2018年09月11日 UPDATE

オーガニックカラーは何が違うの?色の種類やデメリットなどを解説!

カラーの中でも人気のオーガニックカラー。しかし他の種類のカラーとの違いやデメリットがわからないという人もいるでしょう。そこで今回はオーガニックカラーに注目。髪の色持ちや頭皮や髪へのダメージ、白髪との相性やデメリットなど、気になることをチェックしていきます。

目次

  1. オーガニックカラーの特徴は?
  2. オーガニックカラーのメリット
  3. オーガニックカラーの色の種類
  4. オーガニックカラーのデメリットは明るさに限界がある
  5. オーガニックカラーの色持ちはどのくらい?
  6. オーガニックカラーと他のカラー種類のカラーとの違いは?
  7. オーガニックカラーは髪や頭皮への負担を考えたい人におすすめ
  8. ツヤや透明感を際立たせるなら、オーガニックカラーよりもイルミナカラーを選ぼう
  9. オーガニックカラーと白髪染めの相性は?
  10. まとめ

オーガニックカラーの特徴は?

美容院などに行くと目にするカラー、オーガニックカラー。カラーには種類がいくつもありますが、オーガニックと聞くと何か良いことがあるのではないか、とイメージを持つ人もいますよね。実際オーガニックカラーはメリットが多いカラーになっていて、他の種類のカラーと比べてみると、髪色を染める際のデメリット部分がかなり抑えられています。
オーガニックカラーの特徴としては、従来のカラー剤に天然ハーブエキスや美容成分などが配合されているため、髪色を染めた際のケアをしてくれるというもの。そのため他のカラーと比べてみると、髪や頭皮への負担が少ないというのが最大の特徴であり、魅力となっています。

オーガニックカラーのメリット

具体的にオーガニックカラーのメリットについて見ていきましょう。本来髪色を染めるというのは、髪や頭皮に対して大きなダメージを与える行為になります。いくらケアをしたとしても、髪色を染めるのは少なからず負担になり、これはオーガニックカラーにも言えることでもあります。
しかしオーガニックカラーの場合、他の種類のカラー剤と比べるとケアする成分が多く含まれているため、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えられるのです。つまり【髪や頭皮が必要以上に傷みにくい】というのが最大のメリットになっていますね。

オーガニックカラーの色の種類

続いてオーガニックカラーの色の種類について見ていきましょう。従来のカラー剤にケア成分を配合しているため、基本的に様々な色の種類へと対応出来ます。特に暗めの色から少しだけ明るめの色までは、オーガニックカラーで染められる範囲になっているため、普通のカラー剤でそのくらいの色に染めるのであれば、オーガニックカラーで染めたほうが絶対に良いと断言出来ます。
特に職業柄髪色の明るさに制限がある場合、それほど明るく出来ない、ツヤや透明感が出しにくい、という場合にはオーガニックカラーはぴったり。自然な仕上がりかつ、髪や頭皮への負担を考えてくれるため、職場で髪色の明るさに制限はあるけれど、髪色を少しでも染めて垢抜けたい、こなれ感を出したい、そんな人は是非オーガニックカラーで髪色を染めてみてください。

オーガニックカラーのデメリットは明るさに限界がある

オーガニックカラーはこうしてみてみるとメリットばかりな気がしてくるものです。確かに髪や頭皮への負担が少なく、ナチュラルな仕上がりならば、特に髪色に制限がある職業などについている人にとっては魅力を感じさせるカラーであり、デメリットは微塵も感じさせません。
しかしオーガニックカラーには大きなデメリットがあります。そういった人たちからすればデメリットとは感じないポイントでもありますが、オーガニックカラーは【明るい色に対応していない】というデメリットがあります。そのため、髪色を明るくしたいと思っている人は、色の種類によってオーガニックカラーで髪色を染められない可能性があると言えるのです。
また、他にもデメリットを挙げるならば【やや値段が高い】というものがあります。やはり髪や頭皮への負担を考えたカラー剤な分、従来のカラーよりも価格設定が高めに設定されていることがあります。しかしこれも、髪を染めた後のケアを考えるのであればそこまで高いとも感じないデメリットなので、髪や頭皮を考えるのであればその後のケアを考えた値段だと割り切ったほうが結果的に良いと言えます。

オーガニックカラーの色持ちはどのくらい?

