2018年08月31日 UPDATE

ヘアカラー頻度は?美容師が教えるサイクルと長持ちさせる方法を紹介

ヘアカラーってどのくらいの頻度ですれば効果的なのかご存知ですか?今回はそんなヘアカラーの頻度について注目!美容師が教えるおすすめのサイクルや長持ちする方法や効果について注目していくので、ヘアカラー好きさんは是非チェックしてみてくださいね♡

目次

  1. ヘアカラーの頻度を知って綺麗な髪色を長持ちさせよう!
  2. ヘアカラーの頻度は目的によって異なる
  3. おしゃれ目的のヘアカラー頻度は【2ヶ月くらい】が最適
  4. 白髪染め目的のヘアカラー頻度も【2ヶ月くらい】が最適
  5. 美容師が教える、髪や頭皮が傷んできた時のヘアカラーの頻度は?
  6. ヘアカラーの頻度を守りつつ、長持ちさせる方法を実践していこう
  7. ヘアカラーを長持ちさせるために、熱を与える頻度にも注目しよう
  8. ヘアカラーを長持ちさせるためには、定期的な頻度でヘアパックなどでスペシャルケアを
  9. ヘアカラーを長持ちさせるシャンプー&リンスを使うのもおすすめ
  10. まとめ

ヘアカラーの頻度を知って綺麗な髪色を長持ちさせよう!

ヘアカラーの頻度を知って、綺麗な髪色を長持ちさせたい…そう考えている人は少なくありません。ヘアカラーをする人にとって、出来るだけ髪色は綺麗なまま長持ちさせたいものですし、無駄なく染めて行きたいですよね♡
今回はそんな人のために、ヘアカラーの頻度について注目!美容師が教えるヘアカラーの頻度や、長持ちさせるための効果的な方法を紹介していくので、頻繁にヘアカラーを楽しんでいる人は要チェック!知っていて損はないので、覚えて実践していきましょう!また、髪や頭皮にとってはNGなことについても注目していくので、日頃から髪の傷みが気になるという人も必見です。サラサラつやつや髪を長持ちさせたい人も是非見ていきましょう!

ヘアカラーの頻度は目的によって異なる

ヘアカラーの頻度は目的によって異なるものです。ヘアカラーをする目的って簡単に分けていけば【おしゃれ目的】【白髪染め】が主な目的になっていると言えますが、だいたいのヘアカラーサイクルは同じなものの、気をつけるべき点が異なるため、それを知るだけで髪を無駄に傷めず、ヘアカラーを楽しめると言えます。
美容師が教えるヘアカラーのサイクルについてこの後紹介をしていきますが、今後ヘアカラーをおしゃれ目的でも白髪染め目的でも覚えておいて損はないのでチェックしていきましょう。また、サイクルに関してはあくまで目安でしかないので、自分の髪色やいつも担当している美容師との相談によって、ヘアカラーサイクルを考えていくことも大切です。おすすめのサイクルや自分の髪や頭皮の状態を踏まえた上で、自分にとってベストな頻度を見極めていきましょう!

おしゃれ目的のヘアカラー頻度は【2ヶ月くらい】が最適

まず見ていくのが、おしゃれ目的でヘアカラーをする場合の頻度です。美容師が教えるおすすめのサイクルというのが、だいたい【2ヶ月くらい】がベスト。よく髪の毛が伸びるサイクルは月に1センチ程度と言われていますが、2ヶ月くらい立つとヘアカラーをした場所と地毛の色の差が目立ちやすくなるため、だいたい2ヶ月くらいがベストだと言えるわけですね。
また、染めた髪色に関しても2ヶ月くらい経てば色落ちは必ずしています。どんなに長持ちさせる方法を試したとしても、染めたての頃とは色味がかなり変わっているため、綺麗な髪色をキープしていくためにも2ヶ月くらいで髪色を染めていくのがおすすめです。

白髪染め目的のヘアカラー頻度も【2ヶ月くらい】が最適

続いてチェックしていくのが、白髪染め目的のヘアカラーサイクル。実は白髪染め目的の最適なサイクルというのも【2ヶ月くらい】がベストになっていますが、おしゃれ目的と比べるとやや意味合いが異なります。
Xyowffgquspddt5sfxdm
引用: https://www.instagram.com/p/Bm7BFEWH1BS/?tagged=%E7%99%BD%E9%AB%AA
美容師が教える白髪目的のヘアカラー頻度というのは、おしゃれ目的の場合は【2ヶ月くらいがベスト】という意味でしたが、白髪染めの場合尾は【2ヶ月までがベスト】なのです。だいたい2ヶ月くらい経つと白髪が目立ってくる時期なので、白髪を隠したいのであれば様子見をしつつ、2ヶ月以内にヘアカラーをしたほうがおすすめだと言えるのです。

美容師が教える、髪や頭皮が傷んできた時のヘアカラーの頻度は?

