Kqm0igayeydvbaym1dkb

ヘアケア

CATEGORY | カテゴリー

パーマのとれかけはどうする?かけ直し方法やおすすめアレンジご紹介

2018.09.17

せっかくパーマを楽しんでいても、とれかけになってしまうと見た感じもとってもパサパサに見えてしまったりして気になります。どうするか迷いますね。ショートやボブ、ミディアムなどでも起こるパーマのとれかけ。長持ちさせる方法や、かけ直し方法、アレンジをご紹介します!

目次

  1. パーマのとれかけが気になる!
  2. そもそもパーマはなぜとれかけるの?
  3. パーマがとれかけないように長持ちさせるコツとは?
  4. パーマがとれかけないように長持ちさせるコツ「パーマ当日」
  5. パーマがとれかけないように長持ちさせるコツ「シャンプー時に」
  6. パーマがとれかけないように長持ちさせるコツ「髪の乾かし方」
  7. パーマのかけ直しはできるの?
  8. パーマがとれかけてしまった時のアレンジ方法ご紹介♪
  9. パーマがとれかけてしまった時のアレンジ方法「ショートの場合」
  10. パーマがとれかけてしまった時のアレンジ方法「ボブの場合」
  11. パーマがとれかけてしまった時のアレンジ方法「ミディアムの場合」
  12. パーマがとれかけてしまった時のアレンジ方法「ロングの場合」
  13. まとめ
Zfvhlwemhx0be3isiem0

パーマスタイルはとっても人気ですし、ゆるふわスタイルの流行は今も続いています。ですが、パーマは髪質などにもよって取れやすいこともありますし、中途半端になってしまうとれかけの状態はできれば避けたいものです。また、とれかけはパサパサ感も出てしまったりしますし、ショートやボブ、ミディアムの長さであっても起こることがあります。そんなパーマがとれかけないように長持ちさせるコツや、かけ直し、アレンジ方法などについてご紹介していきたいと思います!どうするのか迷いやすいパーマについて、ぜひチェックしてみてくださいね!

R42uwv4on6wjslfnptci
Gwiq0vbdrhhqpadu3fw6

パーマって、せっかくかけたのにすぐ取れてしまうと言うことがあります。通常であればパーマの持続期間は、パーマの種類や髪質にもよってかなり差があります。大きめのパーマであれば1ヶ月から1ヶ月半ほど。デジタルパーマであれば3ヶ月から半年も持つ場合もあるようです。ですが、これは普段の髪の取り扱いなどにもよって変化して来ることがあるようです。初めてパーマをかける場合には、よりかかりにくいこともあるようです。どうするのかも迷ってしまいやすいですね。

Ieekfkr20ykywhjiwdss

パーマがとれてしまう原因としてはいくつかあり、髪を結んだりした時に引っ張られてしまったりすると、パーマが取れてしまう原因になります。これは軽く髪を触るような癖がある方にも起こるようです。パーマをかける前に、非常に髪が傷んでしまっている場合のもパーマが取れやすくなってしまうそう。パーマは気軽にできますが、維持するのは大変でもあるんですね。また、乾燥してしまうとパサパサになりやすく、一度パサパサになってしまうとパーマを維持できなくなってしまうこともあります。

Umu0pennb9ffmzktjafd
1/7

続きを読む