2018年09月05日 UPDATE

タイトスカートの夏に使える作り方!画像付きの説明で誰でも簡単に!

夏のタイトスカートを誰でも簡単に作れる作り方を、画像入りでのせています。人気のおすすめゴム入り、夏のタイトスカートと、ポケットのついたタイトスカート、型紙を使ったタイトスカートの作り方について、簡単で誰でも作れる作り方を見てみました。

目次

  1. 夏のタイトスカートは誰でも簡単に作れる人気の作り方について
  2. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方1・ゴム入り
  3. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方2・直線立ちでポケット付きのタイトスカート
  4. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方3・ウエストゴムで巻きスカート
  5. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方4・型紙を起こさない簡単な方法
  6. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方5・持っているスカートから型紙を起こす作り方
  7. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方6・型紙起こし
  8. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方8・裏地を付けた作り方
  9. 夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方9・裾のフリルのつけ方
  10. まとめ

夏のタイトスカートは誰でも簡単に作れる人気の作り方について

夏のタイトスカートを作るのは、素材も薄手なので誰でも簡単に作ることができます。ウエストをベルトでなくて、ゴムにすると本当に簡単にできます。しかし、ミシンは必要です。ミシンがなくて手縫いでもできないことはありませんが、時間がかかって綺麗に作ることができません。
簡単に作るにはポケットを付けない方が、シルエットも綺麗に出ますし、洋裁が不慣れな方は、最初は透けない生地で、裏無しポケットなし、ウエストゴムにすると誰でも作ることができます。型紙を起こす場合と、起こさなくて作る場合、どちらでも作れます。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方1・ゴム入り

布地はご自分の現在持っている、タイトスカートを広げた幅の寸法の生地を用意します。スカート丈の長さを決めます。まっすぐな布地を半分に折り曲げ、その前にベルトの幅分を裁断しておきます。ベルト幅が3cmなら、6cm+縫い代2cmを先に裁断しておきます。もし、丈が短いのであれば、横布を使っても良いので、余った布でベルトを作ることも可能です。
まっすぐな布地を半分に折り曲げます。前中心17.5cmのところから、両端にゴムを入れます。ウエスト部分は3cmにしますが、3cmのところからファスナーを付けます。裾(ヘム)を3cm折り曲げます。布端から3cmのところをスリットします。画像付きで、こちらのブログで詳しく書かれていますので、ご興味のある方はご覧なってください。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方2・直線立ちでポケット付きのタイトスカート

Nbljrhghtn6ykrla0obw
引用: http://sewing-press.com/tight-skirt
こちらは上の作り方と同じですが、ポケットが両サイドに着いたタイトスカートです。ポケット布を余分に少し多めに買っておくことが必要です。ポケットがあると便利ですから、ポケットも簡単に作れるのでおすすめです。上のタイトスカートの作り方も、こちらのタイトスカートの作り方も、ゴムを入れることで、腰とヒップの差をカバーしたものです。この作り方はとても人気がよく、応用されているおすすめの作り方です。
こちらのブログは洋裁教室を運営されている、山崎ゆきこさんのブログで、洋裁の分からない人でも作れる、お洋服を紹介しています。こちらのブログも合わせて見られると、簡単に脇にゴムが入ったタイトスカートが作れます。型紙もなくて、立体裁断もしないで、誰でも簡単にタイトスカートが画像を交えて書いていますので、一度習得すると応用が効きますので、一度覗いて見られることをおすすめします。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方3・ウエストゴムで巻きスカート

Zyve5rortjsl4hosvgl1
引用: https://locari.jp/posts/111483
こちらの巻きスカートのタイトは、誰にでも作れて簡単にできますので、おすすめです。布地をスカートの3倍分、前・後・前分を裁断します。前と後ろは切り離さないで、そのまま、前に巻く分だけ布地を裁断します。後ろのウエストのところにゴムを入れて、巻くので、布はまっすぐのままで、自分の体型の型紙を起こさなくて良いです。このタイトスカートなら、誰でも作れますし、簡単にできます。
また、ゴムを入れないで、ウエストのベルトのところに穴をあけるだけのやり方もあります。そうすると、とても簡単にタイトスカートの巻きスカートができます。
YouTubeの画像には誰でも作れることが画像を見ていると分かります。ポケットを入れたければ、裏地でポケット布を作って、縫い合わせのところに取り付ければポケットも作れます。このタイトスカートは、裏地を付けなくても良いですし、つける場合も簡単ですので、この作り方はおすすめです。ゴムを使った方法は、応用が効きますので、1度作ってみると簡単にできることが、分かりますから1度作られることをおすすめします。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方4・型紙を起こさない簡単な方法

