Wkmqxaqjvxyr9tu1zksy

ドリンク

CATEGORY | カテゴリー

コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較します!

2018.09.14

コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の人気コーヒーグラインダーを徹底比較します。選び方や使い方も合わせてご紹介しますので、自宅で業務用並のコーヒーを挽くことも可能!エスプレッソなどを楽しむことができますよ♪ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

  1. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│はじめに
  2. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│グラインダーの選び方
  3. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│ZASSENHAUS[ザッセンハウス]ミル ラパス MJ-0801
  4. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│PEUGEOT[プジョー]コーヒーミル ノスタルジー
  5. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│Kalita[カリタ]クラシックミル
  6. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│JAPAN PORLEX[ジャパン ポーレックス]ポーレックスセラミック コーヒーミル ミニ
  7. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│HARIO[ハリオ]セラミックコーヒーミル・スケルトン
  8. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│グラインダーの使い方
  9. コーヒーグラインダーのおすすめは?手動式の商品を徹底比較!│自宅で美味しいコーヒーを淹れるには?
  10. おわりに
Gduq2oy4bl32r1fr90kw

インスタントコーヒーや缶コーヒーで手軽に楽しむことができるコーヒーですが、コーヒ好きさんにとって、挽きたてのコーヒーの香りや風味は格別なものがあります。そのため、カフェの挽きたてコーヒーを自宅でも飲みたいという人が多くいます。そんな時欠かせないのが、ミルやグラインダーです。

コーヒー豆を挽く器具を探した時、「ミル」と「グラインダー」というワードに出会います。この2つには違いがあるのでしょうか?実は、どちらも同じ“コーヒー豆を細かく粉砕するもの”という意味なんです。ただ、ある程度大きく、電動でコーヒー豆を挽く器具のことをグラインダーと呼ぶことが多いようです。特に、エスプレッソレベルの細かさまでコーヒー豆を挽く業務用の機械などは一般的にグラインダーと呼ばれるようです。反対に、電動でもコンパクトなものや、手挽きのものはミルと呼ぶことが多いです。

Xqugl9zl80zjfqaj6xhj

今回は、手挽きのミル(グラインダー)にスポットを当てていきます。早速、手動のコーヒーミル(グラインダー)のメリットとデメリットをチェックしていきましょう。メリットは、価格が安く、おしゃれなデザイン、さらにコンパクトで持ち運びができます。デメリットは、一度に挽ける豆の量が少ないこと。挽くのに力と時間がかかることなどが挙げられます。もう少し詳しく、手動のコーヒーミル(グラインダー)の特徴を見ていきましょう。

初心者でも簡単

手動のコーヒーミル(グラインダー)は、豆を投入してハンドルを回すだけなので使い方がいたってシンプル。初心者や機械が苦手な人でも簡単です。

挽き方の調整が簡単

豆を挽く細かさは、コーヒーの抽出方法に合わせて調整します。例えば一般的なペーパードリップの場合、中挽き。エスプレッソなら極細挽きなどです。手動のコーヒーミル(グラインダー)の場合、多くがダイヤルを回すだけでOKなので簡単です。

携帯性に優れている

手動のコーヒーミル(グラインダー)にはコンパクトなサイズのものがあるので、アウトドアやキャンプでも挽きたてのコーヒーを楽しむことができます。

お手入れが簡単

コーヒーミル(グラインダー)を使った後は、お手入れが大切です。分解して細かいところまで掃除ができ、水洗いできるものもあります。電動のものよりもお手入れがしっかりと簡単にできます。

J5ltdimpllliwy4ydja3

それでは、手挽きのコーヒーミル(グラインダー)を選ぶポイントをチェックしていきましょう!

Rhzkrxmkjcbgkmuefx5p

ポイント①デザイン

アンティーク調のものやステンレスのものまで様々なデザインがあります。好みのものを選びたいですね!また、ある程度重さのあるものが◎。しっかりと固定できるので豆が挽きやすいです。また、コーヒー豆を入れるところ(ホッパー)に蓋があると、挽いている時にこぼれる心配がありません。

ポイント②用途

自宅用であれば、どれを選んでも◎。アウトドアやキャンプなど…外出先でも挽きたてのコーヒーを楽しみたい場合は、軽くてコンパクトなものが持ち運びやすいですよ!

ポイント③価格

手挽きのコーヒーミル(グラインダー)の価格は、約1,500円~20,000円前後。低価格なものでも十分コーヒー豆を挽くことはできます。使い方次第で一生モノになりますよ!

それでは、人気のコーヒーミル(グラインダー)をご紹介します。業務用に引けを取らないものばかりですよ♪

1/5

続きを読む