Gubb9f3bh1gyugwzdzzp

ネイル

CATEGORY | カテゴリー

ネイルケアのおすすめは?プチプラオイルランキングでご紹介!

2018.08.30

ネイルケアに欠かせないおすすめのオイルにはどんなものがあるのでしょうか?ブランドのものやプチプラ価格のもの、無印やドラッグストアなどにもネイルケア用品が販売されています。選ぶのに迷ってしまったときのために、おすすめのネイルケアオイルをランキングでご紹介します。

目次

  1. ネイルケアの基礎知識をおさらい
  2. ネイルケアオイルの形状
  3. おすすめネイルケアオイルランキング【6位】無印良品ネイルケアオイル
  4. おすすめネイルケアオイルランキング【5位】ネイルオイルジェルトリートメント
  5. おすすめネイルケアオイルランキング【4位】P.SHINEフレーバーオイル
  6. おすすめネイルケアオイルランキング【3位】ネイルオイルペンタイプ改良型
  7. おすすめネイルケアオイルランキング【2位】タミーテイラーピーチクイックドライ&キューティクルオイル
  8. おすすめネイルケアオイルランキング【1位】OPIプロスパネイル&キューティクルオイル
  9. ネイルケアオイルの使い方にポイント
  10. おすすめのネイルケアオイルで美しい手元を

ネイルケアには、4つのステップがあります。「爪の長さや形を整える」、「甘皮を処理する」、「表面を磨く」、「保湿をする」。この4つのステップについて少しおさらいをしておきましょう。

Lmifrocusstl554c4pbv

「爪の長さや形を整える」

まずは、爪の長さや形をお好みのスタイルに整えていきます。この時に使用するのがエメリーボードと言う爪やすりになります。やすりの目が粗いと爪に負担がかかりやすく、やすりの目が細かいと削るのに時間がかかってしまいますので、ご自身の爪の状態に合わせて選んでください。

爪切りは、手っ取り早く爪を切ることができるのですが、爪が割れてしまう原因にもなりますので、できればエメリーボードで長さや形を整えていくようにしましょう。

エメリーボードなどのネイルケア用品は、ドラッグストアや無印などでも販売されています。デパートブランドでも取り扱っていますので、お気に入りのものを見つけてお手入れしてみてください。

Ijehaipxqaai729h6wjq

「甘皮を処理する」

甘皮とは、爪の根元にある薄い皮のことをいいます。人によって、大きさや暑さが異なるもので、爪が生えてくるときに爪と一緒に張り付てくる角質のようなものです。細菌や異物の侵入を防ぐという大切な役割があるのですが、必要以上にある場合は、爪に必要な水分をとられてしまったり、ささくれの原因になってしまうこともありますので、定期的に除去してあげましょう。

マニキュアを塗る際も、甘皮があると邪魔になったり、マニキュアの持ちが悪くなります。甘皮を処理すれば、爪の面積も広くなり、美しい爪に見えますので、ぜひ甘皮処理をしてくださいね。

甘皮処理は、お風呂上がりの甘皮が柔らかいときにするのがおすすめです。その他にもキューティクルリムーバーという甘皮を柔らかくするものがあります。柔らかくなった甘皮を「プッシャー」や「ウッドスティック」で押し上げる方法や、ニッパーでカットする方法などがありますので、やりやすい方法で処理をしてください。

ネイルケア用品には色々なものがあります。セットで販売されているものもありますので、そろえておくと便利ですよ。

Yq25gxbzpgo4vwemggus

「表面を磨く」

次は、爪を磨きます。「バッファー」というスポンジ状のやわらかいやすりで、爪の表面を磨きます。こうすることで、爪の凸凹を平らにし、ツヤを与えてくれます。爪の磨きすぎは、爪を痛めてしまうことにもなりますので、1~2週間に1度くらいのペースが良いようです。

Ebjmgrfodka05wdsy8df

「保湿をする」

爪が乾燥していると、縦に線が入ったり、割れてしまう原因にもなります。「ネイルオイル」や「ネイルエッセンス」などが市販されていますので、マッサージをするように爪の1本1本を丁寧に保湿してあげましょう。

マニキュアを塗った後も、保湿をしっかりとしてあげましょう。ハンドケアを毎日するのと同じように爪の保湿ケアもとても大切な事です。最近では、プチプラのものやドラッグストアで買えるもの、無印のものやブランドものなど、さまざまなネイルオイルなどが販売されていますので、お気に入りの物を見つけてお手入れをしてみませんか。

Oh7uor3cydjdqfobsobr

ネイルオイルの形状には、マニキュアタイプのものとペンタイプのものがあります。マニキュアタイプのものは、容量が多く、ネイルサロンでもよく使われています。自宅でのお手入れであれば、マニキュタイプのものがおすすめです。ペンタイプものは、マニキュアタイプのものと比べて、容量が少ないのですが、持ち運びには便利です。

保湿効果が高いオイルタイプは、どうしてもべたつくものです。自宅では気にならないことでも、外出先やオフィスではべたつきの少ない、さらさらとしたタイプのほうが良いのかもしれませんね。パッケージの表記や、形状、プチプラ価格なのか、ブランドものかなど、ご自身にあってタイプのものを選んでみてくださいね。

T8fyt8bfw5vmik5trnkb
1/5

続きを読む