2018年09月09日 UPDATE

ネイルの長さ出しとは?スカルプとの違いやおすすめのやり方をご紹介

ネイルの長さ出しに興味のある人必見です!本記事では、ネイルの長さ出しとは、スカルプとの違いとは、おすすめのやり方、100均グッズ、セルフジェルネイルなどについて解説していきます!「長さだしを行いたい」という人は、ぜひお役立てください。

目次

  1. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方①
  2. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方②
  3. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方③
  4. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方④
  5. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑤
  6. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑥
  7. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑦
  8. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑧
  9. セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑨
  10. ネイルの長さ出しとは?スカルプとの違いやおすすめのやり方をご紹介のまとめ

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方①

ネイルの長さ出し・スカルプとの違い

まずは、ネイルの長さ出し・スカルプとの違いについて解説していきましょう。爪の長さ出しとは、その名の通り、爪を長くすることですね。スカルプ、あるいはスカルプチュアとは、爪の長さをだすスキルのことです。厳密には、アクリル樹脂で長さを出すことですね。
アクリル樹脂のスカルプチュアは、ジェルネイルよりも人気が落ちていますが、アクリルを使って、修理などを行うこともあります。では、爪の長さだしには、どのような道具が必要なのでしょうか。次項で詳しくみていきましょう。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方②

長さ出しに必要な道具

長さ出しに必要な道具を解説します。人工爪の形成のために必要な「ファイル」、細かい部分を調整する「エメリーボード」、ジェルを除去する「ジェルクリーナー」、長さにより異なりますが「ソフトジェル」「セミハードジェル」「ハードジェル」も必要になるでしょう。
Czsjiun0hrmen1cpguif
カットするために「ハサミ」、粉を落とす「ダストブラシ」、筆の「ジェル用ネイルブラシ」、ジェルクリーナーを含ませる「ワイプ」、シールの「フォーム」も必要でしょう。これらを揃えて、爪の長さだしにトライしてみてください。こうした道具たちは、100均などでも販売されていますので、ぜひ探してください!

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方③

Fy4gnflur21nhudpez1n

チップの場合

チップの場合、上記とは異なる道具を使用する必要がありますね。ハサミやフォームは、なくても構いません。かわりに、ネイルグルーを用意しましょう。ネイルグルーは、接着剤のことですね。接着剤を用いて、チップなどをくっつけていきます。
Ugquzlkv1v22jltepqg5
チップカッター、あるいは、爪切りもご用意ください。チップを切るために扱うものです。爪の長さをだすためには、ハーフチップが欠かせません。チップで長さを出したい場合は、これらの道具を用意しましょう。続いて、ジェルネイルの種類について解説していきますね。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方④

T7abhhtthyanueu25bcs

ジェルの場合

つづいてジェルの選び方についてみていきます。「ソフトジェル」「セミハードジェル」「ハードジェル」という種類があり、それぞれで特徴が異なりますので、解説していきましょう。まずは、ソフトジェルです。ソフトジェルは、それほど長さをだせるものではありません。とはいえ、セルフネイルに◎ですし、自然な仕上がりを実現できる種類でもありますよ。
Wdf3dgaapuuw3x1vypwi
セミハードジェルは、強度がソフトジェルよりもある種類です。強度があるからこそ、長さも出すことができますね。爪が薄い人にはお勧めのタイプです!ハードジェルは、かなり強度があり、それなりの長さもだすことが可能な種類でしょう。パーツなども埋め込みやすいですね。こうしたジェルの種類について知り、自分のイメージする長さを実現させてください。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑤

Eihyxvx4wx3htiuslpdh

長さ出しのパターン①

長さ出しのパターンをまとめていきます。まずは、フォームについてですね。はじめに、フォームを切ってください。爪の曲線に合うのか確認しながらカットしましょう。そしてフォームを爪にとりつけます。まっすぐになっているのか必ずチェックするようにしてください。
Mbjeyzxk7o1ize0a3bci
そして、カーブになるようフォームのカタチを調整。先が細くなるようフォームにカーブをつけてくださいね。フォームを使用せず、長さ出しのパターンは、もう1種類あります。それは、チップを使用したものですね。これに関しては、次項でしっかりとみていきましょう。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑥

Qjbdczuuusf03ro8p2h6

長さ出しのパターン②

まずは、チップを削ります。チップの選び方のポイントは、爪のカーブにぴたりとマッチするものですね。サイズ違いは、外れやすくなってしまいます。そして、爪にチップをとりつけましょう。グルーを塗り、浮かないようにおさえてくださいね。
Vlmmewbotvqpglp73kmg
そして、チップをカットしていきます。自分の好きな長さにしてくださいね。そして表面を削りましょう。あまりにも削ってしまうと、とりつけたチップがとれてしまう危険性があります。以上の2つのパターンが長さだしのやり方です。次は、やり方について詳しく説明していきましょう。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑦

F05tfptczw1akf0p07mf

手軽にできる方法

手軽にできる方法をみていきましょう。チップやフォームをとりつけた段階から話をはじめます。まずは、爪にジェルをぬりつけてください。そして、先端との段差をうめるようにしましょう。ジェルがかたまったら、フォームをとりはずし、余計なジェルを除去してくださいね。
Mooavoz7namp46qfidqc
最後にエメリーボードなどで全体のカタチをととのえます。おうとつなどができてしまう可能性もありますので、キレイに磨いてくださいね。デザインを希望する人は、表面を少し傷つけておくと効果的のようです。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑧

R1sgp5utrur0ir2i9pbo

長さ出しできないパターン

長さ出しできないパターンについても解説しましょう。長さ出しできないパターンは、まずは、ものすごい深爪の人ですね。深爪にしてしまうと、爪先にフォームなどを取り付けることができません。自爪を伸ばしておきましょう。また、爪付近にキズがあると炎症を引き起こしてしまうリスクがありますね。
Icfykykscj44qpildcf8
カビが生えている場合も、爪の長さ出しは避けてください。すぐに治療しましょう。ジェルネイルであれば、あまりにも長いネイルを実現することは難しいでしょう。「どうしても長い爪にしたい」と言う人は、アクリルスカルプチュアがおすすめです。

セルフネイルの長さ出しとは/スカルプとの違い/100均グッズ等を使用したおすすめのやり方⑨

Ijado1u6rglg8nkdrf03

NG例

ジェルが多量の場合、皮膚にジェルがくっついてしまうかもしれません。また、薄すぎるジェルの場合、先端がぐにゃぐにゃになってしまうでしょう。ジェルの厚みは、クレジットカード程度が目安です。ジェルを塗り重ねることにより、しっかりとした強度ができます。
Sacctydcnguf3x0s7jnv
爪がでこぼこしてしまったら、しっかりと削り、トップジェルで仕上げるようにしましょう。横がひっかかる場合は、そもそもチップ、あるいはフォームのサイズがマッチしていない可能性がありますね。長いネイルは、ひっかかることがよくありますので、すぐに直すようにしてください。

ネイルの長さ出しとは?スカルプとの違いやおすすめのやり方をご紹介のまとめ

セルフネイルの長さ出しとは、スカルプとの違い、100均グッズ等を使用したおすすめのやり方などについて解説してきました。ネイルの長さ出しは、チップやフォームを活用して実現可能です。ぜひ挑戦してみてください。
深爪の人や、爪あたりにケガのある人、ものすごく長い爪にしたい人などは、ジェルネイルでは長さ出しできない可能性があります。おしゃれなネイルにするために、ぜひ長さ出について理解を深めておきましょう。