、ネイルの持ちの平均期間を解説します。ジェルネイルであれば、約1か月と言われていますね。爪の伸びによって異なります。足であれば、もう少し長い期間大丈夫でしょう。長い期間つけていても問題ありませんが、衛生面などにはご注意ください。見た目もおかしくなってしまう可能性がありますね。
W0klhlohrvzmixluujzo
またジェルネイルは、長い期間使用していると、浮くことがあります。そしてそこに水が入り込み、最悪の場合、カビが生えるリスクもあるでしょう。カビがはえてしまった場合、ネイルができなくなってしまうリスクがありますね。なので、約1か月でオフするようにしましょう。爪が健康的でなければ、ネイルを楽しむことができませんよ!

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)②

Hnstpay7eok5eoe3uucj

浮いてきた時の対処・長持ちの方法①

浮いてきた時の対処・長持ちの方法についてまとめていきます。まずは、できるだけ爪先に負担をかけないことですね。負担をかけてしまうと、長持ちできないリスクが高まります。指をつかうことが多い人は、気を付けるようにしましょう。
Iv6lcyevfurcmognfxfx
また、バスタイムの際、ネイルをお湯に長時間つけることも避けてください。お湯につけてしまうと、ネイルが浮いてしまい、カビの原因になることがあります。お風呂に長い時間つかる際は、指先をずっとお湯につけることは避けましょう。

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)③

Tkuqfiryizx4y2vuhiyy

浮いてきた時の対処・長持ちの方法②

浮いてきた時の対処・長持ちの方法として、保湿も無視できません。保湿するためには、クリームやオイルが有効ですね。マッサージをしながらぬりつけることで、健康的な指先を目指すこともできますよ。もちろん健康な爪であれば、ネイルを長持ちさせることが可能です。
Ekieawsscwtfrbuvpji6
ネイルの際には、トップコートが必要です。トップコートは、はがれにくくさせる効果があり、浮いてしまった場合もおさえることができます。毎日トップコートを塗る必要はありませんので、約3日おきぐらいが塗りつける際の目安です。

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)④

Kyz60he5vxckpu215ldk

浮いてきた時の対処・長持ちの方法③

足のネイルを保護するためには、シューズ選びにも気を付けてください。できるだけ足にゆとりのあるサイズを選ぶようにしましょう。そうすれば、爪先へのダメージが減り、ネイルを守ることができますよ。サンダルなどでも大丈夫ですが、季節が限定されてしまいます。
Xmfbffobyzmrnbzqqxam
ネイルを塗る際は、正しい手順でやり方のコツなども把握しておきましょう。正確に塗らなければ、ネイルがすぐにはがれてしまう、あるいは浮いてしまうリスクがありますね。ジェルネイルであれば、ジェルが甘皮にのらないように注意してください。

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑤

S3ugi9oy0zlpgcwka3sp

浮いてきた時の対処・長持ちの方法④

爪にやすりをかけますよね。その際、粉をしっかりと落とすようにしてください。粉を落とさないと、持ちがわるくなると言われています。やすりをかける際は、先端だけではなく、裏側もかけますよね。粉の落とし忘れがないように 注意しましょう。
Npkgfvn60naylegqk428
ジェルを塗る回数を増やすことで、ネイルの強度が増しますよね。強度があれば、ネイルのトラブルも減少するはずです。自分でジェルネイルを行う際は、回数をコントロールできますので、ぜひ回数を増やしてみてください。

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑥

Nmdtxthjrfjb3dolhlgf

すぐ剥がれる原因とは①

ネイルがはがれてしまう原因についてみていきましょう。「仕事などで指をよく使用する」「ちいさめのシューズをはいている」「間違った方法でジェルネイルを作っている」「そもそも爪がやわらかい」「長風呂が好き」などの原因があります。それぞれについて具体的にみていきますね。
Hqlidx8ftfjioaufp1wy
指を頻繁に使用するパソコンでの作業や掃除、料理などにより、ネイルがはがれてしまうリスクがあります。爪先を使用する事で、コーティングがはげてしまうのですね。そして、ネイルがゆくゆくはとれてしまうのです。仕事などで指先をたくさん使う人は、気を付けてくださいね。

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑦

Lcqxhsmn3btrr1tvuwbu

すぐ剥がれる原因とは②

足のネイルであれば、小さめのサイズのシューズを履いている場合、はげやすくなるでしょう。小さめの靴は、爪先に負担をかけがちです。負担がかかってしまえば、もちろん爪がはがれてしまいますよね。夏場などはサンダルなどで回避できますが、それ以外の季節には注意が必要です。
Hkpu7cz3uwb00ftdmuk0
間違った方法でジェルネイルを作っている際も、すぐにはがれてしまいますね。たとえば、つめにやすりをかける際、粉がでるものです。その粉をしっかりと落とさなければ、ジェルがはがれやすい可能性が高まるでしょう。また、ジェルをはみださないようにすることも重要ですね。

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑧

Ab5b7nxn9beiihilmz4l

すぐ剥がれる原因とは③

そもそも爪がやわらかい人は、すぐにはがれてしまうと言われていますね。ジェルネイルの強度が弱まってしまい、外部からのダメージにより、はがれてしまうようです。自分の爪を強くするためには、しっかりとマッサージして健康的にする、あるいは、食べ物などに気を遣うことが大切です。
Uv7tfm0mvpvdme8uwbqv

ネイルの持ちをよくする方法(平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処)⑨

Ghirwqiawxx8sfdr4uz8

すぐ剥がれる原因とは④

お風呂に長い時間爪をつけておくと、皮膚と同じようにふやけますが、ジェルネイルそのものはふやけません。なので、スキマができてしまい、そこに水が入り、とれやすくなってしまうでしょう。上記でも解説してきましたが、カビが発生してしまうリスクもありますね。バスタイムの時間を調整することや、爪先に対する意識を怠らないようにしてください。
Bgkggep3f0nar4m5b5dn

ネイルの持ち!平均や浮いてきた時の対処方法や剥がれる原因など紹介のまとめ

Vln3nqhygdbhj1ljp1a9
ネイルの持ちの平均期間・すぐ剥がれる原因・浮いてきた時の対処などについてまとめてきました。ネイルの持ちの平均期間は、およそ1か月ですね。これ以上に持たせることもできますが、爪が汚れてしまったり、見た目的によくない可能性がでてきてしまいますので、1か月を目安にオフするようにしましょう。浮いてきた時の対処・長持ちの方法としては、できるだけ爪先に負担をかけないこと、ネイルをお湯に長時間つけることを避ける、しっかり保湿する、トップコートを塗る、靴選びに注意する、ネイルの正しいやり方を知る、粉をしっかりと落とす、回数を増加させる、などです。
Pabbcuzkgzgijtygu1mg
すぐにはがれてしまう原因として、ちいさめのシューズをはいている、間違った方法でジェルネイルを作っている、そもそも爪がやわらかい、仕事などで指をよく使用する、長風呂が好き、などが挙げられます。こうしたさまざまな原因がありますが、対処するやり方も豊富にありますので、ご安心ください。ネイルの正しいやり方を知るだけではなく、トラブルの回避方法についても理解を深めておきましょう。