続いてチェックをしていくのが、ヘアカラーをする際に気になる髪や頭皮への負担について。もし髪色を長持ちさせるというよりも、髪や頭皮への負担を考えた頻度でヘアカラーをしたいのであれば【3、4ヶ月】ほどのサイクルで染めるのがおすすめです。
美容師が教えるこの頻度のポイントとしては、やはりヘアカラーをしていくと髪や頭皮への負担はかなり大きく、正直2ヶ月程度では髪へのダメージが蓄積されていくだけなので、しっかりとダメージを追った髪や頭皮が修復するまで期間をあけるのがおすすめ。
また、ヘアカラーの色が地毛とあまり大差ない場合には、2ヶ月くらいのサイクルで髪を染めるよりも、髪や頭皮への負担を優先して、3、4ヶ月のサイクルで染めるのがおすすめ。ヘアカラーの頻度は出来るだけ押さえたほうが確実に髪や頭皮にとっては嬉しいため、サイクルを伸ばせるのであれば伸ばし、美髪を手に入れることを優先したほうが良いでしょう。

ヘアカラーの頻度を守りつつ、長持ちさせる方法を実践していこう

続いて注目していくのが、美容師が教えるヘアカラーを長持ちさせる効果的な方法について。ヘアカラーの頻度を守っていても、色落ちしてしまう原因や、ヘアケアをしていないと、頻度は縮まってしまいます。頻度が縮まればそれだけヘカラーの頻度は増えてしまうため、髪や頭皮への負担は大ダメージに…。
適切なサイクルで綺麗な髪色と美髪を保つためも、これから紹介していく長持ちさせる効果的な方法を実践して、痛み知らずの美髪と色落ち知らずの美髪を手に入れていきましょう♡

ヘアカラーを長持ちさせるために、熱を与える頻度にも注目しよう

まず注目していく方法というのが【髪や頭皮に与える熱ダメージ】について。たとえばドライヤーは髪を乾かすのに必須ですし、ドライヤーで乾かさないと細菌が増え臭いの原因や、乾燥の原因に繋がり、髪や盗品いとってはよくありません。しかしあまり熱を与えすぎるのも髪や頭皮には負担になっているのです。
これはドライヤーだけでなく、アイロンやコテなどにも言えることです。おしゃれをするとそういったアイテムを使う頻度が増えていきますが、使えば使うだけ髪は傷み、傷んだだけ色落ちしやすい髪質になってしまうのです。出来るだけ短い時間で熱を与えられるように、効率を考えてドライヤーやアイロンなどを使っていくようにしましょう。

ヘアカラーを長持ちさせるためには、定期的な頻度でヘアパックなどでスペシャルケアを

続いてみていく効果的な方法というのが、定期的な頻度で【ヘアパックでスペシャルケア】をするというものです。洗い流さないトリートメントとかも効果的で、そういったケアをすることによって、髪は十分に保湿され、日々与えられるダメージから髪を守れるというわけなのです♡
またダメージを軽減するだけでなく、保湿自体髪色を長持ちさせるのに効果的な方法になっているため試して損はなし。商品にもよりますが、だいたい2000円以下でケア用品は購入出来るため、ヘアカラーを長持ちさせるためにも、またヘアカラーをしていない機関でも髪をサラサラつやつやの美髪にするためにも是非使っていきましょう!

ヘアカラーを長持ちさせるシャンプー&リンスを使うのもおすすめ

最後に紹介をしていく方法なのが、ヘアカラーを長持ちさせる効果があるシャンプーやトリートメントを使うというものです。これはカラーシャンプーを使うのもおすすめですが、市販の一般的なシャンプーの中にもヘアカラーを長持ちさせる効果のあるものも多いので、そういったもので日々のヘアケアをしていくのがおすすめ。
31rj3hytctl
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31rj3HyTCTL.jpg
特にこちらのカラーケアシャンプーは色落ちがしづらくなり、色落ちをしてもゆるやかなスピードなので、汚い色落ちをするのを防げるのも魅力的。髪をツヤツヤの美肌にする効果もあるので、コスパを意識したい人は是非試してみてくださいね。
プロマスター カラーケア リッチ シャンプー 200ml
価格 ¥ 1,033

まとめ

いかがでしたか?ヘアカラーの頻度について知っていれば、綺麗な髪色で毎日過ごせますよね♡今回紹介した美容師の教えるおすすめサイクルや長持ちをさせる効果的な方法を試してみれば、無駄のない頻度でヘアカラーが出来るので、是非参考にして試してみてくださいね♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnGKIxyAG-F/?hl=ja&tagged=%E3%83%98%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC