2018年09月11日 UPDATE

オーガニックカラーのメリット・デメリット!色の種類も紹介します!

オーガニックカラーのメリット・デメリットってご存知ですか?髪色を染めたい時や黒染め、白髪染めをする時など、様々なカラーの種類やメリット・デメリットを知っておいたほうが良いと言えます。今回はそんなオーガニックカラーに注目!明るさについても見ていきましょう。

目次

  1. オーガニックカラーとは?
  2. オーガニックカラーのメリット
  3. オーガニックカラーのデメリット
  4. オーガニックカラーと他のカラーとの違い
  5. 明るさを求めるならオーガニックカラーは不向き
  6. 黒染めとオーガニックカラーの相性は?
  7. 白髪染めとオーガニックカラーの相性は?
  8. 色やツヤを重視するなら、オーガニックカラーよりもイルミナカラーがおすすめ
  9. 髪や頭皮への影響を一番に考えたい人にはオーガニックカラーはぴったり
  10. まとめ

オーガニックカラーとは?

美容院で髪色を染める時、カラーには種類が豊富で、何を選べばいいのか悩んでしまうのも事実ですよね。実際普通のカラー、オーガニックカラー、イルミナカラーというような、よく見るカラーの種類はどんな特徴や違い、メリット、デメリットがあるのか、それを踏まえた上で決めたいものです。
今回注目していくのはそんな豊富な種類の中でも人気のカラーである、オーガニックカラー。オーガニックカラーというのは【髪や肌に優しい天然植物オイルやヒアルロン酸などの成分が含まれているカラー剤】のことを差します。ハーブエキスなどが含まれたカラー剤になっているため、髪色を染める時へのダメージがかなり抑えられているのが最大の特徴となっていますね。

オーガニックカラーのメリット

続いてオーガニックカラーのメリットについて見ていきましょう。オーガリックカラーの成分には天然植物のオイルや成分が含まれているため、【髪や肌に優しい】というのが魅力となっています。そのため、髪色を染めた時に他の種類のカラー剤と比べてみると、かなり髪や肌へのダメージを抑えられるというのがメリットになっています。
また、オーガニックカラーはノンシリコンが多いため、サラサラでふんわりとした髪質に仕上がるのもメリットですね。髪質も軽やかになり、重さを感じない仕上がりは見た目でも、実際に髪に触れてみてもわかるほど素敵なものになっています。

オーガニックカラーのデメリット

良いことづくしのオーガニックカラーですが、デメリットもあるので注意が必要です。やはり髪色を染める上では少なからず代償があるため、髪や肌への負担が考えられている分、【施術台が普通のカラーと比べて高い】というのが、ほとんどの美容院で見られるポイントですね。
美容院によってカラー料金は異なるため、中には他店の普通のカラー料金とオーガニックカラーの料金がそれほど変わりない、ということもありますが、同じ美容院で見た場合にはやや価格設定が高めになっていることがほとんどです。それだけ成分にこだわっているため、デメリットと言えど多少値段が張るのは仕方がないこととも言えます。

オーガニックカラーと他のカラーとの違い

髪や肌に優しいオーガニックカラー。では具体的に他のカラーと比べてどんな違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

従来のカラー剤と比べて

オーガニックカラーと従来の普通のカラー剤と比べると、やはり成分が髪や肌のケアを重視したものになっているため、負担が少ないものになっています。デメリットでも紹介した通り、やや値段が張るものの、普通のカラー+髪のケア代と考えるならば、オーガニックカラーのほうが良いと言えるでしょう。

イルミナカラーと比べて

オーガニックカラーとイルミナカラーは今に人気の二つのカラーですよね。イルミナカラーはオーガニックカラーと比べると、髪や肌への負担は劣ります。しかしツヤや透明感、色の染まり具合や明るさを追求していくのであれば、イルミナカラーのほうが魅力的です。髪色を染めたいけど髪や肌への負担を考えたい人には、オーガニックカラーのほうが向いていると言えます。

明るさを求めるならオーガニックカラーは不向き

オーガニックカラーにはもう一つ大きなデメリットがあります。人によってはこのデメリットにより、普通のカラー剤、またはイルミナカラーのほうが向いているというケースもありますね。
実はオーガニックカラーは明るさを重視した髪色を染めるのには向いていません。暗めの髪色ならばオーガニックカラーで十分染まりますが、明るさを意識した髪色にしたい場合、思うような色が出ない可能性が高いのです。そのため、髪色を明るくしたい場合にはオーガニックカラーは対応していないので、明るさや色の種類によっては他のカラー剤のほうが良いと言えます。

黒染めとオーガニックカラーの相性は?

続いて注目をしていくのが、黒染めとオーガニックカラーの相性についてです。明るさを意識した髪色の場合、オーガニックカラーよりも他の種類のカラー剤のほうが向いていますが、黒染めの場合はオーガニックカラーは対応しているため、相性は良いと言えますね。
むしろ髪や肌へ優しく、なおかつノンシリコンなので地毛のような自然な色合いと仕上がりになるのでおすすめになっています。カラー剤によっては黒染めは不自然に見えてしまうことや、シリコンの影響でベタついた印象になってしまうこともあるため、それを避けたい人はオーガニックカラーで黒染めをするほうが良いでしょう。

白髪染めとオーガニックカラーの相性は?

続いて白髪染めとの相性について見ていきましょう。基本的に黒染め同様、明るさを意識した髪色でなければ白髪染めでもオーガニックカラーとの相性は良いと言えます。むしろ、白髪染めを目的としたオーガニックカラーもあるため、白髪染めをしたい場合には専用のオーガニックカラーで染めてみるのがおすすめです。
白髪染めは普通のカラー剤、または市販のカラー剤などでは染まりにくい、染まったとしても悪目立ちをしてしまうというデメリットがあり、良い白髪染めと出会えない…と悩む人もいるでしょう。その点白髪染めを目的としたオーガニックカラーに関しては、白髪そのものの特徴を捉えた染め方をしてくれるので、自然な仕上がりに染め上げてくれるという魅力があるのです。

色やツヤを重視するなら、オーガニックカラーよりもイルミナカラーがおすすめ

オーガニックカラーの魅力について見てきました。メリットやデメリット、明るさについて見ていくと、髪や肌へのダメージ、または髪色の明るさによって他の種類のカラー剤を使うか、オーガニックカラーを使うかで選べるようになりますね。
もし髪色を染めてより髪ツヤや透明感を重視したい、髪色自体に魅力をもたせたい、と思うのであれば断然オーガニックカラーよりもイルミナカラーのほうが良いでしょう。イルミナカラーは髪色が染まりやすく、さらにツヤに透明感を際立たせてくれるため、他の種類のカラー剤には出せない魅力を持ち合わせています。
特にトレンドでもあるアッシュ系に髪色を染めたい場合、アッシュ系の良さは透明感でもあるため、その透明感をより際立たせたいのであればイルミナカラーがおすすめ。アッシュ系の透明感を極限まで際立たせてくれるため、色の良さを出したいならばイルミナカラーで染めてみると良いでしょう。

髪や頭皮への影響を一番に考えたい人にはオーガニックカラーはぴったり

総合的に考えて、髪色を染めたいけれど、髪や頭皮への影響もしっかりと考えたいのであれば、オーガニックカラーがぴったりです。明るさに限度はあるものの、普通に染めたいのであればオーガニックカラーでも十分綺麗に染まりますし、透明感やツヤなどの拘りがなければイルミナカラーをする必要もありません。色の種類に関しても暗めの色ならば問題なく染められるでしょう。
普通のカラーと比べてみると値段はやや張りますが、髪のケアを考えればそれほど高いというわけでもありません。また白髪染めに関しては、髪や頭皮への負担が原因で薄毛を引き起こしてしまう恐れも出てきてしまうため、綺麗に染めて髪を大切にしていくためにも、白髪用のオーガニックカラーで染めてあげるのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?オーガニックカラーのメリットやデメリットを知っていれば、髪色を染めたい時、黒染め、白髪染めに悩んだ時、様々な種類のカラーから選んで、自分にぴったりのカラー剤で染められるようになります。今回紹介したオーガニックカラーのメリットやデメリット、また明るさについてなど、髪を染めたいと考えている人は是非参考にしてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnXlY_2gF5P/?hl=ja&tagged=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC