I6ugrsxk3xwz2s1ux2dl

暮らし

CATEGORY | カテゴリー

柔軟剤で良い香りなのは?香り長持ちもするおすすめランキング

2018.09.10

洗濯石鹸の香りも良いですが、柔軟剤の良い匂いに女性の人気が集まっています。柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめの柔軟剤や、柔軟剤の良い匂いがする、2018年版ランキングの、人気を見てみました。柔軟剤の良い匂いのする一番の人気ははたしてどこでしょうか?

目次

  1. 柔軟剤とは?
  2. 2018年版柔軟剤の良い匂いを長持ちさせるには?
  3. 2018年版柔軟剤の良い匂いを長持ちさせる方法とは?
  4. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング7位・ソフランアロマリッチジュリエット
  5. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング6位・IROKAエアリー(フレアフレグランス)
  6. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング5位・フレアフレグランスフラワー&ハーモニーの香り
  7. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング4位・エイプリルフレッシュ(ウルトラダウニー)
  8. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング3位・クラシックフローラル(ランドリン)
  9. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング2位・レノアオードリュクスイノセント
  10. 2018年版柔軟剤の良い匂いが長持ちするおすすめランキング1位・さらさ

女性はニオイに敏感といわれています。ここのところ香りについていろいろ言われるようになりました。良い匂いは女性にとって癒しでもあります。ただし、匂いは自分が良い匂いと感じても、人には不快に感じることもあります。一般に女性だけでなく多くの人が好む匂いが、石鹸の匂いです。石鹸の匂いは、男女共通し嫌な臭いに感じる人は少ないです。石鹸の匂いは万人向きの匂いなのです。

柔軟剤とはどのような役割があるのでしょうか?洗剤は汚れ落とし、柔軟剤は衣類を柔らかくしたり、防臭・消臭効果があったり、香りをつけたり、静電気を予防したり、しわを軽減したり、洗濯機の中の辛みを軽減したり、生干しするときの菌の増殖を防ぐなど、結構たくさんの効果を発揮しています。

柔軟剤は本当に使った方が良いのでしょうか?柔軟剤には界面活性剤が使用されています。肌に影響がないといわれますが、赤ちゃんのような敏感な肌には、やはり、柔軟剤は避けた方が良いという意見もあります。しかし、柔軟剤には、いろいろな効果があるのです。柔軟剤の効果を上げてみると、衣類を柔らかくして肌触りを良くします。また防菌・防臭・消臭効果や、静電気を予防する効果もあります。

また、衣服に香りをつけたり、しわを軽減したり、洗濯機の中の絡みを軽減したり、生干しするときの菌の増殖を防いだりと結構たくさんの効果が期待できるのです。そのような、柔軟剤のなかの香りについて、今回は見てみたいと思います。今回は、柔軟剤を長持ちさせる方法と、そのやり方について、また、どのような柔軟剤に人気があるのかランキングを調べてみました。

Spfzvekbgsjji2ujbgrh
引用: http://healthpress.jp/2017/06/post-3065.html
【洗たく槽のカビ取り剤4回分 (1,000ml入り)】プロのカビ取り屋が作った強力な洗濯槽クリーナー 高濃度塩素でカビ胞子を99.9%除菌 部屋干しでも柔軟剤が香る<03>
価格 ¥ 1,480

柔軟剤の良い匂いを長持ちさせるのに、いろいろありますが、基本となることができてないと、いくら良い柔軟剤の香りのあるものを使っても、良い匂いを長持ちさせることはできません。まず、洗濯槽は3~4ヶ月に1度は手入れしていますか?洗濯物を洗う洗濯機の中は清潔だと考えておられる方が、多いですが、洗濯槽の中はカビや雑菌が繁殖するのにとても良い場所なのです。

そのような洗濯機で洗っていると、洗濯するたびに衣服に雑菌を取り込んでいることになります。ですから、生乾きでもないのに、嫌な臭いがする場合は、洗濯槽が汚れているかも知れないのです。また、何度洗濯しても良い匂いがしない場合、衣服に雑菌が染みついている場合があります。そのようなときは、一度酵素系の漂白剤で洗ってみることをおすすめします。雑菌を取り除いてから柔軟剤の香りを取り込むことが必要なのです。

柔軟剤には上でも書きましたが、界面活性剤が使われています。現在ありとあらゆるものに界面活性剤が使われているので、避けて通ることはできませんが、赤ちゃんに使えると謳っている商品や、肌に影響がないといわれていても100%安全とは言い切れません。そのためには、容量をきちんと守ることが大切なのです。多く入れれば良い香りが長持ちすると考えるのは間違いです。

赤ちゃんのような敏感な肌にはできるだけ、界面活性剤が使われているものはさけ、化学物質が原因で肌アレルギーを起こさせる原因にもなりかねませんし、安全が100%保証されたものでないので、赤ちゃんの洋服にはなるべく使用しない方が良いといわれる専門の方もおられますので、赤ちゃんの洋服にはあまりおすすめできません。

1/5

続きを読む