こちらは自分が今はいているスカートから、裁断するやり方です。今持っているタイトスカートを、綺麗にアイロンを掛けて、4つに折りたたんで裁断します。型紙を起こさない方法は、素人だからやれるのかな?と思いますが、やはり型紙を起こしてからやった方が、狂いはないと思います。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方5・持っているスカートから型紙を起こす作り方

上の作り方と同じですが、こちらは持っているスカートから型紙を取ってアレンジしていく作り方です。これも簡単に作れて上の作り方よりは、正確なものが出来上がるのではないでしょうか?タータンチェックの格子柄は、柄を合わせないといけないので、やはり型紙が、あった方が間違いがありません。こちらの作り方も簡単なのでおすすめです。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方6・型紙起こし

Q0fpj7v9jitayiioehiu
引用: https://maisondeas.com/pencil-skirt-pattern/
夏の簡単に作れるタイトスカートといっても、全く洋裁をされてないかたには、少し難しいかもしれません。そのようなときは、洋裁店に行って自分の寸法の型紙だけができれば、後はアレンジ次第で、どのようにでもつくり上げることができます。洋裁知らないけど自分で型紙を起こしてみようという人は、自分のウエスト・ヒップ・丈の長さで型紙が作れることを覚えておいてください。
Uc7ydkzsjf13lvyksxme
引用: https://blog.goo.ne.jp/cotulip/e/3b073abc3d41bccfcadcd2d6bf1f5547
型紙は4分の1で作りますので、自分のウエストとヒップの寸法を測って、それを4で割れば良いのです。4で割ったものを型紙に起こします。タイトの場合は、ヒップから下はまっすぐにしておきます。ヒップからウエストのカーブを自然に書きます。お腹のところと、後ろのところにダーツを1本~2本入れます。型紙ができたら、これを布において、縫い代2cmつけて、裁断を行います。
縫い代2㎝つけるのは、一度仮縫いをした時に、補正が効きますので、1cmだと補正が効かなくて「シマッタ!」と思うことがあります。また、ダーツの入れ方は、17.5cmの所に1本と17.5を引いた残りの寸法を2で割ったところに1本入れます。ダーツは1本だけでもかまいません。上の簡単に作れるタイトスカートは、このダーツを入れる、ウエストとヒップの差をゴムで行うので、ダーツが要らないのです。
ウエストからヒップの長さは20cmです。20cmより下はスカートの長さになります。
上の図のように型紙を布の上に置いて、裁断したら、今度は縫い代を前と後ろ仮に縫います。仮縫いはざっくりで良いです。縫い合わしたら、一応自分の身体に合わせます。この時実際に穿いてみます。鏡を見て、シルエットが綺麗に出ているか、ヒップが小さすぎないか、丈は良いかなど、チェックします。
Ahqks3xt7y4vuch6vpur
引用: https://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11006004637
そして、悪いところを補正します。タイトの型紙は、ウエストから下はまっすぐにします。上の型紙の画像は、セミタイトの型紙です。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方8・裏地を付けた作り方

Gnnzsyroel6cmlxxsg16
引用: https://ameblo.jp/kurimama2013/entry-12279462586.html
布地を付けるやり方は、裏地を付けないやり方よりも、縫い代の始末をしないで良いので、簡単にできます。裏地も同じように表地と同じ型紙で取ります。裏地の場合は、一度洗ってからやる方が、裏地は縮みやすいので、布を水に浸けてから、裁断する方が、間違いがありません。縮みやすい表地も水に一度つけてやると、洗ったときに縮みが無いので安心できます。
こちらはギンガムチェックのミニスカートを作る画像です。こちらに簡単にタイトスカートを作る方法が画像で説明していますので、分からない方はご覧なってください。

夏のタイトスカート誰でも簡単に作れる人気の作り方9・裾のフリルのつけ方

YouTubeではフリルのつけ方は、結構大変そうですが、フリルのつけ方は、フリルになる方のレースに捨てミシンを2本掛け、ギャザーを寄せてから、スカートに叩き縫いすると簡単につきます。無地だと目立ちやすいですが、柄物だと、少々つけ方が下手でも、柄でごまかせますので、一度やってみてください。おすすめのフリルつけです。

まとめ

タイトの作り方を見てきました。手作りスカートを作るのは、楽しくてそれでいて他の人と被らないので、オリジナルのタイトスカートができます。まずは作ってみることが大切です。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BmgPBrfnoJt/?tagged=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88