オーガニックカラーの色持ちについて見ていきましょう。基本的に色落ちが激しい色というのは、ブリーチなどをした明るい髪色やアッシュ系の色になるため、暗めカラーに染めることが前提のオーガニックカラーの色持ちは、長めだと言えます。
それでもだいたい2ヶ月ほどで色落ちや根本の部分との髪色の差が生まれてくるため、綺麗な髪色をキープしたいのであれば、2ヶ月に一度くらいの頻度で髪色を染めるのがおすすめ。また、暗めカラーが前提とは言えど、そこそこ明るい髪色にも対応をしています。こちらもブリーチをしない限りは色落ちはそこまで激しくないため、普段のケアで色持ちケアをしていくと良いでしょう。
もし色持ちを出来るだけ長引かせたいというのであれば、色持ち効果のあるシャンプーやコンディショナーを使うのがおすすめ。中には色素の入っている色持ちシャンプーなどもありますが、ブリーチをしていない限りは色持ち効果のあるシャンプーだけでも十分なので、必要に応じて使用してみてくださいね。

オーガニックカラーと他のカラー種類のカラーとの違いは?

続いてチェックをしてくのが、オーガニックカラーと他のカラーの種類との違いについて。よく目にするカラーのメニューというのが【カラー】【オーガニックカラー】【イルミナカラー】でしょう。特にオーガニックカラーとイルミナカラーとの違いがよくわからないから、どちらを選んだほうがいいのか悩んでしまう…という人も多いですよね。
オーガニックカラーは先程紹介した通り、従来のカラーよりも髪や頭皮への負担を考えたカラー剤を使用しているため、【髪や頭皮へのダメージを防ぐ】というのが最大の特徴になっています。一方でイルミナカラーは【透明感やツヤを引き立てる効果】のあるカラー剤となっていて、より髪色の良さを引き出したい人におすすめのカラー剤となっています。

オーガニックカラーは髪や頭皮への負担を考えたい人におすすめ

オーガニックカラーとイルミナカラーとの違いを見ていくとわかりますが、もし自分が髪色は染めたいけれど、髪や頭皮への負担を優先して考えたいというのであれば、オーガニックカラーで髪色を染めるのがおすすめです。
特に染める予定の髪色が、透明感が際立つ色というわけではない場合はオーガニックカラーでも十分です。オーガニックカラーでもツヤは出ますし、色の種類によっては透明感を出しやすいものもあるため、自分が髪や頭皮への負担を抑えることに優先したいというのであれば、オーガニックカラーを選んでいきましょう。

ツヤや透明感を際立たせるなら、オーガニックカラーよりもイルミナカラーを選ぼう

たとえばここ数年で安定の人気があるアッシュ系カラーや透明感を意識したカラーをしたい場合、オーガニックカラーでは思うような仕上がりにならないこともあります。とにかく透明感やツヤを出したい、髪色を際立たせたい、そういったことを優先したいのであればオーガニックカラーよりもイルミナカラーを選ぶのがおすすめです。
イルミナカラーの場合明るさに限度はありませんし、むしろ明るい髪色ほど透明感や透け感を出してくれるため、明るい髪色にチャレンジする場合もイルミナカラーを選んでみると良いでしょう。暗めカラーだとしても透明感やツヤ感はかなりオーガニックカラーとは違いがわかるほど差があるので、おしゃれを意識したい人は是非イルミナカラーで髪を染めてみてくださいね。

オーガニックカラーと白髪染めの相性は?

オーガニックカラーで白髪染めをしたい、という人もいますよね。実はオーガニックカラーには白髪染めに特化したカラー剤もあり、従来のカラー剤と比べてナチュラルに白髪が染められるというメリとtがあります。
他の白髪染めの違いとしては、髪や頭皮への負担が格段に違うということや、仕上がりの悩みで多い白髪染めをしたところだけ悪目立ちをしてしまうということを解決してくれるというものです。仕上がりが本当に自然に仕上がるため、白髪染めをしたとは感じさせないのが最大の魅力となっていて、一度試してみると他の白髪染めとの違いを格段に感じるものです。より自然に見せたい人は、オーガニックカラーで白髪染めをしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?オーガニックカラーの特徴を見ていけば、色の種類や色持ち、デメリット、他のカラーとの違いについてわかりますよね。オーガニックカラーはとにかく頭皮や髪への影響が少ないため、ダメージを考えたい人にはぴったり。白髪染めとの相性も良いため、白髪染めをしたい人や髪や頭皮への負担を考えたい人は、是非試してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnYXykDgiUK/?hl=ja&tagged=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC