Btgnweneithkr0tr4vbo

ヘアケア

CATEGORY | カテゴリー

市販の黒染めでもサロン級の仕上がりに!染め方のコツとおすすめ一覧

2018.10.11

カラーは美容院でやってもらうけど、黒染めは市販のもを自分でという方も少なくないのではないでしょうか。この記事では黒染めの特徴やおすすめを紹介しています。これを読んで市販のものでも綺麗に染めて美容院代を節約しちゃいましょう!

目次

  1. 1、黒染めとは
  2. 2、市販の黒染めの注意点
  3. 3、黒染めの失敗例
  4. 4、黒染めと髪色戻しの違い
  5. 5、市販のヘアカラーの選び方
  6. 7、染める前に
  7. 8、準備するもの
  8. 9、染める際のコツ
  9. 10、おすすめ市販ヘアカラー5選
  10. 11、その他おすすめ市販ヘアカラー
  11. まとめ

黒染めとはヘアカラーとは違いブリーチ材などは入っていないものです。大きな特徴としては、黒染めした部分は色が抜けにくいということです。黒染めの中には人工的な色素が入っており、この人工的な色素はブリーチで抜くことはできません。染めた後は毎日のシャンプーで少しづつ色は抜けていき、髪が極端に傷んでいると染まらなかったりする場合があるそうです。

Kuro
引用: http://hh-style.com/wp-content/uploads/2016/09/kuro.jpg

(1)不自然な黒色

市販のヘアカラーで黒染めをすると必ずといっていいほど不自然な黒になります。あなたの地毛は何色ですか?一見黒に見えてもちょっと茶色がかってたり赤みがかってたりすると思います。ヘアカラーを使うと真っ黒の髪の毛になるためどうしても不自然になってしまうのです。

13774716 1112663075458892 1603265427 n e1470911078219
引用: http://www.correr-hair.com/wp-content/uploads/2016/08/13774716_1112663075458892_1603265427_n-e1470911078219.jpg

(2)髪が傷む

市販の黒染めはどんな髪色の人でも黒くなるように薬剤が強くなっていますので美容院でやるよりも傷みます。付属のトリートメントや染めた後もお風呂でしっかりとケアをしましょう。

Frpy6nzvtimxyh8edguv

(3)染めた後明るくできない(色が抜けない)

最初に説明した通り、黒染めは色が抜けにくく、ブリーチをしても抜くことはできません。黒染めの後にブリーチをすると髪が緑色になってしまったり毛先の黒が抜けずムラになります。髪色をちょこちょこ髪色を変える方にはおすすめしません。そういう方は黒染めではなく髪色戻しで染めることをおすすめします。

Ac9fgqpxv2bc0fjdyzhg
引用: https://i1.wp.com/atussy.com/wp-content/uploads/2017/03/IMG_5628.png?resize=330%2C334
1/6