Q0ude37dbb3uh2ztgemd

美容

CATEGORY | カテゴリー

オーガニックカラーは何が違うの?色の種類やデメリットなどを解説!

2018.09.11

カラーの中でも人気のオーガニックカラー。しかし他の種類のカラーとの違いやデメリットがわからないという人もいるでしょう。そこで今回はオーガニックカラーに注目。髪の色持ちや頭皮や髪へのダメージ、白髪との相性やデメリットなど、気になることをチェックしていきます。

目次

  1. オーガニックカラーの特徴は?
  2. オーガニックカラーのメリット
  3. オーガニックカラーの色の種類
  4. オーガニックカラーのデメリットは明るさに限界がある
  5. オーガニックカラーの色持ちはどのくらい?
  6. オーガニックカラーと他のカラー種類のカラーとの違いは?
  7. オーガニックカラーは髪や頭皮への負担を考えたい人におすすめ
  8. ツヤや透明感を際立たせるなら、オーガニックカラーよりもイルミナカラーを選ぼう
  9. オーガニックカラーと白髪染めの相性は?
  10. まとめ

美容院などに行くと目にするカラー、オーガニックカラー。カラーには種類がいくつもありますが、オーガニックと聞くと何か良いことがあるのではないか、とイメージを持つ人もいますよね。実際オーガニックカラーはメリットが多いカラーになっていて、他の種類のカラーと比べてみると、髪色を染める際のデメリット部分がかなり抑えられています。

オーガニックカラーの特徴としては、従来のカラー剤に天然ハーブエキスや美容成分などが配合されているため、髪色を染めた際のケアをしてくれるというもの。そのため他のカラーと比べてみると、髪や頭皮への負担が少ないというのが最大の特徴であり、魅力となっています。

具体的にオーガニックカラーのメリットについて見ていきましょう。本来髪色を染めるというのは、髪や頭皮に対して大きなダメージを与える行為になります。いくらケアをしたとしても、髪色を染めるのは少なからず負担になり、これはオーガニックカラーにも言えることでもあります。

しかしオーガニックカラーの場合、他の種類のカラー剤と比べるとケアする成分が多く含まれているため、髪や頭皮へのダメージを最小限に抑えられるのです。つまり【髪や頭皮が必要以上に傷みにくい】というのが最大のメリットになっていますね。

続いてオーガニックカラーの色の種類について見ていきましょう。従来のカラー剤にケア成分を配合しているため、基本的に様々な色の種類へと対応出来ます。特に暗めの色から少しだけ明るめの色までは、オーガニックカラーで染められる範囲になっているため、普通のカラー剤でそのくらいの色に染めるのであれば、オーガニックカラーで染めたほうが絶対に良いと断言出来ます。

特に職業柄髪色の明るさに制限がある場合、それほど明るく出来ない、ツヤや透明感が出しにくい、という場合にはオーガニックカラーはぴったり。自然な仕上がりかつ、髪や頭皮への負担を考えてくれるため、職場で髪色の明るさに制限はあるけれど、髪色を少しでも染めて垢抜けたい、こなれ感を出したい、そんな人は是非オーガニックカラーで髪色を染めてみてください。

オーガニックカラーはこうしてみてみるとメリットばかりな気がしてくるものです。確かに髪や頭皮への負担が少なく、ナチュラルな仕上がりならば、特に髪色に制限がある職業などについている人にとっては魅力を感じさせるカラーであり、デメリットは微塵も感じさせません。

1 / 3