Aotz5s51nw8s4j5oeqbl

セルフネイル

CATEGORY | カテゴリー

ネイルledライトのワット数は何が良い?寿命の比較などで徹底分析

2018.09.10

セルフネイルの必需品、ledライト。色々なメーカーや100均からもジェルネイル用ledライトが出ているけど、どのワット数が良いのか分からないし、熱いと日焼けする?それに寿命も気になるところ。そこで今日はledライトを寿命の比較などで分析、おすすめを紹介します。

目次

  1. ネイル用ライトの種類比較 ledライト以外にある?
  2. ネイル用ライトで日焼けする?
  3. ライトを照射すると熱い!原因は?
  4. おすすめのネイルledライト ワット数は?
  5. おすすめのネイルledライト比較 HOMEIコンパクトジェルライトEC
  6. おすすめのネイルledライト比較 LNSTUDIO UVとLEDダブルライト 24W ネイルドライヤー
  7. おすすめのネイルledライト比較 ネイルPro-シリーズ 美肌ネイルライト PRO.3s led・UVライト
  8. おすすめのネイルledライト比較 BRIGHTINWD UVライト ジェルネイル UVLED ミニポケット型 6W
  9. おすすめのネイルledライト 100均のledライトでネイルは硬化できる?
  10. まとめ
59c1414e e856 48b4 b3a6 c757f05575d1
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/37/item_images/images/000/016/416/medium/59c1414e-e856-48b4-b3a6-c757f05575d1.jpg?1485258201

ジェルネイルを硬化させるために必要なライト。このライトはledライトの他に、UVライトがあります。この違いは簡単に言うと、一般的に、UVライトは安いけどネイルを硬化させるのに時間がかかる、ledライトは高いけどネイルを硬化させる時間が短い、という事です。もう少し詳しく違いを見ていきます。

UVライトの特徴

Uv
引用: http://freesnail.jp/wp-content/uploads/2016/11/uv.jpg

ジェルネイルを硬化させるためのライトとして最初に登場したのはこちらのUVライトです。蛍光灯を使って紫外線UV波を出します。ライトの寿命は大体半年程度。硬化が遅くなったと感じたら、ライト本体についている電球を取り替えます。ジェルネイルを硬化させるのに必要な時間はおおよそ2分前後。蛍光灯の光は四方に発散されるので、反射板などと組合わせてあるものがほとんど。ライトとネイルをまっすぐにさせなくても良いのがメリットといえるでしょう。

Uvled susumi
引用: http://img02.shop-pro.jp/PA01006/694/etc/uvled-susumi.jpg

ledライトの特徴

Led
引用: http://freesnail.jp/wp-content/uploads/2016/11/led.jpg

最近は家庭用電気でもledライトが使われるようになってきましたね。ledといば省電力・長寿命が魅力なライトですが、ネイル用のledライトも同じです。また、光がとても強いので、ネイルを硬化させるために必要な時間はたった10秒~30秒。UVライトと比べるとかなり短時間で硬化させることが可能になっています。

Uvled graf
引用: http://img02.shop-pro.jp/PA01006/694/etc/uvled-graf.jpg

ジェルネイル用のライトで日焼けすると一時期広まったことがあります。どうして日焼けしてしまうという話になったかというと、それはUVライトの紫外線によるものです。UVとはつまり紫外線。紫外線=日焼けという図式が簡単に連想されるわけです。実際のところ、UVライトに使われている紫外線は14~400nm。そして日焼けの原因であるUV⁻A(近紫外線)は315nm~400nm、UV-B(遠紫外線)は280nm~315nm。UV=紫外線、さらに日焼けの原因であるUV⁻A、Bとナノメートルがかぶっていることもあって、日焼けする!と広まってしまったわけです。

Images?q=tbn:and9gcsddxamir9nw5bx1ty3gh3rar03vpws97tap1l7wgsdy8utkqzjzw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSDdXamIr9nw5bx1tY3GH3rAR03vPwS97TaP1L7WGsdY8utKQZJZw

基本的に、普段浴びる紫外線量の2%以下を短時間照射しても、日焼けへの影響はほとんどないと言われています。ただし、肌に異常がある場合や、脱毛・ムダ毛処理直後、紫外線に対して超敏感な体質の人はUVライトは避けるべきです。

1/5

続きを読む