Bhdlzqnpspwtmu6cdjtx

ヘアケア

CATEGORY | カテゴリー

ヘアカラートリートメントならどれ?使い方や市販商品のランキング!

2018.09.06

ヘアカラートリートメントを体験したことはありますか?特に白髪がちらほらの方、毎日市販のヘアカラートリートメントを使うとどれくらい染まるのでしょうか?使い方は?アッシュやピンクにもできるの?ランキングは?そんな疑問にお答えしていきますよう。

目次

  1. ヘアカラートリートメントとは
  2. ヘアカラートリートメントのメリット
  3. ヘアカラートリートメントのデメリット その1
  4. ヘアカラートリートメントのデメリット その2
  5. ヘアカラートリートメントの使い方 その①
  6. ヘアカラートリートメントの使い方 その②
  7. ヘアカラートリートメントの使い方 その3
  8. ヘアカラートリートメントの使い方 番外編
  9. ヘアカラートリートメントおすすめランキング①
  10. ヘアカラートリートメントおすすめランキング②
  11. ヘアカラートリートメントおすすめランキング③
  12. ヘアカラートリートメントおすすめランキング④
  13. まとめ
利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウン 200g
価格 ¥ 2,550
Img 3376 1100x825
引用: https://static.smalljoys.me/2017/12/img_3376-1100x825.jpg

ヘアカラートリートメントとはどんなものでしょうか?ヘアカラーをする上で思いつくのは、①美容室で染める②市販のヘアカラーで染める③市販のヘアカラートリートメントを使用するという3つがあるかと思います。今回はこのうちの③です。さて、このヘアカラートリートメントと①②の違い(予算、染まり具合、髪へのダメージなど)や、メリットデメリットは何でしょうか?

00982
引用: https://www.dinicsbears.com/img/00982.png

ヘアカラートリートメントとはトリートメントをしながら、ヘアカラーを主に白髪に着色していくものです。使い方も簡単で、基本的にはシャンプーの後にトリートメントとして使用します。たったこれだけで、ヘアカラーを楽しむ事ができます。少し難しい話をすれば、ヘアカラートリートメントは髪にカラーをお乗せていくイメージです。他のカラーリングと違い、脱色等はしませんので、ヘアーダメージはありません。

Kirari day1 10002
引用: https://ashiyasebihada.com/wp-content/uploads/2013/02/kirari_day1_10002.jpg

皆さんは、ネットなどで市販のヘアカラーを使用して、アレルギー反応をおこし、顔がパンパンに腫れた女の子の画像を見たことがありますか?かなり衝撃的なのでご覧にならない方がいいかと思いますが、髪に色を入れる、メラニン色素を変化させるヘアカラーはどうしても髪を傷めてしまいます。特に市販のものは安価でヘアカラーを楽しめる分、リスクもかなり高いようです。

その点、ヘアカラートリートメントは髪に優しい成分も入っていたりして、髪を傷めることはありません。安心して毎日トリートメント代わりに使えます。そして毎日使っているうちに自然と着色できてしまう優れものです。少しずつ染まっていくので、自然な染め上がりですし、周囲の違和感はかなり少ないと思います。バリエーションもブラック、ブラウン、ダークブラウンの定番色は勿論、流行のアッシュカラーやピンクもありますので、昔の”白髪染め”とは違いますね。若白髪でお悩みのあなたには朗報ですね。

1/7

続きを読む