Nyfifmqnnglvjki5h4ig

暮らし

CATEGORY | カテゴリー

スラックスの裾上げ!自分で簡単に調整できるおすすめ方法など紹介

2018.09.07

スラックスの裾上げを調整するのに、簡単なおすすめ方法をご紹介します。ご自分でスラックスの裾上げをするとき、簡単なやり方やコツについてご説明したいと思います。スラックスの裾上げを、ご自分で簡単にやる方法は、ちょっとしたコツさえつかめば、簡単にできます。

目次

  1. スラックスの裾上げの方法
  2. 丈を決めるポイントについて
  3. スラックスの裾上げを自分でやる一番簡単な方法
  4. スラックスの裾上げを自分で簡単にできる失敗しない方法
  5. スラックスの裾上げを自分で仕上げるには調節が大切
  6. スラックスの裾上げを自分で簡単にやるときのコツ
  7. スラックスの裾上げを自分で簡単にまつるやり方
  8. スラックスの裾上げを自分で簡単にまつるまつりのコツ
  9. スラックスの裾上げを自分で簡単にまつる、まつり方のおすすめの方法
  10. まとめ
Xv0inbkkqgxsv7xiewl2
引用: http://d.hatena.ne.jp/ToshiNinomiya/20130225/p3

スラックスの裾上げは、ご自分で簡単にできます。洋裁をされていない方でも、スラックスの裾上げぐらいはできないと、家庭を持った時に、何でもプロに頼むことになります。スラックスの裾上げは簡単ですから一度コツを掴めば、プロに頼むことが馬鹿らしくなります。まず、裾上げの方法で一番大事なのは、素材についてです。薄いシルク素材、デニム素材、ポリエステル素材、羊毛など様々です。

その中で、シルク素材やデニム素材、羊毛素材のように天然素材といわれるものは、洗濯すると縮む傾向にあります。良いものは一度縮ませて仕立てるといわれていますが、既製品のように大量につくられるものは、生地のまま裁断するので、1度洗濯すると縮んでしまいます。ですから、本来は1度洗濯してから裾上げをするのが良いのですが、買ってきて長いと思われる方はすぐにでも裾上げをしたくなります。

そのときは長めにカットしておかないと、カットしたものは元に戻らないので、長めにカットすることをおすすめします。ポリエステルなどは、そのようなことが無いので、買ってきてすぐに裾上げをしても大丈夫です。

G6whli1bwr4k52ufkmhy
引用: http://news.livedoor.com/article/detail/13376387/

丈を決めるときに、大事なポイントはウエストの位置をしっかり決めることで、男性の場合は腰骨の位置、女性の場合はおへその辺りがウエストの位置です。丈の長さを決めるポイントは、スラックスの幅の広さ、細めのスラックスは短めに、太めのスラックスは長めにします。

Vt0hbueueruxes47nyj8
引用: https://tomothai.net/%E3%80%90%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%BB%92%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%80%91%E5%A4%8F%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87/

フォーマルな装いのときは長めにして、カジュアルな装いのときは短めにします。デニム素材の場合は、縮むのが大きいので、1度洗濯してから裾上げをした方が良いです。スーツの裾上げはシングルとダブルがありますが、シングルの場合は、そのまま丈を上げれば良く、ダブルの場合は、折り返して仕上げなければなりません。

1/5

続きを読む