Sqwi7bkth3hyuk30v5ci

暮らし

CATEGORY | 暮らし

ホワイトニングするとなぜ痛い?原因とその対処法を徹底解説!

2018.09.14

ホワイトニングをするとしみることや痛いと感じてしまう原因が気になりますよね。この記事では、ホワイトニングをするとなぜ痛いのか、いつまで痛いのかなどについて解説していきます。痛み止めを使った効果的な対処法などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ホワイトニングをすると痛い…なぜ?
  2. ホワイトニングをすると痛いのはなぜ?その原因
  3. ホワイトニングをして痛いのはいつまで続くのか
  4. ホワイトニングをして痛い時の対処法①薬剤をかえてもらう
  5. ホワイトニングをして痛い時の対処法②市販の歯磨き粉でケアする
  6. ホワイトニングをして痛い時の対処法③痛み止めを飲む
  7. ホワイトニングをして痛い時に効果的な痛み止め①ロキソニンS
  8. ホワイトニングをして痛い時に効果的な痛み止め②バファリンA
  9. ホワイトニングをして痛い時に効果的な痛み止め③イブA錠
  10. ホワイトニングの痛みにさよなら!
Leiorsykyaskk8rr6ydy

歯を白くするホワイトニングに興味がある方も多いのではないでしょうか。そんなホワイトニングですが、痛みを感じる方もいるようです。この記事では、ホワイトニングで痛みを感じたりしみることがあったりするのはなぜなのか、原因とその対処法について解説していきます。ホワイトニングの痛みの原因や対処法を知って、安心してホワイトニングができるようにしましょう。

M4q9arbaxdjfqjmea0ry
Neawaowxetxii88pntx2

ホワイトニングをすると痛みを感じたりしみることがあったりするのはなぜなのでしょうか。ホワイトニングは、薬剤を歯につけて白くします。この薬剤の濃度が高いことが原因で、歯がしみるような痛みを感じることがあるようです。さらに、薬剤を歯の中に浸透させるためにライトを当てます。薬剤が歯に浸透していくことで、歯がしみるような痛みを感じることがあります。

Bzppbmwmi5kxfecjzga4

また、虫歯があったり虫歯の治療後だったりすると、歯の傷から薬剤がしみるので、痛みを感じやすくなります。歯ぎしりをしてしまう習慣のある方も注意が必要です。歯ぎしりは歯に大きな負担をかけており、気付かないうちに歯を傷付けてしまっています。この傷から薬剤がしみるので痛くなってしまいます。知覚過敏の方も痛みを感じやすいです。

Puue7b3nmw3peerrtus9

ホワイトニングをして痛みを感じるのはなぜなのかがわかりましたが、痛みはいつまで続くのでしょうか。ホワイトニングの痛みは一時的なものであることが多く、1日~3日程度で痛みがなくなることがほとんどです。いつまでも痛いわけではないということを知っておくと少し安心できますね。ただし、ホワイトニングによって知覚過敏になってしまった場合は、痛みがいつまでも続いてしまうこともあります。

Igyfz7y7x7zjkqiobclb

痛みがいつまでも続く場合は医師に相談することをおすすめします。いつまでも痛みが続くとつらいですよね。早めに相談して、薬を処方してもらうなどしましょう。

Yqtq2xdhdtqrtzs4nfie

ここからは、ホワイトニングをして歯がしみるように痛い時の対処法をご紹介していきます。まず最初にご紹介する対処法は、薬剤をかえてもらうことです。ホワイトニングの薬剤の濃度が高いと痛みを感じやすくなります。医師と相談して、薬剤の濃度を変更してもらったり、別の薬剤にかえてもらうなどして対処しましょう。

Hxlbjwljjwsz8fg0frkv

医師に施術してもらう「オフィスホワイトニング」の場合は、しっかりと相談しながら決められるので、初めてのホワイトニングにはおすすめです。施術中や施術後に痛みを感じた場合は、遠慮せず相談するようにしましょう。自宅でホワイトニングをする場合は、慎重に薬剤を選ぶようにしましょう。

1 / 4